メバリング

【メバリング】2016年 Day-3 【アジング】Day-32 強風下でのグッドゲーム

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

今回は休日前のライトゲームの釣行記についてです。

翌日は釣堀釣行の前日にも関わらず、どうしても確認したいことがあり、出撃してきました。

はい、メバリングです。

気温もかなり安定きて下がってきているし、少し前の釣行でも走り出しの釣果が出ていたので、そろそら来るんじゃね?との思いがありました。

あまり遅くまではできないので短時間釣行だったのですが、強風で苦戦はしましたが、それなりに満足のいく釣果が出てくれました。

え、「海上釣堀の結果の速報は無いのか?」って??

それについては追って記事をアップしますので、ノーコメントと言うことで・・・

では、メバリング釣行記、いってみたいと思います。

予報以上の強風に苦戦するも、魚は素直

さて、仕事を終えて一路メバリングポイントへ。

予報では北の風が7mとなっていましたが、なかなかどうして、7mではきかないのではないか?と思われるほどの強風です。

当然、ライトゲームはやり辛い状況。

いつもなら、0.2g~0.5gのジグヘッドでやるメバリングですが、この日はそんなに軽いリグではとても釣りになりそうにありません。

そこで、まずは【サーティフォー 34 ストリームヘッド】の0.8gに【サーティフォー 34 オクトパス1.8in】の”わさび”カラーをセットして釣りを開始します。

タックルはアジングの延長で【サーティフォー 34 アドバンスメント DFR-511】に【シマノ 16ヴァンキッシュ 1000PGS】でラインはエステルの0.2号。リーダーも【東レ パワーゲーム ルアーリーダー3lb】なので、アジングタックルと全く同じです。

アクセスのよい近場から釣りを開始しましたが、開始してすぐにジグヘッドに何かがアタックしてくる感覚が伝わってきました。

食い切らなかったので、再度同じラインを通しつつバイトに集中していると、カツン!!と元気なアタックバイトがロッドに伝わりました。

すかさずフッキングすると、アジング設定でドラグユルユルな為に勢いよくドラグが出されます。

メインラインが細いので無理はできません。

ドラグを締めるのではなく、出されてば巻いて、出されては巻いてを繰り返し、水面に浮いてきたところで重量感がそれほどでもなかったので抜き上げ。

上がってきたのはこの日1匹目となる本命のメバルでした。

正確に測っていませんが、手尺で17cm前後というところです。

メバルはいることが確認できたので、同じようにメバルが付いていそうな場所を見つけては撃っていきます。

リグは軽くてもロッドが曲がってくれるのでキャストはできるのですが、なにせ風が強いので、うかうかしていると糸ふけが大きく出てしまい、足元の護岸などにひっかかってしまいます。

風の強さや風向きに注意しつつ、探っていくと、ちょくちょくバイトは感じるのですが、追いきれていないのか?風でリグが安定しないので魚がそれを嫌がっているのか?なかなか明確なバイトにまでは至りません。

ロッドはアジング用のソリッドティップなので食い込みが悪い理由はタックルには無さそうです。

そこで、少し止めて沈めるような間を取るようにしてやると、ようやく2回目の明確なバイトをキャッチ。

グリグリ~と気持ちよく引いてくれましたが、やはりサイズはほどほど。

20cmの壁は、やはりメバリングにおいては高いハードルとしてのしかかってきます。

そして出ました、本命サイズ

どうもサイズが上がらないし、乗り切らないバイトはサイズが小さいからなのかも?と思い、少し狙いのポイントを変えてみることに。

風当たりは更に強く、釣りがしにくいので、更にジグヘッドのウェイトを上げて【サーティフォー 34 ストリームヘッド】の1.0gまで上げてみることに。

メバリングなら、なぜドライバーヘッドを使わないのかって?

それは、単純に釣り場に持っていくのを忘れたからです。

ドライバーヘッドならもっと多くのバイトをヒットに持ち込めたかも知れませんが、持ってきてないものはどうしようもありません。

波立つ水面ですが、我慢して釣りを続けていくと~~

コッ!

と、何かに引っかかったような微かな違和感を感じたので、聞き合わせをしてみると

ジィィィィィィィィ

一気に走ります。

頑張ってリーリングで対応しますが、ローギアなので結構大変(汗)

先も言ったようにメインラインが細いので、少しでも無理をするとプチンといきそうで、ポンピングを交えつつ魚との距離を詰めていきます。

ようやく水面に浮いてきて大人しくなりましたが、かなりの重量なので慎重にネットですくうことに。

そうです、ジグヘッドは忘れてきても、この日はちゃんとランディングネットは持ってきていたのです。

無事にネットに収まってくれた魚は、グッドプロポーションのメバルでした。

サイズもグッドで、23cm。この時期にしては上出来なサイズでした!

グッドサイズが獲れたことで、しばらく周囲をチェックしてみることに。

風が邪魔して思うようにポイントを攻めきれないのですが、我慢しながら粘ってみると~

コッ!

また、え?バイト?的な小さな反応。

しかし、今回は確信をもってフッキング!!

