釣り関連日記

【チニング】 ベイトタックルの準備開始

こんにちは!

ひと雨毎に、夏に近づいていく感じがしますね。
昼間の暑さは夏並みで参ります。。。

前回の記事で、まだチニングの気分に移行できないということを書きましたが、さすがにこの気温になってくるとチニングを意識せざるを得ない感じがします。

そこで、釣具部屋で眠っていたチニングタックルを引っ張り出してくることとなりました。

約半年は軽く使っていない状態でしたが、リールも全く問題ない感じです。

【アブガルシア ソルティステージ KR-X ベイトフィネスカスタム 742MLS】+【テイルウォーク エラン マイクロチューン73L】のセット。
昨シーズンは100匹前後のチヌをもたらしてくれた信頼のタックルです。

アブガルシア ソルティステージ KR-X ベイトフィネスカスタム 742MLS

テイルウォーク エラン マイクロチューン73L

ロッドは、非常に繊細なティップを持ちつつ、シリーズ最強クラスのバット~ベリー部のパワーを持っており、ストラクチャーからターゲットを一気に引き離すのに向いています。

因みに、エランについてはカスタム用のスプールがアベイルから出されています。

私の場合は、落とすことがメインのスタイルになるので、ベイトフィネススプールは使いこなせないのですが
、釣り友さんが最近、このエランのチューンドを持ってこられていたので見せてもらいました。

価格的には比較的安価に手に入るエランも、チューンを突き詰めればかなりキテいるリールになることを見せつけられて、改めてチューンド機のベース機として適しているルールだな~と感じました。

そして、長らく開けていなかったチニング用のルアー&ジグヘッドボックスも確認してみました。
1g前後のジグヘッドを中心に、3g台までのジグヘッドで埋められているボックス。

塗装がハゲハゲになっているジグヘッドを見つつ、昨シーズンの格闘と興奮を思い出しました。

 

と言うことで、今夜あたりからチニングを始動したいと思います。

感覚がどうなっているのか?わからない部分が多いのですが、ドンッ!と乗った時の手応えは忘れられないのがチニングの魅力です。

遊んでくれる相手はいるのかな??

アブガルシア ソルティステージ KR-X ベイトフィネスカスタム 742MLS

テイルウォーク エラン マイクロチューン73L

↓読んで頂いて、気が向いた方はワンクリックお願いします。更新の励みになります!

■NABRA Chase Fishing TOP へ


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)