メバリング

【メバリング】2017年 Day-27 風裏にてチビメバリング

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

昨夜は風が強い予報。

出撃するか悩みましたが、数日先まで風は強い予報なので、行けば何とかなるだろうと思い出撃することに。

風さえ何とか出来れば、良いサイズの可能性を感じていただけに、まずは、しのごの言わずに釣りをすることにしました。

魚はちゃんと居てくれました。

また、この日は究極のCCベイト、漁港ワームを使ってみましたが、これはこれでちゃんと釣れて、出しどころがあるルアーだと感じました。

では、釣行記いってみたいと思います。

さすがに風表ではライトゲームは釣りにならず

仕事を終えていざポイントに着いてみると、なかなか強い風が吹いています。

しかし、風向きが向かい風になるところを探せば何とかなるはずと、釣りができる場所を探します。

この日は風対策として、ラインはフロロカーボンの【東レ ソルトライン®️メバリングフロロ】2.5LB通しのフロートリグ。

フロートは定場となった、【オーシャンルーラー アクティブフロートLC】を選択。

ジグヘッドは、【TWO by TWO 漁港ヘッド】の#10フックの0.2gをセットしました。

風が強かったので、後から考えれば0.4g

でも良かったかな?という感じです。

さて、釣りを開始すると、さすがにこの日の風は手強く、投げてもすぐに風で流されてしまい、釣りになりません。

その後、何ヶ所か気になるポイントを回りましたが、どこもノー感じなので、この日は撤収も考えたのですが、長らく見に行っていない風裏ポイントがあるので、そこだけ見て帰ろうと、移動することにしました。

やはり、メバルは居ました!

さて、移動したのは22時も回った頃。

タックルを担いでポイントに入ります。

一見、反応が無いように見えたのですが、何投かした頃に

ピチャン

明らかにメバルのライズだと確信。

ライズのあった場所にリグを投入すると、コンッ!

と、突っつきバイト。

メバルは居ることが確認できたので、再度丁寧に流すと

クククッ!

しかし、乗りません。

明確に突っつく感じは小型を予感させてくれますが、正体を確認しないと納得できません。

そこで、先日、釣具屋で調達した【TWO by TWO 漁港ワーム】の”神ばなな”をチョイス。

非常に月がハッキリ出ているので、ソリッド系でシルエットをしっかり見せたい狙いです。

すると、数投目、リーリングではなくロッドでサビいていたリグに

クンッ!

反射的にフッキングすると、ピピピ~とかわいい引きがロッドに・・・

はい、上がってきたのはやはりこのサイズのメバルでした。

しかしメバルはメバル。大本命です (^^

とりあえず、1匹釣れて一安心。

しかし、まだ時々ピチョピチョ出ているので、サイズに期待はできないものの、もう少しだけチェックしてみます。

神バナナで食ってきたので、ソリッド系の可能性を考えて【サーティフォー 34 オクトパス1.8in】の”くろきん”を試してみることに。

過去、灯りの少ないサーフなどで月夜に効果が高かったのですが、水質も違い、外灯も多い港湾部ではどうなのか?を確認してみます。

すると、数投目で

コンッ!

と鋭い突っつきが。

見えているのは間違いないので、そのまま狙い続けると~

ココンッ!!

と気持ちの良いバイトでフッキング。

ピピピピ~と、またもかわいい引きにて同サイズをゲット。

ここのポイントは、この日はこんなもんと言うことで、移動することにしました。

サイズを狙いに行くも~

さて、時間的にはそれなりにいい時間になってきました。

このまま帰るのも良いのですが、往生際の悪い私としては潮位が下がってきた状態のチェックをしてみたくなってきました。

そこで、また少し移動して、いつものメバリングポイントへ。

風は相変わらず強く、弱まる気配はありません。

ここで、再度ワームのサイズをあげるべく、【サーティフォー 34 タープル1.6in】の”はながすみ”にチェンジします。

海面の様子を観察しつつ釣っていきますが、たま~~~にらしきライズがあるのですが、それ以外は反応無し。

もう少し水位が落ちれば活性も変わるかも?と思いつつ、ド干潮の2時まではさすがに待てません。

諦めつつ、戻りかけていると、ピチャリとライズが!

こんなとこにも居るのか?風の影響でアミなどが溜まったか?などと想像しつつ、リグを投入。

すると、すぐに

ツンッ!

おお、イケる!

再度リグを投入すると、今度はコンッ!

きた〜〜と喜ぶも束の間…

水面下でギラリ…

シーバスです。

しかも、超小型!

どうもこの日は、シーバスもメバルも小型な日のようでした。

ここでオチがついたので完全に納竿としました。

メバリング Day-27 まとめ

ということで、釣れたのはありがたい話しながらも、次を考えると悩ましい結果となりました。

また、今後は今後の話しと割り切り、新たに探すしかありません。

ただ、風裏ポイントでメバルを釣ったのは初めてだったので、癒しの釣りの新たな引き出しとして使えそうな予感がしました。

しかし、ここももう少し追加調査は必要です。

さて、週末はSAFCの大会で淡路島釣行です。

神戸・明石・淡路島は、イカナゴ漁が始まっており、イカナゴ接岸の情報も入ってきていますので、運が良ければベイトフィッシュパターンに遭遇できるかもしれません。

まぁ、そんなに都合よくいく話しは経験したことがないので、可能性の世界で期待しておくくらいにしておきます。

釣行記は、また改めてアップしたいと思います。

<参考>タックルデータ

ロッド:リップルフィシャー リアルクレセント 76/TZ WR
リール:ダイワ 15ルビアス 1003 + CBSスプール-D
+サーティフォー 34 ゼログラVerⅡ
ライン:東レ ソルトライン®️メバリングフロロ 2.5lb

■TWO by TWO 漁港ワーム

オーシャンルーラー アクティブフロートLC

TWO by TWO 漁港ヘッド
フックが結構太軸なことを意識しないと、アワセが変わりますので要注意 (^^;

■NABRA Chase Fishing TOP へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)