メバリング

【メバリング】2016年 Day-34 激シブ釣行 マジですか・・・

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

昨夜は、前日の激シブ釣果が自然環境の影響でタマタマ渋かったのか?本当に大きな周期で渋くなっているのか?を確認する為に、調査に行ってきました。

あくまでも調査に行ったので、釣りに行ったのではありません…

なんて言い訳を先に言っておきますが、とにかく久々に本気で渋かったです。

また、渋さに輪をかけたのは、とある自滅要因もあったのですが…

では、記事に書けるほど収穫はなかったのですが、苦戦のほどをとくとご覧ください。

渋かったのは、きっとタマタマなはずと信じて・・・

前日はメバル狙いでタックルを組んでいきましたが、この日は状況次第ではチヌを狙ってみてもいいかな?と言う甘い、いや、もっと言うと絞れていない考えでタックルを替えて臨みました。

いつもの【リップルフィッシャー リアルクレセント 65JH/TZ】でも、パワー的には問題ないのですが、いいサイズが掛かった時にラインが持たない可能性が高いという考えで、ベイトタックルを持ち込みました。

超久々の登場ですが、【ABU ソルティステージKR-X ベイトフィネスカスタム742MLS-KR】を持ち出してポイントに向かいました。

テイルウォーク エラン マイクロチューン 73L】に、ラインはフロロカーボンの【東レ バウオ エクスレッド 8lb】を巻いていて、いざとなればメバリング用で持ち歩いている【東レ バウオ エクスレッド5lb】を結束すればライトゲームもできるだろうとの思いでした。

釣りを開始したのは、下げ始めて少し経ったくらいのタイミングで、まだまだ潮位が高い状況です。
image

釣り開始は、まずはチヌの反応でも見てみようか?と、【オッズ ミドスペショット】の1/32ozに【ダミキジャパン バンザイ太郎 2in】の広島レッドをセットして釣りを開始。
昨シーズンに王道であったレンジから探り始めますが、しばらく探っても全く反応なし(汗)

あれ?やはり今日も渋い??と思いつつ、いろいろと狙いのレンジを変えてながら探って歩きますが、全くと言っていいほどバイトがありません。

バイトが取れていないのかも知れませんが、それにしても実際に口を使っているのであれば、もう少し何度かは感じれるバイトが感知できてもいいはずですが、それが本当に何もありません・・・

ワームを【ジャッカル ちびチヌムシ】にチェンジして更に探り続けますが、本当に何もありません。

この日は前日と違って、潮の動きは見て取れたので、昨日よりは魚の活性も高いはずだと信じてやり続けますが、何事もなく時間だけが過ぎ去っていくのでした。。。

そして惨劇の貧果・・・

散々探りまわった頃に、目の前でピチョンとライズを確認しました。

あれ、メバル浮いてきている!!

と思い、少しレンジを上げて探ってみると、コツッ!とバイトをキャッチ。

反射的にフッキングをすると見事にフックオン!

しかし、ロッドが強すぎて魚が一瞬で宙を舞います。

しかも、しかも、足元に横たわる魚体は小さいだけでなく、やけに黒い・・・

ここ最近、お目にかかっていなかったムラソイさんでした。

マジですか??

リグり直したバンザイ太郎とガッツリと喰っているではあ~~りませんか?
image

過去の経験上、ムラソイが釣れた時は、グッドサイズのメバルも釣れているので、ここでタチヌ狙いを断念してターゲットをメバルにチェンジ!!

8lbのメインラインの先に、トリプルエイトノットで5lbのラインをつなぎます。
普段の2~2.5lbのタックルからすると、これでも太すぎるのですが、浅いレンジを探るならこれでも狙えるはずと信じて釣りを再開します。

ジグヘッドは、メバリング用に【サーティフォー 34 ドライバーヘッド】0.5gにチェンジしました。

しかし、、【ABU ソルティステージKR-X ベイトフィネスカスタム742MLS-KR】は予想していた以上にライトラインに優しくないロッドでした。

メインラインの糸クセが邪魔をして、リグの動きがほぼ感じ取れません。

水面直下を引いてこようにも、どうにもこうにもノー感じで、よほど威勢の良いメバルでも食いついてきてくれない限り、誘えているのかいないのかが感じられません。

そこで、手元にあった【オーシャンルーラー アクティブフロート レギュラー】をセットして投げてみます。それでも、飛ばないし感覚がわからないので、アクティブフロートにガン玉の3Bを放り込んでみます。

すると、少しは距離も稼げるようになったのですが、いかんせん沈みが早い。
おまけに、リールがハイギアなので、スローリトリーブが難しい (涙)

更に先端をジグヘッドからプラグに替えてみるなど、思いつく工夫は凝らしてみたのですが、どうにもこうにもバランスが取れずに釣りがバラバラになってしまったので、この日は諦めてストップフィッシングとしました。

あまりにも得られるものが無かったので、まとめも書けませんが、間違いなく言えることは、狙い目を外した時は諦めて撤収した方が良いことと、弱いタックルで強い釣りの代用はできるが、強いタックルで繊細な釣りへの代用は難しい、ということでした。

結構疲れた釣行となってしまいました・・・




<参考>タックルデータ

ロッド:アブガルシア ソルティステージKR-X ベイトフィネスカスタム SBFC-742MLS-KR
リール:
テイルウォーク エラン マイクロチューン 73L
     コストパフォーマンス抜群です!驚きの11BB。
メインライン:
東レ バウオ エクスレッド8lb
根ズレ強度は抜群です!

その他使用ルアー
ダミキジャパン バンザイ太郎 2in

ジャッカル ちびチヌムシ

オッズ(土肥富) ミドスペショット
 こちらもジグへッドとしてはコスパは高い方?海水でも錆びにくいのもメリットです。

■NABRA Chase Fishing TOP へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)