メバリング

【メバリング】 2016年 ワーム攻め、のち、プラグ特訓

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

昨日は、釣りに出なかった日に仕込んでおいたプラグゲームを試してみるべく、出撃してきました。

タイドグラフ的にはあまり良くないのですが、最近の傾向は上げがいい感覚を持っているので、期待を持って出撃することに。

フィールドは風も無く、絶好のライトゲーム日和となりました。
結果は、プラグでもそれなりに納得できる結果が出せて、良いプラクティスとなりました。

それでは、拙い内容ですが、釣行記にお付き合いください (^^

最初の結果はワームから

先ずはプラグで手早く探ろうと、【スミス メバペン・メバル】をセットしてポイントに入ったのですが、水面を眺めていても生命感が感じられなかったので、数投してみてすぐにリグをチェンジ。

風が無かったので、0.2gの【ヤリエ アジメバアーミー】に【サーティフォー 34 オービー1.6in】のはなちらしをセットして、ショートレンジを探っていきます。

非常に軽いリグですが、2lbラインなのでそれなりに飛んでくれます。

すると、すぐに答えが返ってきました。

表層付近の横の動きに、コツッ!とアタリがあり、そのまま重くなる手応えが。

スィープに合わせると、そのままグググッと魚の手応えが伝わってきます。

ラインが2lbなのでドラグは緩め。

気持ちよくドラグを鳴らして走ってくれます。

抜き上げ時の重さはまぁまぁの感じで、上がってきたのはお腹もプリプリのメバルでした。

アタリが小さかっただけあって、フッキングはギリギリといった感じでした。

リリースして、すぐに同じ攻めで探って行くと、数投目にグンッ!とバイトが。

今度はいきなりドラグを鳴らして走り出します。

一瞬、セイゴを掛けてしまったか?と思いましたが、跳ねないのでメバルと確信。

サイズが良さそうだったので、慎重にやりとりして、最後もしんどいながらも抜き上げ成功。

ヒレも大きくて、よく引く理由がわかりますね。

2lbのフロロカーボンライン【東レ ソルトライン メバリングフロロ】本当に強いですね (^^

そして、プラグの特訓を

とりあえず、良いサイズも釣れて満足できたので、ここからプラグの練習にシフトします。

ワームでこれだけ釣れるだから、ターゲットは居るのは間違いありません。

まず、近場の様子を探るべく【ラッキークラフト FCTストリームドライブ 45CB】を投入します。

幸いなことに潮の動きが出始めていて、時々ですがピチョンとライズが出ています。

近場は反応がないので、少し離れたところまでチェックすべく、【タックルハウス オルガリップレス43】にプラグをチェンジしてみることに。

フルキャストして、流れになじませて、巻かずに漂わせていると~

グン!と手元に重みを感じました。

ゴミではなく、魚だと確信してフッキングすると、元気に走り出しました。

距離があるのでやり取りも楽しめます。

ドラグを出されつつ、不用意にテンションを抜かないようにしてやり取りをして抜き上げ~~

ボテンと足元に転がったのは、先ほどよりは小さいながらも余裕で20cmアップのナイスメバルです。

プラグをほおばって怒っています (^^;

この魚が、一番最初の写真の魚で、オルガリップレス43を丸呑みしていました。
フックはリアが口元にかかっているだけで、フロントフックは鉤掛かりしておらず、プライヤーでルアーを掴むとコロリと口から出てきました。

プラグでしっかりしたバイトが出たので、このまま数が出るかも知れないと気合が入りますが、同じプラグではバイトが続きません。

時々ライズは出ていますが、そう簡単にはルアーに反応してくれません。

更に飛距離を出すべく、【モンスーン ガスティ50】を投入します。沖の方のボイルまで届くのはいいのですが、沈むのが早いのでどうしても巻かないといけません。

巻いてしまうと食ってくれない。。。

沈むけど、スローシンキングならどうにかなるかも?と思い【ジップベイツ リッジスリム60】も投入してみますが、どうも反応を引き出せません。

そこで、表層に浮かべておけるプラグで一番ウェイトがある【スミス メバペン・メバル】のクリア赤ラメに願いを託して投入してみます。

一番流れが効いていそうなエリアを狙ってルアーをキャストし、流していくと~

モンッ!

となんとも表現しにくい違和感をキャッチ?

疑心暗鬼で巻き合わせをしてみると、ロッドに生命感を感じます。

合わせを入れるタイミングを失ったので、そのまま巻き合せでフッキングに持ち込みます。

今度はさほど引かないのですが魚が付いていることは間違いありません。

そのままグリグリ巻いてきて、足元に跳ね上げてランディングします。

足元で確認してみると、リアフック1本のヒヤヒヤフッキングでした。

これで、表層系が反応が良いのは間違いないと判断し、そのまま【スミス メバペン・メバル】で押し通すことに。

スレさせないように、定期的にルアーをローテーションさせて攻めていくと~

【スミス メバペン・メバル】を流しているときに、コンっ!とバイトが出ました。

アタリは小さかったのですが、食い方が良かったのか?しっかりフックに乗ってくれました。

この魚も引きは抜群です。

上がってきたのは、ヒレしゃんの綺麗なメバル。

そう言えば、まだちゃんと調べてはいないのですが、ブルーバックと思っていたこのメバルちゃんは、どうもシロメバルのようですね。

胸鰭の筋の数を数えれば判別できるので、今度、持って帰った時には数えてみたいと思います。

しかし、白でもブルーでもいいのですが、とにかくメバルのプロポーションは抜群にカッコイイ。

釣っていても、この魚体を持つのが楽しみのひとつですね。

 

メバリングのプラグ訓練 まとめ +おまけ話し

以上、ワームから入りつつ、しっかりプラギングの練習ができた釣行でした。

今回は明らかに表層が強かったので、トップ系のプラグメインになりましたが、今後の季節の中では、もう少しシンペン系の特訓をしないといけないと思っています。

距離を出しつつ、狙うレンジをコントロールする。

これ、なかなか難しいですよね。

でも、これが出来て始めてメバルのプラッギングをものにしたと言えるような気がしています。

イメージですが、ジグ単に近い感覚です。

また、師匠にもアドバイスをもらいつつ、詰めていきたいと思います。

それと、おまけの話しですが、私のブログの釣果内容では、今のところ圧倒的に強い【サーティフォー 34 オービー1.6in はなちらし】ですが、先般、違う場所で釣りをしたライト師匠の話しでは、はなちらしカラーはバイトがえられず、【サーティフォー オクトパス1.8in】の広島限定カラーのこもちわかめカラーでのバイトが多かったそうです。

過去にも、グリーン系のカラーがメバルには強い時があると言う記事を書いたとこがあるのですが、水の色や自然環境の違いなども加わると、アタリカラーも変わってくるんだな~と感じた話しでした。

<参考>タックルデータ

ロッド:リップルフィッシャー リアルクレセント 65JH/TZ
リール:シマノ ソアレCI4+ C2000PGSS
ライン:東レ ソルトライン メバリングフロロ 2lb

ヒットルアー
サーティフォー 34 オービー1.6in

ヤリエ アジメバアーミー

スミス メバペン・メバル

タックルハウス オルガリップレス43

■NABRA Chase Fishing TOP へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)