タックル関連情報

【NEWアイテム】RUDIE’S ジグヘッド&ワーム入手

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んで頂きありがとうございます。
NABRA Chase Fishing GONTA です。

少し前にこちらでピックアップしたRUDIE’Sさんの製品について、釣具屋で発見したので入手してみました。

ジグヘッドとワームをセットでゲット。

実際に手に取ったところでのインプレを書いてみたいと思います。

お時間のある時にお付き合い頂ければ幸いです。

ジグヘッドはフック交換簡単仕様!

まずはジグヘッドの方から見てみましょう。

【根掛かり軽減J・H】ですが、自分の用途を考えつつ、まずは一番軽い3gを購入してみました。

パッケージから出す前に気になったのが、表面左側のこのでっぱり。

スペアフックが入ってたりしたら素敵!と思ったのですが、ただのパッケージのデザインでした~

次に、パッケージから本体を出してみて、フックのセット具合をチェックしてみました。

ジグヘッドという呼び名になっているので、もう少しフックがヘッド部に密接に当たるようになっているのか?と思ったのですが、ここはブラブラの状態でした。

※ピンぼけしてますね(苦笑)

次に、ギミックポイントのラインアイのワイヤーを外してみました。

ピンは非常に簡単に抜けます。プライヤーなどで引っこ抜くような作業は不要。

抜いた状態が下の画像ですが、写真ではワイヤーが結構太く見えてしまっていますが、実際にはかなり細いワイヤーが使われているので、セット可能なフックの種類はかなり多いと思われます。

フックがブラブラ動いた方が良い方は、ラインアイが大きめのフックを使った方がいいかと思いますが、まさにジグヘッドのようにフックがあまり動かなくてもよいという人は、ワイヤーがギリギリ通るレベルのフックでも問題無いと思います。

ワームはイメージよりも小型

次に、ワームの方を見てみましょう。

前回紹介した通り、リリースされているワームは”蝦(エビ)”と”蝦蛄(シャコ)”の2モデルですが、私は”蝦蛄(シャコ)”の方を購入してみました。

前回のワーム紹介記事

先に画像のみでインプレを書いた時は、商品自身にサイズ記載がなかったのでもう少し大きいワームかと思っていたのですが、現物を見てみるとかなり小さく感じました。

付属しているパーツがとても多いのですが、それぞれのパーツがかなり細かく繊細であることが、現物を見てわかりました。

ワームはブリスターパックに入っているので、ワームに変なクセが付くこともなく、安心して持ち運びができます。

しかし、最近は本当にパッケージに凝ったワームが多いと感じます。

ダイワのアーバンシュリンプしかり、ケイテックのクレイジーフラッパーしかりです。

そして、パッケージから出したついでに、根掛かり軽減J・Hにセットしてみました。

標準のフックサイズ#2なのですが、これでセットして↓の画像の通り。

シングルフックでこれなので、オフセットフックを使うなら#6フッククラスが必要という感じです。#4では厳しいです。

因みに、サイズ感的に大きい方の蝦蛄でこの状態なので、更に小さい蝦の方だともっと小さいフックでもいいかもしれません。

RUDIE’S 根掛かり軽減J・H & ”蝦蛄” まとめ

と言うことで、取り急ぎ入手したての商品のご紹介でした。

キビレは秋の産卵期に差し掛かっているかと思いますので、しばらく渋い状況が続くかとは思いますが、壁ドンでのマチヌ狙いもできますし、産卵期と言いつつ秋でもキビレが釣れることはここ数年の実績から証明されているので、タイミングを見て実釣で試してみたいと思います。

また、キャスティングでの底ズルならば、5g~7gのジグヘッドも欲しいところなので、釣具屋で見かけたら追加調達したいと思います。

根掛かりの回避性能も実釣で使ってみないとわからないですしね。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)