メバリング

【ロックフィッシュ】いよいよシーズン?メソッド変えて良型ガシラゲット

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

週末は風も強く、気温も低く、とても釣りに適した天候ではありませんでしたが、短時間でも様子が見たくて、出撃してみました。

結果は、シーバスの襲撃とガシラのサイズアップに出会えた釣行となりました。

ロックフィッシュは、最近は使っていないメソッドで釣れましたので、そこも詳しく書いてみます。

中層ワインドで、銀色のシャクレがヒット

まずは、ポイントに着いて愕然。

天気予報の数値以上に風が強い…

風裏のポイントにそのまま移動しようかと悩みましたが、一旦、フィールドに出てみようとポイントに向いました。

そこのポイントは風向き的に、思いっきり風表なので、どこもかしこもビュービューです。

一番狙いたかった場所は近寄ることも不能。

仕方なく、風の当たりの弱い場所を打ってみますが、風が強くて様子がわかりません。

そこで、ふと思いついたのが、重めのジグヘッドを使ってのワインドです。

これで中層を責めたらどうなるか?

ジグヘッドはイッセイのワインド用のジグヘッドの3gを選択。ワームはワインド用のタイプを持っていなかったので、手持ちの中では大き目の【サーティフォー キメラベイト】はなちらしカラーに替えてみます。

風が当たっている場所で、1ヒロ位のレンジでワインドで攻めていると〜

いきなり、ガツン!と何かがヒット。

一瞬、尺が来たか、とテンションが上がります。

堤防にロッドが当たりそうなくらい、ロッドが曲がり、強烈にラインも出されます。

さすがに、この引きでメバルはないよな~ (^^;;

と、思いつつ、引きはチヌでも無さそうです。ラインは5lb、どこまでもつか?

なんとか、かんとかやり取りをして、ようやく魚が浮いてきました。

大型のアコウでは?との淡い期待も裏切られて、見えてきたのは60cmはありそうなシーバスです。

ネットもないのでしばらく途方に暮れますが、とりあえず写真を撮ってみることに。辛うじて見えますね(^^;;

仕方ないのでゆっくり持ち上げると、フックが折れました(^^;;

ジグヘッドを魚に残さずに済んで良かったのですが、ラインよりもフックが先にアウトになるとは…

とにかく、やり取りはエキサイティングで楽しめました。

ネットさえあればランディングできたので、小型のネットを持ち歩くか?今後の課題です。

ボトムを丁寧にワインドで探ると~

さすがに風が強すぎるので、釣りの続行は困難と判断し、風裏のポイントで遊んで帰ることにし、移動します。

ここ最近は、タイドのタイミングも悪くて結果の伴わない風裏ポイント。

しかし、この日は重いリグなので、少し遠投してボトムでしっかりワインドさせて、見せてみる事に。

いつもの釣行で、シモリか何か、硬いインビジブルストラクチャーがある場所で、執拗に丁寧に攻めてみると〜

ストラクチャーに当たり、そこで跳ねさせて、引っかかるかどうかのギリギリで待っていると〜

コンッ!と入りました。

サイズは大きくないですが、グリグリといい感じで引いてくれます。

上がってきたのは、やはりタケノコメバル。

サイズ云々ではなく、狙って食ってきてきれたことで満足度の高い1匹でした。

帰り道の駄賃で、更に良型ガシラ追加

シーバスでやり取りは存分に楽しんだし、タケノコメバルでかなり満足できたので、少し時間は早かったのですが撤収することに。

風裏を他に探しつつ帰るも、そんな風裏は無し・・・

最後の最後になる場所で、思いっきり風表なのですが、ジグヘッドが重いので何とかなるだろうと思い、ちょっとだけ竿を出すことに。

風向きを考えて1投目をキャスト。何とかリグのボトム着底も確認できたので、そこからワインドでしっかり探りながら、ロングポーズで探っていくと、結構足元までリグが寄ってきたタイミングで

コツッ!とバイトを感知!

そのまま思いっきりフッキングをすると、ロッドにしっかりとした重量感が!

ロッドが柔らかいのもありますが、なかなかの手応えです。

中間点ではほぼ引かない、水の抵抗感だけなので、ガシラなのはわかりますが、それでも重さがなかなかのサイズであることを物語っています。

この日は5lbのリーダーです。シーバスはさすがに厳かったですが、ガシラなら問題無し (^^

抜きあげで上がってきたのは、いいサイズの奇麗なガシラ。

上あごにガッチリフッキングです。

余計なもん、食っちまったなぁ・・・という顔をしています。

 

サイズは、この記事の最初の写真のとおり、25cmアップ!

久々の良型ガシラ。本年の最大サイズです。

メバルが厳しい状況ですが、ロックフィッシュでもライトゲームは十分楽しめますね。

師匠も秘かにタケノコメバルの良型を狙っているようですので、私も時間が無い時のちょこっと釣行ではロックフィッシュも積極的に狙っていきたいと思います。

ロックフィッシュ狙いには、ボトムワインドがなかなか有効なメソッドであることも確認できました。

しっかり誘って寄せることができる力と、止めて食わせる力を秘めた釣法だと思いました。

以上、最後までブログにお付き合いいただきありがとうございました!

ライトゲーム、ターゲットが多くてなかなか面白いですよ (^^

引き続き、どんどんリアルな情報をアップしていきます。

■タックルデータ
ロッド:ヤマガブランクス ブルーカレント 53/TZ
リール:シマノ ソアレCI4+ C2000PGSS
ライン:東レ ソルトライン メバリングフロロ2.5lb+バウオ エクスレッド 5lb

イッセイ 海太郎 ハネエビ ダートアクションはしっかりしていますね。

サーティフォー キメラベイト はなちらしカラーは市販されています

ヤマガブランクス ブルーカレント 53/TZ  シーバスまで浮かせれるパワー有り!

■NABRA Chase Fishing TOP へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)