タックル関連情報

【新製品情報】アクアウェーブ Sマジックに期待

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

今回はメバリング用のプラグを新たに調達したので、ちょっと紹介してみたいと思います。

バスなどで一世風靡したS字系のプラグがライトゲーム用にも登場しました。

その名も【アクアウェーブ Sマジック】

デコイのジグヘッド、デルタマジックもそうですが、釣り人は”マジック”という言葉に弱いですね。

何か魔法のように魚を惹きつけてくれる期待感があります。

S字系のプラグは、ガンクラフトのジョインテッドクローのように出っ張りパーツ無くS字に動くルアーもありますが、エバーグリーンのエスドライブや、ブルーブルーのスネコンなどはアゴの下や頭の上に水を受ける出っ張りが付いてますね。

この【アクアウェーブ Sマジック】も、頭の上に出っ張りが付いているタイプです。

発売間もないせいか?あまり売っていないのですが、とりあえずネットで見つけて購入してみました。

オレンジのナトリウム灯の下で効果の高いオレンジラメカラー

ハクやシラウオのような小魚を追って食っている時を想定して、シラウオカラー

そして、これからの季節にヒイカなどの小さなイカを食っている状況を想定して、仔イカカラー

他には、クリアコットンキャンディもあって、それも欲しかったのですが、どこも売り切れで手に入りませんでした。

使い所のイメージとしては、やはりベイトフィッシュパターンですね。

表層を蛇行するので、水面近くをスクールするハクなどに付いているメバルがいる時に使ってみたいですね。

逆に、アミパターンにはこのルアーはあまり向かないかと思われます。

まず、ひとつは、動かしてナンボのS字系なので、ある程度は引いて使わないと本領発揮はしてくれなさそう。

となると、自然の流れを利用するドリフト的な使い方はやりにくいので、必然的にアミパターンには使いにくい感じがします。

また、師匠がいつも気にする夜光虫ですが、コヤツが出ると、水面についているラインでさえ夜光虫を刺激して光らせてしまうので、S字系でかき回すと大変なことになりそう。

と言うことで、プランクトンパターンでは、あまり出番はない感じのルアーです。

後は使ってみてからのお楽しみですね。

近々実釣で使ってみたいと思いますので、また実釣インプレをアップしたいと思います。

■アクアウェーブ Sマジック

■NABRA Chase Fishing TOP へ

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)