アジング

【湾奥アジング】中アジはいずこに??

こんにちは!

NABRA Chase Fishing GONTA です。

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

前回の釣行は快心の結果が得られたので、引き続き中アジを狙うべく出撃してきました。

しかし、気候の変化も大きく、寒かったり、暖かかったりでフィールドの状況も目まぐるしく変わっているようです。

毎回美味しい釣りは、なかなか許してもらえないですね~

特に、今回の釣行は寒さが厳しくなったタイミングでの釣行であり、何かと厳しかったです。

では、湾奥ナイトゲーム釣行記。お時間のある時にお付き合い頂ければ幸いです。

小アジは釣れるものの、条件が厳しい

まずは、安定しているはず?の小アジの状況からチェック。

ここでアジが浮いているかどうかを見つつ、中アジ戦略を考えることに。

この日は寒さに加えて風が強く、リグについては【土肥富 オッズ Odz Flow Drive Head 1.0g】にてスタートすることに。

また、この日は新しいワーム(と言ってもカラーだけですが)を投入。

【サーティフォー 34 プランクトン】の新色“ひすい”カラーです。

薄いグリーン系のボディはグロー(夜光)になっていて、グリッターラメが混ぜられています。

同じく新色で“こはく”というカラーも出ていましたが、こちらはクリアイエロー系で“うこん”とカブっているように感じたので、今回はパスしました。

安定カラーの“うこん”については、結果が出なければ登場してもらうことに~

さて、定番の明暗ポイントを探っていくと、期待していたフォールでのバイトが無く、ボトム付近で誘ってあげるとバイトが出る感じ。

ただ、バイトの出方はかなりハッキリしており、ワームカラーがハズれていないことが確認できます。

ここで、小アジを数匹ゲットし、決して魚の活性が高くないことを確認しつつ、中アジ狙いに移動することにしました。


中アジはアタリもカスリもせず・・・

前週に中アジの結果が得られたポイントを順番に探っていきます。

横からの風が強くて、なかなか思ったようにリグを沈めることができず。

ラインが風に流されるので、リグを通すラインも変わってしまい狙い辛い。

何とか、前回釣れたイメージを思い起こして狙っていくのですが、少なくともフォール中にバイトが出ることは無く

ボトムタッチを中心に探っていくことになりますが、こちらは小アジのバイトも無く・・・

あまり足元までしつこく粘ることなく、手返しよく探っていくと、ようやくバイトが出てくれました。

しかし、フックアップしたその手応えは、小アジ~

周ってくるかも?と風と寒さに耐えつつ結構粘りましたが、結果は出てくれず。

おまけに、風は弱まるどころか強くなっていくので、この日の中アジ狙いはここで諦めることにしました。

残念でしたが、打つ手無し。

その後、戻りながら風裏で気になるところをチョイチョイ探っていくと、小アジはポロポロと釣れてくれます。


おまけに、ボトムをスローに攻めていると、アジとは違うバイトが?

しかし、引きは弱い??

なんと、上がってきたのは小メバル

こんなとこにもメバルが居るんだ~と感心しきり

それなりに小物釣りとしては楽しめたので、この日の釣りはここでストップフィッシングとしました。

中アジを求めたアジング釣行 まとめ

と言うことで、あわよくば連続で中アジ釣りを楽しめるかも?と思って出撃しましたが、なかなか厳しい結果となりました。

やはり、あのサイズとなると個体数も多く無いのと、湾奥の一ヵ所に長期間とどまることは無いようですね。

しかし、得られたこととしては、新色のワーム“ひすい”への反応がすこぶる良かったことでした。

アジのバイトがかなりハッキリ出てくれるので、アジには良く見えていてアピールできていることが確認できました。

私の場合、アジング用のワームは、グロー系よりも圧倒的にケイムラ系のカラーの出番が多いのですが、グローも十分釣れるね!という手応えは感じました。

年内のアジングではもう少し使ってみて、一軍カラー入りさせれるか?を詰めていきたいと思います。

<参考>タックルデータ

・サーティフォー 34 Providence FER-58
・リール:シマノ 16ストラディックCI4+ C2000S + ティクト CBSスプール S-22
・ライン:東レ ソルトライン スーパーライト ポリエステル 0.2号
・ワーム:サーティフォー 34 プランクトン ひすい

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)