アジング

【アジング】 Day-28 なが~いワームとケイムラの検証釣行

こんにちは!


昨日は昼間は雨模様で、夜に止むかどうか気にしていたのですが、仕事を終えて会社を出る頃には止んでいました。


そこで、先週楽しませてもらったロングケイムラワームで遊んでみようと思い、ライン巻き替えたてのタックルを携えて出撃してきました。


今回はケイムラだけでなく、細くて長いワームへの反応もチェックしてみましたので、その結果も書いてみたいと思います。
ポイントに着いてタックルをセットし釣りを開始します。


少し風があったので、ジグヘッドは0.9gさ0.7gかで迷いましたが、ワームが長くて吸い込みにくいであろうことを考慮して【サーティフォー 34 ザ豆】の0.7gにしました。

ワームは、例の【MARS ストレンジャー30 GIGA】のホログラムです。


1投目からバイトがあるだろうと集中していたのですがアタリません?


足元まで丁寧に探ればバイトが1度は出るのですが、反応がありません。


雨の影響でアジの付き場所が変わったのか?


ヤバい雰囲気を感じつつ2投目。


アタリません!


マジで?


この時期の湾奥のアジングで、バイト無いとか、無いんとちゃいますかね?


とにかく、そこから何投か試しましたがバイトが無いので移動する事にしました。


2ヶ所目のポイントでは、更にスローダウンすべく、ジグヘッドを【サーティフォー 34 ザ豆】の0.5gまで落としてみました。


先週にはフォール中にリグにアタックしてくる程アクティブなアジがいたポイントなので期待して探っていくと、待望の初バイトをキャッチ。


魚は居るので、後はこちらの腕の問題です。


しかし、バイトがあってもなかなか追従してきてくれません。


積極的に誘わないとバイトが出ないのです。


本当に日替わりで難しいのですが、だから面白いんですね、アジングは。


つついてきて終わりとか、押さえ込んでいる感じはするけど食わないバイトが続きますが、跳ね上げで浮かせた直後にバイトが集中する事を踏まえて、そこにフッキングチャンスを賭けて待っていると、ようやくロッドに生命感が伝わってきました。

バラさないように、且つ、活性の高いシーバスに横取りされないように注意しつつ抜き上げ~


さすがに掛かってくる魚は、しっかり食ってくれていました。

この食い方ですが、タケ師匠と話しをしていて、細長いベイトになるとアジも頭から食いにいっている確率が高いという話題が出ていたのですが、確かに頭を狙って食ってきている感じです。

その為にも、長いワームでもボディが折れ曲がって口の中に入るように、柔らかいことが重要になってくるということですね。

その後もバイトが続きますがなかなかフッキングしません。

ようやくフッキングに成功したと思ったら、何とも頼りない手応えが・・・

上がってきたのは、この時期に?と思うほど可愛い豆アジでした。

今日はこのサイズが多いからフッキングが渋いようです。

もう少しサイズの良いアジが居そうな場所に移動しても良かったのですが、なが~いワームで小さいアジを釣るのも面白いので、この日は豆アジ対策の練習と決めて腰を据えて釣りを続けることにしました。

なが~いワーム メデューサも試してみることに

その後、もう1匹追加した時点で少し潮が動き始めました。

釣りを開始した頃は潮がほぼ動いていなかったので、喰いが渋かったのはそのせいもあったのかもしれません。

少しバイトのアクティブさもアップしてきたのでワームを変えてみることにしました。

何に変えようかと迷っている時に、ふと目に入ったのが【サーティフォー34 メデューサ 2.8in】です。

晩秋の良いサイズのアジングくらいでしか使ったことがなく、出番の少ない状態でしたが、ストレンジャー30 GIGAでもフッキングするんだから、メデューサでも食うだろうと思ったのと、長いワームの方が反応が良いかも知れないとの思いで【サーティフォー34 メデューサ 2.8in】を使ってみることに。

因みに、このワームはケイムラでも何でも無いので、反応の違いがどうなのか?という検証も楽しみでした。

        
先ほどまでバイトがあったコースに早速投入してみます。

すると、明らかにバイトが少ない??

やはりケイムラ効果が大きいのか?と思っていると、誘い上げで浮かせたワームに

コンッ!!

ロッドをしっかりと立てて保持していたのでフッキングも決まりました。
        
若干サイズが上がった感じで、気持ち良い引きで楽しませてくれます。

そして、無事にメデュー サフィッシュもキャッチできました。

縞模様が綺麗なアジでした (^^
その後も1匹追加するも、明らかにバイトが少ないことを確認。

長いことでアピールできているのは間違いないかと思いますが、アジはケイムラで見えている要素が大きいのがよくわかりました。

メデューサにケイムラ系のクリアカラーがあれば良いのですが、ラインナップされていません。

残念・・・

ストレンジャー30に戻してケイムラ効果を確認

最後は、改めて【MARS ストレンジャー30 GIGA】のケイムラパワーの反応を見てみることにしました。

ポイントも最初に無反応だった場所へ戻ってみることに。

潮が動き始めてアジが入ってきているかも知れないとの狙いです。

かなりバイトも増えてきたので、スタート時との反応の違いも楽しみでした。

そして答えはすぐに出ました。

キャスト~フォール~着底

即バイト!!

アクティブにカツカツと追い喰いしてきます。

バイトを感じつつ、タイミングを見計らってリグを止めたり浮かせたりしていると~

グググ~~と元気よく持っていくカウンターヒット!

カウンターで掛かった時は、掛かりが浅いのが怖いのですが、バッチリ口の中に入っていました。

その後も飽きない程度に連続バイト。そして連続ヒット。

ケイムラパワー恐るべし!!

通常のワームをケイムラ化する作戦を考えないといけないような気がしてきました。

因みに、釣り友さんから聞いたのですが、ケイムラのワームと普通のワームを同居させておくと、ケイムラが普通のワームの方へも移る?ようです。

これは最後の手段の認識ですが、メデューサのクリア系のワームにケイムラ伝染させてみるのも面白いかも知れないと思いました。

               
   

<参考>タックルデータ

ロッド:サーティフォー 34 アドバンスメント DFR-511
リール:シマノ 16ヴァンキッシュ 1000PGS
ライン:エステルライン0.2号+東レ バウオ エクスレッド3lb

MARS ストレンジャー30 GIGA

サーティフォー 34 メデューサ 2.8in
イメージはタイラバのネクタイのようですが、ロングワームという点では効果大ですね。

■NABRA Chase Fishing TOP へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)