バスフィッシング

【アウェイの洗礼】津風呂湖釣行を振り返る

こんにちは!

1週間以上前の話しになりますが、バスフィッシングに行ってきましたので、そのことについて振り返りを書いておきたいと思います。

ライトゲームのタケ師匠に誘っていただき、今年から本格的に参加させて頂いている【ブロンズバック・フィッシング・ファミリー(BBF)】さんのバス釣り大会なのですが、5月12日に奈良県の津風呂湖で大会があるということで参加させていただきました。

バス釣り年数は長いと言いつつ、結構偏ったフィールドに釣行していたので、津風呂湖は行ったことがありませんでした。

バスフィッシングと言いつつ、トーナメントを中心にしていると、大会が開催されるフィールドを少しでも知っておきたいので、どうしても釣りに行く先はエントリーしている大会が開催されるフィールドになってしまいます。

と言うことで、アウェイへの釣行となった訳ですが、結果は反省しか残らないものとなってしまいました。

心の傷が癒えずに、振り返る気になるのに時間がかかってしまいましたが、ここで敢えて冷静に自分を振り返ってみたいと思います。

良い前評判と悪い前評判が錯綜

まず、津風呂湖の情報ですが、奈良県の少し南の方に位置する湖で、ここ最近、ビッグバスが釣れるフィールドとして注目を集めている湖です。

大阪などからもアクセスが良く、関西圏でも人気のフィールドとなっています。

釣行した人からもサイズを問わなければ簡単に釣れると言う話しも聞いていました。とにかく魚影は濃いという情報が多く集まりました。

釣りビジョンなどでも、過去に何度か撮影場所として利用もされています。

ガチコンだったかな?確かにビッグバスを釣られていた記憶があります。

一方で、JB津風呂湖シリーズが開催されており、賞金の掛かったプロ戦と言うことで通いこんでいるアングラーさんも多く、スレバスが多くて簡単には釣れないという情報も聞いていました。

BBFでは数年前?から津風呂湖で大会をするようになっているとのことで、過去参加の方からは、ショアラインに美味しそうなオーバーハングなどが多いのに、ショアの投げても釣れない。

バスの回遊は深いところで見えるようで、見えバスに翻弄される、と言う事前情報も。

そんな事前情報が錯綜する津風呂湖でしたが、リザーバーはどちらかと言うと得意のフィールドなので、何とかなるだろうという意識は持っていました。

これが後で甘いと思い知らされることになるのですが・・・

とにかく、過去のBBFさんの大会レギュレーションでは全員『手漕ぎ』というルールだったようですが、今年から免許を持っている人はエレキを持ち込んでも良い、というルール改変があったので、私はエレキ持ち込み組として参加しました。

どうにも、エレキでボートを自由にコントロールできないのがストレスになるので、これだけは回避したいと思っていました。

因みに、大会のキーパーサイズは20cmなのですが、エレキ使用者はハンデとしてスタート時間の30分の遅れと、キーパーサイズ25cmというルールも追加されました。

しかし、参加するまでは、このハンデも全く気にならない・問題にならないと思っていました。

参加するまでは・・・

とにかく、初めてのフィールド(アウェイ)ではありますが、あまり悪いイメージを持たずに釣行に臨みました。

実際のフィールドのファーストインプレッションは良好

さて、釣行当日。

初めての場所なので、どのくらい時間がかかるのかのイメージも無いことから、少し早めの時刻にタケ師匠と待ち合わせをして、一路、津風呂湖に向かいました。

早朝なので高速道路も空いており、高速道路を降りた後も空いた地道をスイスイと走ってかなり早い時間に現地に到着しました。

エレキがあるので、少し荷物が多いことから、まずは荷物を降ろして桟橋に持っていき、そこから集合時間までに余裕があったのでフィールド観察をすることにしました。

桟橋周辺は釣り禁止なのですが、桟橋の付け根付近のシャローでタケ師匠がバスの集団を発見。

しかも、どれもこれもかなりのビッグバスです。

スポーンに入る直前でネストを目の前で作っている魚も居ますし、その少し沖側を悠々と回遊するロクマルと思わしき真っ黒な魚体のバスの姿も目に入ります。

とにかく、バスだらけ。

更に、桟橋を挟んで反対側のシャローでは、小バスの大群?が溜まっているのが見えます。

確かに、噂通りの魚影の濃さです!

徐々に集まるメンバーの皆さんと会話をしつつ、かなりテンションを挙げて釣りの準備をすることになりました。

因みに、減水はほぼ無いようで、桟橋までのアクセスも楽チン。

桟橋管理の方々も非常に気さくでフレンドリー。

荷物を積み込み易い場所へ、わざわざボートを移動させてくれるなど、サービス完璧の対応に感動しつつ出船の準備を進めることができました。

1 2 3

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)