メバリング

【メバリング】2016年 Day-33 予想に反し、渋くて大苦戦

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

昨日は昼間の気温も高く、風も弱く、タイドのタイミングも悪くなく、最高のライトゲーム日和と判断して出撃しました。

しかし、まさに自然相手の釣りは、こちらの思う通りにはなりません。

予想に反して潮が動かず、大苦戦のライトゲームとなりました。

辛うじて釣果は得られましたが、その苦戦模様をとくとご覧ください(^^;;

予想外の渋さに、いきなりの苦戦

タイドのタイミングは下げ2分くらいの状況で釣りを開始しました。

タイドグラフはこんな感じ。

中潮で潮位差も大きいので、潮はしっかり動いていると思ったのですが、残念な事にほぼ動きがありません。

水面を観察しても、ライズなどの反応はほぼ皆無。

シーバスもボラも確認出来ません。

何が悪いのかわかりませんが、水温は急激に上がっているはずで、プランクトンなどは激増中のはず。

しかし、これだけ生命感が無いのですから、ベイトとなる何かは少ないという事でしょう。

とてもプラグを投げる気にならないので、最初からワームで釣りを開始します。

また、ワームも、【サーティフォー 34 オービー1.6in】はなちらしカラーの買い置きを家に忘れてきてしまい、おまけに【サーティフォー 34 フィッシュライク1.5in】のはなちらしカラーも使い果しており、ローテーションケースに残っている使い古しのフィッシュライクを装着して釣りを開始します。

この日は、先日に釣具屋で追加調達した【ティクト TICT アジスタSS】の0.2gを使ってみる事に。

ティクト TICT アジスタSSは、昨年の秋にアジングで大活躍してくれたジグヘッドです。

通常のアジスタはフックポイントが外向きなのですが、アジスタSSはフックポイントが若干内側にネムっているタイプのフックになります。

このジグヘッドはラインアイが大きいので、スナップが利用出来てリグの交換が楽なのが魅力です。

とりあえず、このリグでショートレンジを細かく刻んでチェックしていきますが、生命感が無く、やはり反応がありません。

ここ最近釣れたポイントをくまなく探りましたが、なんと驚きのノーバイト!

これは苦戦するな〜と焦りを感じました。

レンジを変えてバイトを探す

一通りチェックしてダメだったので、少しだけレンジを入れて再度探ってみる事にします。

レンジを入れると時間がかかるのが嫌なのですが、渋い時は仕方ありません。

丁寧にフォールとスイミングを組みわせて探っていくと、ようやく待望のアタリが出ました。

ククッ!と小さいバイトを拾い、フッキングに成功。

しかし、フッキングと同時に水面に飛び出してしまうほどの魚で、残念ながら瞬殺ランディング。

とりあえず、ボーズ回避の1匹となりました。

魚影は薄いながらも、魚はいるようなので、もう少しだけ粘ってみます。

すると、少し移動した先で

コンッ!

と明確なバイトが!

フッキングすると、ドラグをジィィィィ〜〜と出して、メバル特有の走りでロッドを曲げてくれます。

それほど大きくは無いながらも、何とか20cmアップをキャッチする事が出来ました。

狙いをボトムにシフト

これ以上、メバルを狙っても成果は望めないと判断し、狙いをボトムに変更して、良型のガシラかタケノコメバルを探してみる事に。

【デコイ デルタマジック】1.8gに、【オンスタックルデザイン ワインドシャッド】でライトワインドで誘って、ステイでバイトを待つと、すぐに答えが返ってきました。

ステイさせていると、コンッ!と明確なアタリを出してくれるので、これはこれで楽しい釣りです。

サイズは大きく無いのですが、狙い通りのガシラをゲット。

そのままボトムを探っていくと、すぐに反応が出ます。

バイトも小さかったのですが、魚も更にサイズダウン。

魚が小さくて、口にルアーが入りきらずに飛び出しています (^^;

時間はいつもより早かったのですが、この日は粘っても得られるものが少ないと判断して撤収しました。

 

渋々大苦戦のライトゲーム釣行 まとめ

と言うことで、期待をして臨んだ釣行でしたが、なかなか釣り人の思い通りにはならないのが自然だなと痛感させられました。

辛うじて拾い釣りで本命のメバルもゲットしましたが、情報を判断してもう少し早くポイントを移動するなどの対応も必要だったかな?と反省しています。

どうも、過去の釣果が頭にこびりついて、待てば良い方に変わるかもも知れないとの意識が抜けきらないので、移動するかどうかの判断を鈍らせるのですが、釣れない時は新規ポイントの調査でもするつもりで割り切るのも悪くないと感じました。

この日も、予定より早く終わったので、少し周囲のポイントもチェックしてみました。

すると、バチのシーズンにめちゃくちゃ釣れそうなポイントを発見。

フィールドは広大なので、私一人が捜し出せる場所など知れているのですが、たまにはいろんな場所も見ておく必要があると思いました。

そうこう言っている間に、5月の声が聞こえてきます。

関西エリアでは毎年熱くなるのがGW前くらいからなので、シーバス狙いの準備もしておかないといけません。

と言いつつ、バチのシーズンにバチに付いた良型メバルを虎視眈々と狙っているのはここだけの話しです (^^

<参考>タックルデータ

ロッド:リップルフィッシャー リアルクレセント 65JH/TZ
リール:シマノ ソアレCI4+ C2000PGSS
ライン:PE4lb+東レ バウオ エクスレッド5lb

ヒットルアー
サーティフォー 34 フィッシュライク はなちらし

ティクト TICT アジスタSS 0.2g

オンスタックルデザイン ワインドシャッド

デコイ デルタマジック 1.8g

東レ バウオ エクスレッド5lb

アクティブ アジスナップ
※軽さと使いやすさでは一番ではないでしょうか?

■NABRA Chase Fishing TOP へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)