バスフィッシング

【バスフィッシング】週末朝練 城北ワンド

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んで頂きありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

週末にゲリラ豪雨が来たかと思ったら、上空には寒気が流れ込んで大気が不安定になっているようですね。

全国の広い範囲で集中豪雨の注意喚起がニュースで伝えられているところですが、日が沈むと涼しい風が吹いていたので、久々に淀川・城北ワンドに朝練に行ってみることにしました。

8月の上旬には津風呂湖に行ったこともあり、城北ワンドへの釣行はほぼ1ヶ月ぶりくらいになります。

前回の釣行時には、高水温とウィードの繁茂で歯が立たなかったのですが、8月の下旬となる今の城北ワンドは攻略できるのか?

では、お時間のある時にお付き合い頂ければ幸いです。

岸際のシャローはウィードジャングル!!

冒頭書いた通り、この日の早朝は湿度もなく非常に涼しくて快適。

少し前までは夜中でもジメジメして暑くて不快指数満点でしたが、その不快感が全くありません。

夜明け直前からの釣行開始を狙って、真っ暗な時間からポイントへ車を走らせました。

ポイント近くの駐車場に到着したのはちょうど5時頃で、少し薄暗かったのでヘッドライトを使いながらタックルの準備をしてからポイントに入りました。

この日はあれこれ試さずに1タックルで状況を確認しようとの思いで、【シマノ スコーピオン 1631FF-2】に【シマノ 20メタニウム XG】のセット。

そして、ラインは一番汎用性の高い【東レ ソラローム®エクスレッド 12lb】を使用します。

水面を確認すると、足元の岸際は水面までウィードが出るほどの成長っぷり。

しかし、昨年に経験したような沖の方までウィードジャングルという訳では無さそうです。

時期的に、8月の上旬で一度藻刈りが入っているのかもしれないと思いつつ、まずは他に釣り人もあまり居ないことから、足元に確認できるウィードポケットをピッチングで丁寧に撃っていくことに。

特に、岸に葦や低灌木などが生えているような場所は、ウィードポケットだけでなく、外側のウィードエッジも丁寧にチェック。

ルアーは実績の沈み蟲を使って、フォールからボトムステイの時間もしっかりとってバイトを待ちますがノーバイト。

戻ってきたワームを手に取ると、かなり生温かい感じなので、早朝と言えども水温はかなり高いことがうかがえます。

本命のポイントまでひたすら同じ動作を繰り返してチェックを続けましたが、足元モーニングバイトを拾うことはできず。

沖の表層もずっと目視でチェックしていましたが、ベイトが追われたりボイルが出るようなこともなく、生命感に欠けた感じ。

と言うことで、本命ポイントでは沖にあるであろうウィードパッチを中心に狙ってみることにしました。


本命ポイントではギルバイト有り?

さて、本命ポイントは先行者1名で好きなポジションから釣りができる状況。

まずは軽く手前にあるウィードエリアとリップラップの境目くらいをチェックしていきます。

すると、数投目にココッ!と明確なバイトをキャッチ!!

まだ寝ぼけた頭に一気にスイッチが入ります。

バイトの感じからして、小バスか?ブルーギルか?

送り込んでもバイトが出ずで、同じラインを数回トレースしてみましたが、同じようなバイトが数回あっただけで沈み蟲を持っていってくれるような気持ちの良いバイトは出てくれません。

沈み蟲には1/32oz(0.9g)のネイルシンカーを挿入していたのですが、もう少しフォールスピードを遅くしたくて1/64oz(0.4g)のシンカーにチェンジ。

ズル引きでも誘いつつ、誘った後のフォールのバイトに期待して集中して狙っていきます。

朝いちの釣りを開始した時には吹いていた心地の良い北風も気が付くと止んでいて、陽が上がってくると一気に暑さも増し、水辺に漂う厳しい雰囲気。

そして、一瞬バイトか?と思ってフッキングした沈み蟲に、ラインが切れて放置されていたストレートワームがまさかのフッキング状態で返ってきました。

何とも細いラインが結ばれていましたが、出来ればもう少し太いラインで釣りをされればルアーロストのリスクはかなり軽減されるかと思います~

少し離れたところでスピニングで釣りをされていた方は、足元のウィードエリアでアジサイズのバスを立て続けに釣られており、バスは確実に育っているんだな~なんて思いつつ、本流を見に行く時間もなかったことから、この日はここでストップフィッシングとしました。

城北でもタイミングをアジャストすれば釣れるんですね<番外編>

と言うことで、自身の釣りの話しはここまでですが、YouTubeにて気になるというか、やはりと思う動画を見たのでここで共有しておきたいと思います。

一誠の赤松健さんが『AK BOX』というチャネルにて、最近、淀川を舞台に釣りをされている動画を配信されています。

少し前には城北ワンドよりはかなり上流側にある有名な逆ワンドにて釣りをされていたのですが、直近の動画での部隊は城北ワンドでした。

広い城北ワンドの中で、どこでどんな釣りをされるのか?と興味を持って見てみました。

すると、7月の大雨の後くらいにロケをされたようですが、釣っているポイントは私が普段釣りをしているド定番ポイント。

他のポイントも何か所か見て回られたようですが、結局はそのエリアにてビビるほど見事なバスを2本ゲットされておられました。

目の付け所的には間違えていなかったことに喜びも感じつつ、これで人も増えるかな?とも感じつつ・・・

おまけは、釣られた時のルアーが2匹とも『沈み蟲』であったことにも納得~

まぁ、お時間がある方はご覧になられては?と思います。

城北ワンド 朝練レポート まとめ

と言うことでも、今回も厳しい先例を受けた釣行でしたが、今の時期は日中に粘っても結果も出にくいでしょうし、暑さの面でも厳しいので、このような短時間釣行もありなのではないか?と思います。

そもそも、ライトゲームなんかは通常がこんな感じの短時間釣行ですし。

もうすぐ9月なので、また秋のハイシーズンが目の前ではありますが、今年はマジで残暑が厳しいのでどうなることか?という感じはします。

ただ、この暑さの中で攻めるのであれば、しばらくは本流を意識する必要があるかな?という感じですね。

まぁ、これも台風などが来ると一気に状況は変わることになるでしょうけれど。

毎回結果が出る訳ではない朝練釣行記ですが、継続してデータを取っていきたいと思います。

シーバスを始めた頃の連敗の厳しさからすると、かわいいもの!!と割り切っています~

ハニーナゲットの3.0インチ、販売開始しましたね(^^)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)