アジング

【アジング】2016年 Day-31&【メバリング】Day-2 ライトゲーム6目達成

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

さて、今回は金曜日の釣行記です。

木曜日の釣行にてメバルもラインナップに加わってくる事が確認できたので、昨シーズンのおさらいを兼ねて、アジングに加えてメバリング、と言うプランで出撃してみました。

事前にプランを考えておくと、釣りの効率も良くなりますし、メリハリも効きます。

考えていたことがダメだった場合に、迷わずに次の展開にシフトできるので、効率よく釣りができます。

この日も少し遅い時間からの釣行でしたが、ライトゲームとしては、他魚も加わり〜ので、なかなか満足のいく釣りができました。

では、そんな週末の釣行記、いってみたいと思います~

まずは手堅くアジングのはずが?

天気予報では北の風が強く吹く感じだったのですが、実際にポイントに着いてみるとほぼ無風に近い状況。

そそくさと準備をして釣りを開始します。

前日は1gのジグ単でしたが、風が弱いこともあり、この日は0.8gの【サーティフォー 34 ストリームヘッド】から開始してみました。

まずは【サーティフォー 34 オービー1.6in】の”みつばちか”らサーチを開始しますが、ボトム付近は全くのノーバイト。

そこから少しずつレンジを上げていきますが、バイトが引き出せません。

居ないのかなと思いつつ、念のために【MARS マーズ ストレンジャー30 GIGA】にチェンジしてみると、1投目から威勢の良いバイトが!

アジいるじゃないですか!!

ターゲットが居るとわかれば集中できます。

前アタリてきな違和感を感じると、そこから集中して誘いを入れたり、少しカーブフォールさせたり、といろいろと試してみると、バイトが頻発。

しかし、なかなかジグヘッド部を食わせるのに苦労します。
明らかに咥えているな~と感じても、合わせると乗らないし、かるく引っ張るとプルプルと手応えだけ残してサヨウラナ~

これは手ごわい。でも面白い!!

そして、ようやくしっかり食いついた手応えを感じてフッキング!

しっかりフックに乗ってくれたようです。

引きは元気が良いのですが、上がってきたのはここ最近の中でも決して大きいとは言えないサイズ・・・

このサイズで乗ってくるのですから、ワームの大きさとアジのサイズの関係はあまり気にする必要が無さそうですね。

しかも、結構奥までも丸のみ。

豆アジの時などは、【サーティフォー 34 ジュニアjr1.3in】をカットして使っていたのですが、来年の豆アジシーズンは長いワームでも試してみようと思います。

そして、五目釣りがスタート

苦戦しつつも、とりあえずアジが釣れたことで、ここから少しずつ場所を移動しながらアジのいそうな場所を撃っていきます。

あくまでもメバリングは別の場所なので、ボトムを中心に明暗部を撃っていくと、とある明暗部でサバと思わしき魚がヒット。

一通り走り回られてからのバラシとなり、サバが居るのであれば安易にリグを浮かせると危険と言うことで、ボトムを丁寧に攻めてみます。

すると、【MARS マーズ ストレンジャー30 GIGA】にバイトはあるのですが、乗り切らないことから、【サーティフォー 34 フィッシュライク1.5in】の“だいだい”に変更して再度探ってみます。

ワームをチェンジするとかなりバイトは減ってしまうのですが、それでも小さいバイトをしっかり食わせて掛けて行こうと集中していると~~

コンッ!!

と明確なバイトが出ました。

フッキングすると、バッチリフッキングしてくれて、結構な重みのある引きがロッドに伝わってきます。

重いのは良いのですが、どうも走らない・・・

時々ドラグを鳴らしてラインが引き出されるので、なかなか上がってこないのですが、水面に顔を出したのは、このポイントでは久々の対面となるガシラくんでした。

ボトムを丁寧に探ると、この子が釣れる季節になってきたんだな~と思いつつ、更に場所を移動します。

そして、ここから五目釣りが始まることになるとは、この時は意識していませんでした

狙いをメバルにチェンジして更に2目を追加!

