アジング

【アジング】2017 Day-25 コラボ釣行 in 神戸港アジング

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

ここ数日で夜が非常に涼しくなってきましたね。

半袖で出撃すると風邪をひきそうなくらいです。決して大袈裟ではありません。

一気に秋の気配が強くなってきました。

そんな中、貴重な週末の釣行をどこにするか悩みましたが、タケ師匠と神戸でデカアジを狙ってみようと言うことになり、神戸へ行くことになりました。

先週に良い釣りができた神戸港アジング。

さて、再現はできるのか?釣行記事行ってみたいと思います。

神戸港 超メジャーポイントで再現調査

釣行ポイントは超メジャーポイント。

週末なことと、タチウオが釣れているようで、タチウオ狙いの釣り人が多く見受けられますが、釣り座が確保できないほどでもなく、先に現地入りしていたタケ師匠と合流します。

様子を聞くと、小さいアジは反応があるけど、明らかに先週とは様子が違うようです。

とりあえず私も急いで準備をします。

風がまぁまぁ強く、タケ師匠に状況を聞くと、つい先ほどから吹き始めたとのこと。

軽いリグのアジングでは横風は結構厄介です。

まずは【サーティフォー 34 ザ豆 0.7g】に【サーティフォー 34 オクトパス 1.8in “こもれび”】で攻略を開始します。

豆アジならアタリがあると思っていたのですが、、、

バイトが無い?

数投する間にようやくバイトがありましたが、当然乗らないレベルのバイト。

しかし、辛抱してショートバイトを狙っていると~

モンッ!!

ようやくフッキングに成功。

サイズはノーマル以下という感じでしたが、何とか1匹目をゲットできました。

激シブチンながらも、何とか良型ゲット

1匹目を釣った時に、バイトが非常に小さいのが気になりました。

明らかにこないだの釣行と違います。

そもそもバイトが少ないのですが、輪をかけてバイトが小さい。

今日は完全に外したか・・・

と思っていた矢先

コンッ!!

眠気が覚めるような良いバイト!

フッキングすると、なかなかの重み。

そして、そこから一気に走り出します。

これは来た!!

こないだサイズか?

と期待してやり取りを開始。

フックオフにも気を付けないといけませんし、ラインブレイクにも気を付けないといけません。

右に左に操作しつつ、何とか浮かせていっきに抜き上げ。

今回の釣行では、前回の釣果を踏まえて、ラインはエステルの0.25号に上げていたので、少しは安心やり取りや抜き上げをすることができました。

こないだよりは小さいかな~とは思いますが、20cmアップのナイスサイズのアジです。

とりあえず、何とか狙いのサイズに近いアジが釣れて少し安心。

しかし、狙っているのはもっと良いサイズのアジ。

気合を入れ直して次の魚を探します。

本命にフラれて、豆アジに走る

少しましなサイズが釣れてたところをタケ師匠が見て、二人で少しテンションアップ。

先週のよういGoodサイズが回ってきたかと集中してジグヘッド爆撃を続けます。

タケ師匠もマメにルアーやジグヘッドを交換して、何とか狙いのアジを引きずり出そうとレンジを変えたり、狙うポイントを少し変えたりと工夫を凝らしていますが、結果が出ずに苦戦中の様子。

風が強くて軽いリグではボトムがとりにくくなってきたので、ここで思い切ってジグヘッドを重くしてみることに。

久々に使う【ティクト アジスタ M 1.5g】

完全にジグヘッドボックスの中で眠っていたジグヘッドですが、Goodサイズのアジが居るのであれば吸い込みについては問題ないはずです。

せっかくジグヘッドを重くしたので、少し流れの効いている本流近くを狙ってみますが、流石に勢いよく流されてしまいレンジを意識しての釣りができません。

同じく1.5gのジグヘッドを使っていたタケ師匠は、1.5gでバイトはあると言っていますが、やはり重めのジグヘッドに付いているフックが大きいので、フッキングには至らないようです。

そこで、私は早々に諦めて・・・

【TWO by TWO Mameajiヘッド 0.4g】に、寸詰めした【サーティフォー 34 オクトパス 1.8in “こもれび”】をセットして、カウント3~カウント5周辺を探ってみます。

と言うのも、中層の浅い方にアジらしき姿が確認できたので、それらの豆アジを拾い釣りできないか?という魂胆です。

軽くキャストして、極力レンジが変わらないようにしつつ、リグを通してくると

ツツッ!!

と頻繁にアタッてきます。

なかなか乗らないのを粘り強く誘って食わそうとしたところ~

ツツッ!!プルプルプル~~

セコいことは承知の上ですが、とりあえずこの日の遊び方を発見!

結構掛けるのが難しく、且つ、バイトが結構あるのでムキになります。

悶絶しながらも、ポロポロと拾い釣りに成功。

小さなお口にしっかりフッキングできていることで、勝手に納得している自分に苦笑い (^^;;

たまにすれ違うタケ師匠も、私の姿を見て苦笑い。

しかし、タケ師匠はGoodサイズのアジに拘って、粘り強く探しています。

しかし、しかし、こちらも途中で挫折して豆アジを狙って、これまた苦笑いです。

あの手、この手と二人で試行錯誤しましたが、どうも答えが出てくれません。

最後のあがきも、成果無く終了~

あちらこちらと様子を見ては、メインポイントに戻ってGoodアジの所在確認。

このローテーションいよいよ雰囲気も無くなり、風も一向に収まらないので、そろそろ撤収しようかと移動することに。

車への戻り道で、一ヵ所だけ明暗ポイントを撃ってみるも、生命反応は乏しいまま。

ボトム付近で、時々バイトがあるような、無いような。

そろそろ諦めようかと思った時に~

コンッ!

久々に明確なバイトが出ました。

これは!!と思いフッキングすると、最初の引きはなかなかの手応え。

しかし、巻き上げてくる途中で一気に失速。

生命感はありますが、この急激な失速感は~

やはりのガシラちゃんでした。

これにて完全に集中力が途切れました。

少し離れたところで粘っているタケ師匠の様子を見に行き、タケ師匠が根掛り?か何かでラインブレイクしたところでこの日の釣りは終了~としました。

神戸港アジング まとめ

と言うことで、結構意気込んで出撃した割には、貧果にあえいだ釣行となりました。

やはり、プチアウェイは簡単ではありません。

この日でも、他のどこかではしっかりGoodサイズのアジを釣っている人がいるはず。

見つけきれない自分の完敗というところでしょうか。

唯一、遊んでくれた20cmアップがありがたかったですね。

また、こちらにはちょこちょこ様子を見に来ようかと思っています。

気になる場所が他にも何箇所かありますので、潮の状況を見つつ、チェックしていきたいと思います。

<参考>タックルデータ

ロッド:サーティフォー 34 アドバンスメント DFR-511
リール:ダイワ 15ルビアス1003 + ティクト CBSスプール-D
ライン:エステルライン0.25号+東レ パワーゲーム®ルアーリーダー3lb

■ナチュラム オリジナルエステルライン
引き続き使っていますが、巻き直し後、例のダマダマが出来ていません?
何だったのか?あの物体は・・・もう少し使ってみて確認したいと思います

■NABRA Chase Fishing TOP へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)