新商品情報

【ブルーカレント 53/TZ】 実釣動画

こんにちは!

早くフィールドでブルーカレント 53/TZを振ってみたくてウズウズしているのですが、今夜は出撃お休みの定休日なので、悶々としています。
  
そこで、ネットでブルーカレント 53/TZの情報を調べていたところ、ちゃんと実釣動画がアップされているのを発見しました。詳しくは見て頂ければと思いますが、今回の動画はメバリングを中心に、ブルーカレント 53/TZ の魅力を余すところなく見せてくれています。
20150928_3

ブルーカレント 53/TZの動画を見て感じたこと

日中のシーンでは、1g程度のジグヘッドでも、キャスト時にしっかりロッドがしなって飛ばしているのが確認できますし、ナイトシーンでの大型ガシラのヒットシーンでは、暗闇ながらもキレイにロッドが入り込んでいるのがわかります。


あまり書いてしまうと、見る面白さが奪われるかも知れませんが、書いちゃいますと、シーバスのヒットシーンもあります。アースフィールドフィッシングの店長さんも「シーバスも行けますよ」と言われていて、「まさか~」と思っていたのですが、50cmクラスのフッコがキャッチされています。正直、やり取りがめちゃくちゃ面白そう!!
後は、動画を実際に見てお楽しみください (^^;

実際に、自分の手で曲げてみて、ロッドのしなりの良さは確認済みなのですが、キャストしてみていないので、どのくらい軽いジグが扱えるのかわかりませんでした。

が、動画を見れば一目瞭然。1g程度のジグヘッドにはベストマッチですね。
合わせて、こちらも動画の中に出てきますが、4~5cmクラスのプラグの操作性も抜群のようです。
特に、今年の春先から、メバリングのプラグゲームの面白さを体験しただけに、早くメバルの本格シーズンが来ないか待ち遠しくなりました。

最後に、このロッドは1ピースロッドです。バスロッドでは、ボート釣りだっただけに、1ピースが基本だったのですが、ソルトシーンでは2ピースが基本になっていました。が、改めて繊細な釣りにおいては、1ピースのショートロッドの優位性は間違いない、と感じます。
まずは、アジングにて、早く入魂したいです。今夜は、帰ってラインの巻き替えです (^^;

ライトゲームのラインについて

ライン巻き替えの話しのついでに、使用するラインについても少し記事を書いてみたいと思います。
アジング、メバリングには、扱いも楽な【東レ ソルトライン アジングフロロ】や【東レ ソルトライン メバリングフロロ】がオススメです。

■東レ ソルトライン アジングフロロ
20150928_1
こちらは、1lb、1.3lb、1.6lb、2lbのラインナップです。

■東レ ソルトライン メバリングフロロ
20150928_2
こちらは、メバル相手なので、少しラインナップが異なっており
2lb、2.5lb、2.8lb、3.5lb、4.6lb です。
4.6lbで1号なので、通常のバス用ライン(4lbで1号)よりは強度があることになります。

エステルラインを否定するものではありませんが、リーダー結束などの手間がなく、扱いが非常に良いラインです。しかも、従来のフロロカーボンラインよりも、伸びを抑える設計になっているので、感度の面でも十分問題ない使用感を味わうことができます。暗闇で、極細ライン同志を結束する手間も省けますので、積極的にどんどんジグヘッドやプラグを結び替えて使っていけます。
「フロロカーボンラインでも、これだけアタリがしっかり取れるんだ!」と感じられるラインだと思います。

■NABRA Chase Fishing TOP へ
■東レ ソルトライン アジングフロロ まずは2lbがオススメ

■東レ ソルトライン メバリングフロロ 20cmクラスと遊ぶなら2.5lbからがオススメ

■ヤマガブランクス ブルーカレント 53/TZ


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)