さて、ここからは明確にメバルを意識して狙っていきます。

前日に釣れたレンジとエリアを意識して、ワームは【サーティフォー 34 オクトパス1.8in】の会員限定カラーである“わさび”にて探っていきます。

メバルはピンテール系がなんだかんだで強いという認識でワームをセレクト。
後は、【サーティフォー 34 オービー1.6in】の“はなちらし”は釣れてしまうので、他のワームの効果チェックというところです。

ジグヘッドは【サーティフォー 34 ドライバーヘッド】でも良かったのですが、メバルのサイズもまだまだ小さめと言う認識なので、アジングの延長で【サーティフォー 34 ストリームヘッド】の0.8gのままで探っていきます。

風が無かったので、0.5gでも良かったのですが、少しレンジを入れて狙いたかったので、0.8gの選択です。

前回釣れたエリアを探っていくと、すぐにバイトが。

明らかに突っついてきているのですが、警戒しているのか?フッキングしません。

しかし、派手に誘うことなく、丁寧に探っていくと~

コンッ!ギュ~~~ン

ひったくり系のバイトでヒットしてくれました。

これぞメバルのバイトと言う感じ!でしたが・・・

元気に引いて楽しませてくれつつ上がってきたのは、ちょっと色が濃すぎる??

はい、昨シーズンもメバルの外道でよくヒットしたムラソイさんでした。

ボトムのイメージが強い魚ですが、浮く時は本当に上層まで浮いてきます。

これも水温の関係でしょうか?

とにかく、これで本日の3目めをゲットとなりました。

昨シーズンの経験から、狙いはズレて無いと思ったので、そのまま同じ狙い方とレンジで探っていくと~

クンッ!!とティップを持っていくバイトをキャッチ~~!!

グリグリ系のトルクのある引きで、メバルっぽい!

先ほどのムラソイの可能性もありますが、ラインも細いのでストラクチャーに擦られないように注意をしつつ水面に浮かせて、そのまま一気に抜き上げ~~

足元に映し出されたのは、本日、第1号となるメバルちゃん。

15cmは超えてきてます。
今のシーズンにしては、まあまあのサイズではないでしょうか?

綺麗でかっこいい姿に見とれつつ、リリースして次の魚を探していきます。

ロングキャストの表層引きでもメバルがヒット!

昨シーズンの実績ポイントを一通り攻めたタイミングで、ふと少し沖目で何かがピチャンと跳ねたのを確認しました。

明らかにボラではないので、もしや??と思い、音の聞こえたエリアへリグをフルキャストし、表層を早く巻いて探ってみました。

すると、一撃でヒット!

