アジング

【アジング】Day-16 久々に師匠とコラボ釣行

こんにちは!


昨夜は非常に涼しくて、肌寒い夜でしたね。
すっかり雰囲気が秋らしくなってきました。

仕事を終えて会社を出てみると、風は少し強かったのですが、そこは練習!ということで出撃することにしました。

出撃してみると、約束していた訳ではないのですが、タケ師匠とばったりバッティング。
久々に二人であーでもない、こーでもないとボヤき?ながらアジングを楽しんできました~~



出だしは順調??

まずは師匠が同じ釣り場にきていることなど知らずにポイントに。

エントリーしたポイントで早速釣りを開始してみます。

リグは【サーティフォー 34 ザ豆】の0.7gに【サーティフォー 34 オービー1.6in】の”なでしこ”でスタート。

横風がきついので、キャストコースを考えて少しでも糸ふけが出にくいように工夫しつつボトムを取ってみると~

いきなり1投目からコツン!とバイトが!!

ロッドをしっかり立てていたので瞬間電撃フッキングに成功 (^^

フッキングが良かったようで、バラさずに1匹目をゲット!

幸先の良いスタートとなりました。

師匠と合流後は大苦戦

今日は簡単に数が稼げそうだと喜びつつ、そのポイントは横風がモロで釣りがし辛いので、他のポイントの状況も見てみようと場所を移動することに。

すると~ 向こうの常夜灯の下で、船のロープをまき付けるやつ?に腰掛けて手を振ってくる人影が??

なんと、師匠が先にきてアジングしてました。

LINEに美味しそうなアジの写真をアップしてたのは、ここだったのか~と思いつつ、合流して一緒に釣りを開始しますが、たま~にバイトはあるもののフックアップに至りません・・・

師匠もバイトはあるけど乗らないご様子。

先に師匠が別の場所へ移動したのですが、私は少し残って小さいバイトの正体を確認しようとしたのですが、結局バイトに持ち込めず。

未熟!!

そこで、師匠の後を追いつつ2匹目のアジを探して回りますが、どこに行ってもバイトはあるものの散発で、フッキングになかなか持込めません。

2回ほどフッキングに成功したのですが、リーリング中にサヨウナラ~

再度師匠とも合流し、イマイチな感じやなぁ~と談笑しつつ、帰りながら気になる場所をチェックしていきました。



場所による魚の偏りを実感

結局、一番最初にいきなり釣れた場所へ戻ってきました。

相変わらず風が邪魔するのですが、まだアジはいるのか?とチェックしてみることに。

すると、またも1投目でバイトをキャッチ。

これは乗りませんでしたが、2投目でフッキングに成功。

明らかの他のポイントでのバイトの出方とは違う、ハッキリしていてアクティブなバイトです。

これぞアジングと言う感じ。

上がってきたアジは、またもワームを丸呑み。

ここは魚の数も活性も、先程までのポイントと全く違う (^^

ここで、ワームを【サーティフォー 34 オクトパスjr 1.3in】の”だいだい”にチェンジすると、確変モードに!!

ほぼ毎キャストバイトがあり、誘ってからのステイ、もしくはプチフォールで

ココンッ!!

と明確なバイトで楽しませてくれます。

これだけバイトがしっかりしていれば、安心して掛けにいけます。

途中でバラシも何度かありましたが、どのアジもフッキング直後は”サバか?”と思うほど良い引きです。

因みに、師匠は少し別の場所でサバの襲撃にあっていたことは、ここだけの話しです (^^;;

ほんの15分ほどでポロポロと釣れたので、ここで満足してストップフィッシング。

終わりよければ何とやらですが、肌寒い夜をホットにしてくれた釣行でした。


 

師匠とコラボアジング まとめ

と言うことで、久々に師匠との楽しい釣りでした。

やはり、知り合いと一緒に釣りをすると答え探しも早くできて良いですね。

その結果をもって、また一人の調査に繋げることができるで、スキルアップには必須の取り組みだと思います。

もちろん、一人で時間を掛けてスキルアップしていくことも良いことだし重要だとは思います。
私も過去はそうでしたし。

しかし、なんだかんだでまだヴァンキッシュのウロコ付ができていません。

早く準備しないと~ (^^

<参考>タックルデータ

ロッド:サーティフォー 34 アドバンスメント DFR-511
リール:シマノ ソアレCI4+ C2000PGSS
ライン:エステルライン0.2号+東レ バウオ エクスレッド3lb

■NABRA Chase Fishing TOP へ






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)