タックルインプレ

【究極のライトゲーム】ハゼのクランクゲーム

こんにちは!

この3連休は2日も仕事が入ってしまって残念なウィークエンドを過ごしていますが、そんな中でも虎視眈々と次の釣りの楽しみ方を模索しています。

先週の1週間はシーバス狙いに集中し、改めてシーバス釣りの楽しさや難しさを再認識したところですが、ここ最近の釣りのベースとなっているライトゲームで何を楽しむか?が焦点です。

シーバスをメインに狙っていた時は、寒くても暑くてもシーバスでしたが、ライトゲームをするようになって、まさに四季折々の旬の狙いものを狙う楽しみを得ています。

今年はメバルに始まり、途中でプチ遠征でアジングもしつつ、チニングに突入という感じですが、これからの季節においては、豆アジングとハゼング、そして秋にはメッキングと言う感じです。

そこで、今回は、今季から始めようとしている”ハゼング”について少し書いてみたいと思います。
ライトゲーム仲間の中ではすっかり話題の中心になっています (^^

密かにブレイク?ハゼクランク!

ハゼ釣りと言えば、河口や干潟のシャローで延べ竿でゴカイで釣る、なんてイメージがあるのですがマニアの間では数年前からルアーでハゼを釣る”ハゼング”が流行っていたようです。

それが徐々に広まり、今となっては釣具屋さんで単独のフェースが作られるほどの人気を博しています。

ルアー釣りはエサ釣りよりも釣れにくいイメージがある中で、ハゼングは手軽に確実な釣果が上がるのが魅力なのではないでしょうか?

ハゼングはワームのズル引きでも成り立つようですが、やはり釣っていて楽しいのは巻きの釣り、と言うことでハゼクランクなるものが圧倒的に人気のようです。

ハゼクラゲーム用のプラグは結構発売されていて、ダイワなどは”ハゼクランク”で商標を押さえておられるようです。
20160718_3
また、以前にこちらのブログでも紹介したことがあるのですが、ムカイフィッシングからは”ED-HAZE”というハゼング用クランクが発売されています。

過去のED-HAZEの記事

私の居る関西でも、ライトゲームに強いショップさんでは普通に店頭に並んでいます。
フックをよく見ると、やはり赤鉤が使われてますね。
赤鉤の効果はほぼ実証されていると思って間違いないレベルなのかも知れません。
20160718_6

ED-HAZEにはディープ攻略バージョンもあるようです。
リアのフックをスプリットリング6連結でセットしてあります。

重量を重くして、よりディープまで探れるように工夫されているようですね。
ハゼ釣りといえども、やりだすと奥が深いことを物語っています。
20160718_4

他には、ファイブコアからも”ハゼクラピー”なるハゼング用のチューンドクランクが発売されています。
ファイブコアさんなので、淀川でのハゼングを意識したクランクかと思います。

ショップで見ると、ウェイトが2バージョンあるようです。
20160718_2

因みに、同じファイブコアさんから、ジャストエースブランドでハゼクランク用の専用フックも発売されています。

やはり赤鉤で、チモトが平打のフックを使っているので、スレッドを使ってスプリットリングと繋がるように作られています。ただ、残念なのは値段が異常に高い・・・
4本で400円=単価100円、はハゼクランクのチューニングにはちょっと高過ぎる感が拭えません。
20160718_1

マニアックに自分でチューニング

と言うことで、密かに大人気のハゼング&ハゼクランクゲームですが、いろいろ見ていて気になったのが、ちょっと値段設定が高いということでしょうか?

先ほどの専用フックは最たるものですが、どこのメーカーさんのクランクを見ても1000円以上します。

私の見た感じでは、ダイワのハゼクランクが最安で、税抜1000円というところです。

メバリングのプラグなども、超マイクロサイズなのに高いな~と思っていたのですが、ハゼングに1200円前後のクランクベイトはちょっと抵抗感がありますね。

実際、他の釣り(バスフィッシングなど)のクランクベイトを流用しようとしても、3g前後のクランクベイトはなかなか出ていないので、流用するルアーが悩ましいところではありますが、格安のクランクベイトを見つけて自分でチューニングするのも面白いのではないでしょうか?


因みに、地元釣具店のオリジナルブランドのチニングクランクでは、こんなに安いクランクベイトもあります。
 

また、アズーロというオリジナルブランドのチヌ用クランクで、こんな安いクランクもあります。

■KDクランク 36F

【アズーロ】KDクランク 36F
価格:520円(税込、送料別)

クランクベイトは基本が高浮力なので、ウェイトを貼って浮力を調整するなどの加工がし易いルアーだと思います。

また、フックについても、フライを巻く道具を持っていれば、市販の鉤を利用してオリジナルのハゼクランク用のフックを作ることも可能です。

私は、バス釣り時代に、スモラバを自分で巻いていたので、道具があります。
釣具屋さんでさっそく鉤を買ってきたので、自分で巻いてみたいと思います。

これだと、鉤の単価は10円台なので、手間さえ惜しまなければ、かなりハイコスパでフックが入手できます。

 

ハゼのクランクゲーム まとめ

以上、今年はちょっと真剣に試してみようと思っているハゼクランクのお話しでした。

ハゼをルアーで釣らなくても・・・と思うこともありましたが、豆アジングで悶絶フィッシングを楽しむように、スーパーマイクロゲームには、遊び心が凝縮されていると思います。

肩肘張らず、釣れることそのものに楽しみを見出す釣りもいいのではないでしょうか?

来月早々には【サーティフォー 34 DFR-511】が届く予定ですので、それを使ってハゼングを楽しんでみたいと思います。

ダイワ ハゼクランク

ムカイフィッシング ED-HAZE

ジャストエース(ファイブコア) ハゼクラピー

■がまかつ金袖鉤

■オーナー 赤ジャスト・キス鉤

■NABRA Chase Fishing TOP へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)