ギュンギュンと走るので、少しサイズアップした感じ。

引きは、明らかにメバルです。

何度か潜らせつつ、危険なエリアにだけは入らないように注意してやり取りをし、弱るのを待ちます。

ラインが細いだけに、抜き上げの最中で暴れられるとフックオフしたり切れたりしそうなので、慎重に~

そして程良く弱ってきた感じになったところで抜き上げ~~

のはずが、ドラグ設定がアジング仕様になっているので魚が重くて上がってきません。

おっかなビックリ、スプールを押さえて慎重に抜き上げ~

ライトの向こうに照らし出されたのは、明らかにここ最近の中ではベストサイズ。

そもそも、引きも全然違いましたが (^^

今後の調査の参考までに、サイズを測ってみると、18cm。

ここから20cmアップに持ち込むのが難しいのですが、そこは今後シーズンが進むのを待つしかなさそうで

リグの食い方をチェックすると、丸呑みしつつベロにフックが掛かっていました。

状態からして表層に浮いているアミを捕食している感じですね。

今後のヒントになりそうです。

アミを捕食しているとなると、ワームに加えてプラグも効きそう。

【サーティフォー 34 B★M ブックマーク】の出番も近々ありそうです (^^

その後、もう1匹を追加してメバル調査は終了。

メバル釣果により、本日、4目めを追加です。

ライトゲームは、これがあるから楽しいですね。

狙った魚以外にも、いろんな魚が相手をしてくれます。

しかし、ここから更に魚種の数が伸びていくとは思ってもみませんでした。

アジングに戻すと、珍客連発

メバリング調査終了も、まだまだ時間はあるので再度ポイントを変えてアジング調査を再開します。

少しサイズの良いアジが釣れればとの思いで、潮通しの良いポイントを選び、【MARS マーズ ストレンジャー30 GIGA】で探っていきますが、バイトが出ません。

どうも、ここ数回の釣行では潮通しの良いポイントの成績が芳しくありません。

私がド干潮付近のタイミングで入るからでしょうか?

カウント3くらいの中層からボトムまで丁寧に探ってみましたが、潮通しの良いポイントではバイトを引き出せなかったので、逆の発想で、思いっきり潮通しの悪いポイントへ移動してアジを狙ってみます。

ここでも中層では反応が無く、ボトムに狙いをチェンジして探ってみると、ようやくアジのバイトをキャッチできました。

なかなか食い込んでこないバイトを、細かい誘いで止めたり浮かせたりを繰り返していると、ようやくしっかりしたバイトが出てくれてヒットに持ち込めました。

引きを楽しんで上げてくると、水面間際で何かに引っかかた感じが??

水面の大きなごみに掛かったのか?と思って水面を目を凝らしてみていると、ラインが光ったような感じが?

誰かの捨て糸に掛かったのか?と思っていると、いきなりギュ~~ンと走ってドラグが出されました。

あれあれ??どなってるの??と思っていると、ふっと軽くなりましたが、魚は付いているようです。

抜きあげてみると~~

ゲッ!!真っ二つに食われてる!!

犯人はタッチーですね。

ラインが光ったように見えたのは、タチウオのシルエットだったんですね。

これが居るようでは、アジもビビッて居なくなっているだろうと思い再度ポイントをチェンジ。

しかし、奥の奥のポイントだったので、タチウオが入っていたことには少し驚かされました。

少し狙いの場所をずらして探っていくと、ポツポツとアジのバイトが続きます。

突っついてくるのですが、しかも軽くサビいてみると、咥えている感じまではするのですが、引っ張るとすっぽ抜ける・・・

そんなやり取りをしていると~

モンッ!

とアジらしからぬ鈍重なバイト感が?

一瞬、藻か何かに掛かったのか?と思いましたが、そこからジリジリとラインが引き出されます。

どうも魚のようですが、アジでもないしサバでもない。

あまり引かない・・・

でも重い~~

ドラグユルユルでやり取りをしつつ、ようやく水面まで魚を引きずり出してみると、何やら大きなロックフィッシュという感じ。

アコウか?と期待したのですが、これまた重くてスプールを押さえないと引き上げられません。

ラインブレイクの恐怖と戦いつつ、え~~いままよと、ロッドの弾性を活かして一気に抜き上げ!!

幸いにもラインブレイクせずに抜き上げに成功しました。

そして、その犯人とは?

グッドサイズのタケノコメバルでした。

タケノコメバルは、小型だとガシラと違ってスリムな子が多いのですが、20cmを超えてくるとグラマラスな個体になってくる場合が多いですね。

横持ちしてみると、派手なデザインに迫力のボディはなかなか魅力的です。

比較的汽水域に近い場所で多く見られるタケノコメバルですが、某K川の河口付近では普通に尺超えが出るという話しを釣り友さんから聞いたこともあります。

これはこれで、外道扱いされがちな魚ですが、立派なメインターゲットになり得る魚だと思います。

そして、これで本日、5目めを達成!!

