メバリング

【メバリング】2017年 Day-2 風にメゲずに三目釣り アーチヘッドでアジも!

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

今週は一気に寒くなりましたね。

西高東低の気圧配置で、季節風も本格的で且つ強い…

しかし、今の時期、風の強さにめげていてはほとんど釣りに行けません。

という事で、今週末に向けてどんどん寒く風も強くなる状況を見て、昨夜出撃してきました。

狙いはメバリング。

今回の目標はメバルを1匹でも良いので捕獲する事。

さて、ミッションクリアなるか?

とりあえず、アジサーチのはずが!

この日は調達したところの【アピア APIA アーチヘッド】を試すのかメインの目的です。

しかし、ポイントに着くと予報通りの爆風〜

とりあえず厳しい戦いになりそうな予感を胸にポイントに入りました。

メバリングと言いつつ、まずはアジの存在を確認すべく、【サーティフォー 34 ストリームヘッド】の1.0gを選択。

ワームは先日の買い物で見つけた、ジャックナカムラのストレートワームであるラリー3in(100円で購入)の頭を少しカットして使う事に。

風向きを見つつ1投目をキャスト。

ボトムをとって、チョンチョン誘いで探っていくと、1投目でいきなりバイトをキャッチ!

フッキングするとものすごく重い~

ロッドが【サーティフォー 34 アドバンスメント DFR-511】なので、結構真ん中から曲がってます!

アジでは無いと確信したので、ドラグが出ないようにとりあえずボトムから引き離します。

しかし、重いだけでほぼ引き無し〜

これはガシラ確定。

上がってきたのは、やはり抱卵してお腹パンパンのガシラでした。

少々予想外の獲物ではありましたが、ジャックナカムラワームもいきなり結果を出してくれました。

メバル狙いに切り替えるも、本命は遠い

とりあえずボーズは回避出来たので、メバルを真剣に狙いにいきます。

ジグヘッドを【アピア APIA アーチヘッド】に交換し、ワームは仮セットで相性確認済みの【サーティフォー 34 オクトパス 1.8in】の”わさび”をチョイス。

メバリングには実績のカラーです。

フルキャストして、ボトムの何かを探るべく、広く丁寧にリグを通していきます。

数投はバイトの無い辛抱の釣りでしたが、しばらく探っていくと、底から少しだけ浮かせながら泳がせていたリグに

コンッ!

とバイトが!

すかさずフッキングすると、またもなかなかの重量感がロッドに宿りました。

渋いながらも丁寧に探れば魚は居ます。

寄せてくる過程で先ほどのガシラとは違うしっかりした引きが感じられます。

この泳ぎは〜

メバルかな?

と、期待を込めつつやり取りを続けます。

引きがまぁまぁ強いので、ドラグを締め過ぎないようにして、慎重に寄せてきます。

ようやく水面に浮いたところで、一瞬跳ねたので、メバルか?と最後の期待を持ったのですが、残念ながらやはりタケノコメバルでした。

しかし、シモリにでも潜んでいたのか?結構色の濃い魚でした。

小さなアタリではありましたが、リグは丸呑み。

まさにロックフィッシュにショートバイトはありませんね。

彼ら・彼女らは、捕食するときは常に全力モードであることがよくわかりました。

ダメ押しの3目をゲットで終了

タケノコメバルが釣れたことで、所々に未確認のシモリがあることを確信したので、引き続きボトムの何かにコンタクトさせるように狙っていきます。

根掛かりはほぼ無い場所なので、何かに触れればそこが狙い目。

風に押されるラインをメンディングしながら丁寧に探っていくと、足元まで引いてきたタイミングで

ジジッ!

と、一瞬何かが食いついて外れました。

これは、もしかして?

と思い、足元周辺を探り直すと、数投目に

ツツッ、ジィ〜〜〜〜

この引きは間違いなくアジ。

完全にお留守になったと思っていましたが、まだ残ってくれていたようです。

バラさないように慎重に上げてきて、一気に抜き上げ!

まさかのアーチヘッド丸呑みのアジでした。

1匹居るならもう少し居るかも?と同じように足元中心に探っていくと、またも

ジジッ!

引きは先ほどとさほど変わらない感じですが、この時期にしては嬉しいアジ連発です。

これもバラさないように慎重に取り込みましたが、バレる心配は200%あり得ない、丸呑み状態でした。

更に欲張って、もう1匹をと少し粘ったのですが、アジの反応は終了。

残ってるアジを釣り切ってしまったのかも知れません。

念のため、再度広くシモリを探してサーチしてメバルを狙いましたが、風は強まる一方で釣りもしにくいし、体も冷え切ってしまったので、短時間ではありましたがここでストップフィッシングとしました。




メバリンぐ Day-2 まとめ アーチヘッドインプレ

と言うことで、釣行前に設定した“なんとしてもメバルをゲットする”という目標(ミッション)はクリアできませんでしたが、寒風の中、良型のタケノコメバルも釣れたりアジの居残りを捕獲することもできたことですし、楽しめたという点では有意義な釣行だったと思います。

メバルの狙い方も、昨シーズンと違い、ここ最近は少し深いレンジのゲームの可能性を模索中なので、今シーズンで一定の確信が持てるレベルまでもっていきたいとは考えています。

また、この釣りにおいては【アピア APIA アーチヘッド】の可能性は大きいと感じています。

昨日使った感想ですが、ヘッド形状(深いカップ)の効果で、ジグヘッドの存在を非常にハッキリ把握できることを実感しました。

下手をすると、小さいウィードかゴミが引っかかっているやに思えるほどの抵抗感を感じました。

これは、イコール、水中でもそれなりに波動を出しているということにも繋がると思います。

深いレンジで警戒心の薄くなったメバルに対して、存在感をアピールしてバイトに持ち込む。

そんな使い方をイメージして使い込んでみたいと思います。

なので、タイミングを見てもう少し重いサイズまで調達しようと思っています。

最後に、最近の冷え込みを踏まえると、防寒対策も釣具以上に必須だなと感じています。

ちょうど1年前のSAFCの大会前に、爆弾低気圧下での釣行を見据えて購入したアイテム【巻きぽっか】が活躍してくれる時期です。

以前にも紹介している商品ですが、専用のホルダーにカイロを装着して手首や足首に巻きつけて使うアイテムです。寒い時期はポケットなどにカイロを入れていても、釣りをする時にはどうしても手は外に出さざるを得ず、防寒用のグローブなどを着けていても外気温が低すぎて手が悴んでしまいます。

手が悴むと、ワームの交換やジグヘッドの交換が億劫になり、結果として釣果に悪影響を及ぼす原因になってしまいます。

私は手首用しかもっていないのですが、これを装着して釣りをすると、手首の内側の血管が温められるので、手が悴むことなく快適に釣りができます。

それほど高い商品でもありませんし、高い防寒グローブを買うよりも明らかに効果が高いので、ライトゲーマーであれば是非持っておきたいアイテムだと思います。

快適に釣りができて初めて、繊細な釣りに集中できますので、他にも防寒に有効なアイテムは探し続けたいと思います!

<参考>タックルデータ

ロッド:サーティフォー 34 アドバンスメント DFR-511
リール:シマノ 16ヴァンキッシュ 1000PGS
サーティフォー 34 ゼログラ VerⅡ ダブルハンドル
ライン:エステルライン0.3号+東レ バウオ エクスレッド3lb

ヒットルアー等
サーティフォー 34 オクトパス 1.8in

アピア APIA アーチヘッド

是非、使い込んでモノにしたいジグヘッドです。少し重めが気になります。

■NABRA Chase Fishing TOP へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)