そして、ジィィィィィィィィとラインが出されます。

これもグッドサイズな手応え。

ラインよ切れるな!と祈りつつ、ヒヤヒヤものでランディング。

さっきより引いた気がするのですが、上がってきたのは21cmほどのメバルでした。

上アゴに綺麗に気持ちよくフッキングできていました (^^

気温もさがりようやく良いサイズのメバルが安定的に入ってきてくれているようです。

しかし、風はどんどん強くなり、風当たりがキツいポイントでは釣りにならない状況に・・・

仕方なく、風当たりが弱いエリアに移動してを攻めてみると、ポツポツとバイトが出ます。

しかし、バイトミスなのか?フックが合っていないのか?なかなかフックアップに至りません。

バイトは出ているので、ワームや狙いは合っているんだろうな~と思いつつ、時間的あまり余裕がないので、あまりリグを変えずに丁寧さに注意して探り続けました。

すると、ポロリとメバルがヒット。

結構広範囲にメバルはいることがわかりましたが、場所によってはサイズが違う感じ。

居心地の問題やベイトがどれだけ取りやすいかの違いなどでも変わってくるのでしょうね。

プラグ投入で珍客をゲット

ワームではそれなりに答えが出たので、昨シーズンの今の時期は全く試していないプラグへの反応を見てみることにしました。

プラグは、最近発売された【サーティフォー 34 B★M バイトマーカー】を使ってみることに。

先行のLINK50と違い、リップが付いているので巻いたりするとそれなりにブルブル感が伝わってきます。

しかし、ブリブリと言うよりは、ヌルヌルした感じの手応えです。

投入直後に明らかに魚と思わしきアタックがあったのですが乗らず〜

とりあえず、魚が反応してきたので気になる場所を手当たり次第に撃ってみますが後が続きません。

そろそろ終わりにしようかな〜と思い、最後の一投と思って投げた時に

ブルブル〜ス〜〜〜〜〜〜
ゴンッ!

強烈な引きで、グリグリ〜と持っていきます。

ここでドラグを締めたら切れる!

と思い、必死のロッド操作で魚をいなします。

巻いても巻いても上がって来ない。

これ、尺行ったかも!

なんてドキドキしながらのやり取り。

しかし、あまりに上がって来ないことと、時々イヤイヤする首振り感が…

ようやく浮いてきたところで、ライトを照らして正体を確認すると、残念賞のマチヌでした。

黒々としたかっこいい魚体ですが、今は君じゃないんだよな〜〜

最後はネットで掬って無事にランディング成功。

カンヌキにガッチリとフッキングしていて、針を外すのがひも苦労でした。

仕上げはアジングで!

さてさて、そろそろタイムリミットも近づいてきた(と言うか、とうにリミットは過ぎている??)ので、戻りますが、その途中でアジングで気になるポイントがあり、ついつい竿を出してみることに。

とりあえず、アジおるんかな?と思う時はサーチ力抜群の【マーズ MARS ストレンジャー30 GIGA】に頼ってみます。

めぼしい明暗エリアにリグを投入すると、ボトムにてアジのバイトをキャッチ。

さずがに数が減ってきているのか?という感じはありますが、それでもまだまだアジは居ます。

ロッド操作でワームを逃がすように動かすと、ツツッからの~  コンッ!!

アジはこの日も癒してくれました。

サイズは全く上がっていないのですが、それでも的確にワームのヘッド部にアタックしてきています。

さすがはフィッシュイーターですね (^^

その後もバイトは感じるので、早く帰らないと~と思いつつ、ついつい延長戦をしてしまいました。

乗らないバイトをどうやって乗せるか?

風がなければロッドを立てて釣りができるので、比較的楽なのですが、この日は横からの強風でロッドを立てようものならラインが風に煽られて、リグの泳層もわからないし、バイトもわかりません。

ロッドを寝かせつつ、バイトを感じて、追従感のある時に軽くしゃくってリグを上げて落とす~

そんな超ドMな細かい作業を繰り返して、なんとか次の1匹ゲットに成功。

ようやく納得がいったので、ストップフィッシングとしました。

しかし、【マーズ MARS ストレンジャー30 GIGA】よく釣れますね~

バイトを感じれてナンボのアジングなので、このワームの効果は大きいと思いました。

メバリング Day-3 まとめ

と言うことで、強風下で釣りはし辛かったし比較的短時間でしたが、内容の濃いメバリング釣行が楽しめました。

今回感じたのは、アベレージサイズの15cm~18cmクラスはバイトが大きい。

若くて警戒心が低いために、リグへのアタックに躊躇がない感じです。

しかし、20cmを超えてくるサイズになると極端にバイトが小さい。

この日も良型のバイトはどれも小さかった。

きっと、気付けていないだけで、もっとバイトは出ていたのかも知れません。

15cm~17cmで若いと言っても、メバルは尺になるのに10年かかるといわれていますので、15cm~17cmあれば結構いい歳かもしれませんね (^^;;

いずれにしても、アジングタックルで遊ぶのは今回くらいまでにして、今後のメバリングは専用タックルにて真剣にチャレンジしたいと思います!!

<参考>タックルデータ

ロッド:サーティフォー 34 アドバンスメント DFR-511
リール:シマノ 16ヴァンキッシュ 1000PGS
ライン:エステルライン0.2号+東レ バウオ エクスレッド3lb

サーティフォー 34 オクトパスjr 1.8in
クリア系、ラメ系は結構どれもメバルに使えますし、クロキンも効果的です。

サーティフォー34 ドライバーヘッド
メバルのバイトスタイルを意識して設計されたフック形状なので、個人的な意見ですが、かなりフッキング率は高いと思います。

■NABRA Chase Fishing TOP へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)