最後はアジングで締め!のつもりが~

かなり数も釣ったし、時間もいい時間になってきたし、そろそろ撤収モードで移動することに。

戻りながら気になるポイントを撃っていきますが、タイドのタイミング的にも上げ始めで、潮はまったりとした感じ。

あまり期待できる生命感も感じません。

しかし、締めくくりにアジでも追加して帰りたいとの思いで【マーズ MARS ストレンジャー30 GIGA】にもう一度戻してアジを探していきます。

定番ポイントでは反応が無く、やはりダメかと思いつつ、少しぼんやり明暗のポイントで釣りをしてみると、リグの着底直後にコッ!コッ!とワームへのちょっかいを察知。

お、まだ反応するアジが居る??

と思い、すぐに同じラインに投げてチェックしてみると

カンッ!!

と激しいバイトでロッドがひったくられました。

おお~~デカアジか!!

と思ったのも束の間、プルプルと連続した手応えでひたすら走る~~~

出た!!バーサーですやん!!

右に左に元気よく走り回るサバ。

しかも、少し前に釣ったサバとは引きも走りも比較にならない元気良さ。

そういえば、昨日も今日も、何度か強烈なサババイトがあったな~

なんて考えつつ、慌ててあげようとすると切られるので、魚の走る方向をみて、変なモノに擦られないよう注意をしつつ時間をかけてあげていきます。

そして、観念して水面に浮いてきた魚を一気に抜き上げ!!

う~~ん、出ました!

尺サバ・・・

尺超を釣りたいライトゲームですが、サバだけは例外ですね~

やり取りは楽しかったのでOKなのですが、サバには申し訳ないのですが、サバだけは残念さが残るのは何故でしょうか??

サバで終わる訳にはいきませんので、引き続きアジを狙います。

バイトの感じからはアジも居そうな感じだったので、丁寧に探ってみることに。

時間も経過して、心なしか潮も動き始めており、少し期待が持てそうな雰囲気になってきました。

そして、やはりと言うか、バイトが出始めました。

なかなかしっかりと食い込んでくれないバイトに焦らされながら、ポロポロとアジが拾えていきます。

なんだかんだで、最後の方はプチ時合いに突入して、複数のアジを水揚げできたところで満足感も充足されてストップフィッシングとしました。

どのアジもヘッド部をしっかり食ってくれています。
やはり、長い獲物は頭から抑えに行くのでは?という想定は合っている感じでした。

ライトゲーム 6目釣り釣行 まとめ

と言うことで、気付けば6種類もの魚と出会えた釣行でした。

アジが意外にも手ごわくなっている点は想定外でしたが、それ以外は想定以上に上出来な釣果でした。

例年でみると、12月に入っても少しはアジが相手をしてくれる感じですが、今年はどこまで相手をしてくれるのか?

そして、メバルはどうか?タケノコやガシラは??

頑張って出かければ、何らかの結果が

期待と夢の広がるライトゲームです。

そして、驚きの釣果を誇る【マーズ MARS ストレンジャー30 GIGA】ですが、こんなに釣れるワームなのに廃盤製品とは・・・

シーバスのサヨリパターン用プラグのパラガスのように、どこかのメーカーさんから復刻版を出してくれることを期待しています。

超ケイムラワームなら、かなり大きな割合で似たような釣果が出せる気はするのですが、この長さとマテリアルの素材感、ラメの入り方などが絶妙なだけに、代替製品を探すには時間が掛かりそうです。

ネットショッピングでも、パラパラと在庫を見かけますが、“ホログラム”は本当に少ない(涙)

しかし、面白いワームに出会わせてくれたタケ師匠には、密かに感謝しています!!

<参考>タックルデータ

ロッド:サーティフォー 34 アドバンスメント DFR-511
リール:シマノ 16ヴァンキッシュ 1000PGS
ライン:エステルライン0.2号+東レ バウオ エクスレッド3lb

マーズ MARS ストレンジャー30 GIGA
ホログラムはなかなかありませんが、廃盤と言いつつ他のカラーは結構売っています。

サーティフォー 34 オクトパス1.8in“わさび”
まだ、一般販売はされていないカラーですが、グリーンが効くメバルには絶対に使える確信を感じます。一般販売を楽しみにしています。

■NABRA Chase Fishing TOP へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)