アジング

【アジング】2016年 大阪港 悶絶豆アジング

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

昨夜はドラグ音の鳴らないリールを携えて、仕事帰りのアジングに行ってみました。

もうそろそろ豆アジなら入ってるはず。

約2週間前はまだお留守だったのですが、アジおるんかいな調査釣行です。

では、お時間のある時にお付き合い頂ければ幸いです。

気楽に“アジおるんかな?”調査開始

久々に、ネットも持たずのライトゲーム。

ちょうど満潮の直前くらいから釣りを開始します。

最初の具材は、【サーティフォー 34 ストリートヘッド 0.5g】に【サーティフォー 34 オービー1.6in】 “はなちらし” のテールカットをセットしました。

常夜灯ポイントを移動すること数回、ようやく“ツッ!”というアジっぽいバイトをキャッチ。

しかし、連続で当たることはなく、10投に1回くらいのペースでしかバイトが出ません。

しかも、超弱いバイトでフッキングできません。

しばらくストリームヘッドで続けていたのですが、一向にフッキングに至らないので、禁断の【サーティフォー 34 ザ豆】の0.5gにチェンジします。

ワームは、【サーティフォー 34 オクトパスjr1.3in】のだいだい。

すると、時々ロッドティップをグイッと持っていくようなバイトが出ます。明らかに、はなちらしよりはバイトがハッキリと出るようになった気がしますが、それでも乗りません。

そこで、更に【サーティフォー 34 オクトパスjr1.3in】を少しカットしてセットします。

すると、やっとフッキングに成功。

プルプルプル~と走る引きはアジだぁ~~と思って喜んでいると、抜き上げでポロリ・・・

なかなか乗らない。

乗ってもポロリ(涙)

しかし、執念で狙っていると、やっとフッキングに成功。

上がってきたアジは、超豆アジ。

こりゃ乗りにくいはずですわ。

しかし、ズボッと丸呑みです (^^

ロッドを立てることの意義

散々乗らずに悶絶したところでしたが、この1匹でちょっとヒントを得た気がしました。

それはロッドを立てることです。

アタリが小さいので、ついついロッドを下げてアタリを取りたくなってしまうのですが、この1匹を釣った時はロッドを立てていました。

ロッドを立てたのは、少しリグを浮かせながらスイミングさせたかった為ですが、結果としてロッドを立てることで小さいバイトにも瞬間的に反応しやすくなっていました。

そして、ロッドを立てることでジグヘッドが浮く。

この相乗効果が出たような感じです。

結果として、そこから悶絶を繰り返しながらもポロポロと豆アジをゲット。

簡単には釣れないこのサイズですが、ちょっと豆アジングの確信に近づいた気がしました。

悶絶アジング まとめ

と言うことで、一応ゲットできた悶絶アジングでした。

アジおるんかな調査的には成功です。

確かにアジはいました。極豆アジが (^^

来月(8月)はSAFCのライトゲーム技術交流会のお題も豆アジ大会です。

8月にはDFR-511も届きますので、豆アジング訓練、楽しみたいと思います。

<参考>タックルデータ

ロッド:リップルフィシャー リアルクレセント 65JH/TZ
リール:シマノ ソアレCI4+ C2000PGSS
ライン:東レ アジングフロロ 2lb

ヒットルアー
■サーティフォー 34 オクトパスjr だいだい

■サーティフォー 34 ザ豆 0.3g

■NABRA Chase Fishing TOP へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)