メバリング

【メバリング】2017年 Day-5 地元コラボ調査 & 便利グッズ

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

昨夜は風も無く非常に暖かい夜でした。

週末はまた寒くなるみたいですので、束の間の暖かさという感じですね。

昨夜は、少し前から約束していた釣り友さんと地元の未開拓ポイントを調査してきました。

メバルをはいると確信はしているのですが、何せやったことがない場所なので全くのゼロからの調査です。

さて、結果はどうなるか?

お時間のある時にお付き合い頂ければ幸いです。。

初場所での調査は難航

さて、仕事の関係もありポイントに着いたのは結構遅い時間。

釣り友さんも仕事の関係で遅くなり、結果的にほぼ同じ時間くらいになったので、少しだけ先に着いた私は準備をしつつ待つことに。

この日はフィールドの状況が全くわからないことから、いろんな状況に対応すべく少し長めのタックルを導入。

【リップルフィッシャー リアルクレセント 76/TZ WR】に、【シマノ 13ソアレCI4+ 2000HGS】にフロロカーボンラインの【東レ ソルトライン メバリングフロロ】の2.5lbの通しで臨みます。

結果的には風がなかったのでPEラインでも問題は無かったのですが、水深やストラクチャーの状況がわからなかったので汎用性を優先してフロロにしました。

準備も終わった頃に釣り友さんも到着し、2人で調査を開始します。

2人とも初場所なので、まずは地形などを見つつ条件の良さそうな場所へエントリーします。

釣り友さんはオーソドックスにジグ単でスタート。

私は、風が弱いために浮いているかもしれないメバルを意識して、固定フロートの【オーシャンルーラー アクティブフロートLC】に【サーティフォー 34 ストリームヘッド】の0.3gをセットして釣りを開始します。

ワームは【サーティフォー 34 タープル 1.6in】の”はながすみ”を投入。

水がクリアなので、闇夜に点発光のアピールに期待です。

護岸際から、沖まで探りますが、残念な事にこの日は潮の動きが非常に緩慢で潮目も何も出てくれません。

それでも地形的にはメバルが入ってきても不思議ではない感じなので、粘って探っていきますが、なかなか答えは返ってきません。

しばらく我慢して粘りましたが、どうも答えが出ない=外している感じなので、とりあえず魚を触りたくなり、攻め方を変えることにしました。

リグを【デコイ デルタマジック】の2.2gに、【オンズタックルデザイン ワインドシャッド40】のモエビカラーにチェンジ。

根掛かりに注意しつつボトムを探っていきます。

結構根がキツイなぁ〜と思いつつ、軽く小さくダートさせて探っていくと〜〜

モゾッ!

おや?魚かも?

とロッドを立てて聞いてみると、非常に弱々しい生命反応が…

藻が掛かってきたような感じで上がってきたのは、極小サイズのガシラでした。

やはり塩分濃度が高いエリアはガシラ率が高いですね。

まぁ、これで完全試合は回避したと一安心しつつ、引き続き探り続けますが、どうにもバイトを引き出せないので、釣り友さんと話しをして、少し場所移動する事にしました。

完全にロックフィッシュにシフトするも難航

移動した先では、少しだけメバルの可能性を意識しつつも、まずはガシラを釣ろうとボトム中心をチェックしていくことにしました。

しかし、こちらも想定以上にボトムの変化が激しく、横の動きでボトムを狙うと一撃で根掛りそうな雰囲気がプンプンします。

そこで、少し角度を付けてバーチカルに探っていくも、魚からの反応がありません。

正直、この狙い方をすればポロポロとでもガシラなら釣れるかとタカをくくっていたのですが、世の中そんなに甘くありません。

少し投げて護岸から離れたストラクチャーを探ってもダメ。

バーチカルもやはりダメ。。。

あまり厳しく攻め過ぎると根掛かるので、そこまで突っ込んで攻めきれず、中途半端な釣りに終始してしまいました。

釣り友さんと、いろんな釣りの話しをしつつ探り続けましたが、話しは弾みますが釣果は弾みません。

そして、気がつくと予定してたい終了時間になっていたので、ここで素直に諦めてストップフィッシングとしました。

メバリング Day-5 コラボ釣行 まとめ

と言うことで、一通りの考え得る方法でチェックしてみましたが答えにはたどり着けずに終了となりました。

初めての場所は魚の付き場どころか、水深さえわからないので、デフォルトで調べないといけない事が多く、もっとちゃんと時間をかけて調べないといけない事を痛感しました。

一足飛びに結果を求めても、やはりダメですね。

ただ、これまでの釣りの経験の延長で試した釣りはハマる可能性は感じました。

本当はもう少し客観的な情報があれば更に絞り込めそうなのですが、この日は信じてやり続けることができませんでした。

これも、繰り返しになりますが、もっと経験の積み上げが必要だと感じました。

もう少し季節が進んだら、改めて攻めなおしてみようと思います。

また、釣り友さんとのコラボは楽しめました。

ライトゲームに留まらず、地元のルアーフィッシング全般をネタにしていろいろと意見交換・情報交換ができ、こういう釣りも大事だなと痛感しました。

基本は単独釣行ですが、振り返ってみるとタケ師匠に手を引いて連れていってもらったことで、かなり習熟に要する時間は短縮することができましたし、教えてもらうだけでなく、いい意味で“盗む”という観点でも他の人と釣りをさせてもらうことで得られるメリットは計り知れないものがあります。

今後も得られる機会は積極的に掴んでいきたいと思います。

最後にタイトルにも書きましたが、便利グッズについてです。

これは【ダイワ D-パーツスレッダー】というアイテムです。

たまたまネットで見つけたアイテムなのですが、これ、ナイトゲームで細い穴にラインを通す時に非常に便利です。

これを見つけるまでは、100均で売っている糸通し(裁縫道具)を使っていたのですが、針金部分が短くて不便を感じていました。

これだと針金部分が長いので、ウキ止めなどのパーツを複数個セットしておくことが可能です。

これだと、自宅等で先に通しておいて釣り場に持ち込むことができるので、釣り場での作業が楽になります。

専用のアイテムと聞くと高いイメージがありますが、実売価格は2個入りで400円程度。

倍と言えば倍ですが、単価は200円程度です。

ダイワ D-パーツスレッダー

サーティフォーの製品で、Sキャリー用のウキ止めとシモリペットをセットで一気にセッティングしてしまう商品もありますが、発送は同じようなところから来ている感じです。

因みに、この商品は磯釣りを意識したものですが、ルアー釣りでも十分活用の余地があります。

他魚種用のアイテムで利便性アップの為のアイテムがいろいろと出ていますが、同じ釣りということもあり、ルアーフィッシングに応用できるものが結構多いものです。

皆さんも、釣具屋に行った際には、自分の目当てのジャンルの釣りのコーナーだけでなく、店舗を広くチェックしてみるといろんな面白いアイテムが見つかるかもしれませんよ (^^

<参考>タックルデータ

ロッド:リップルフィシャー リアルクレセント 76/TZ ワイドレンジ
リール:シマノ ソアレCI4+ C2000PGSS

サーティフォー 34 ゼログラ VerⅡ ダブルハンドル
ライン:東レ ソルトライン メバリングフロロ 2.5lb

ヒットルアー
オンスタックルデザイン ワインドシャッド40
ロックフィッシュには絶大な効果あり。ナチュラルなカラーでも波動で誘えるのがありがたいです。

デコイ デルタマジック
ワインド用のワームでなくてもヘッドが受ける水圧だけでダートさせることができるのが魅力です。

■NABRA Chase Fishing TOP へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)