タックル関連情報

【タックルインプレ】極小スプリットリングには、これだ!

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

今回はライトゲームに役立ちそうな、と言うか役立つアイテムのご紹介です。

ライトゲーム用のプラグって、フックも小さいのですが、スプリットリングがめちゃくちゃ小さいですよね。

シーバス用で使っていたプライヤーのスプリットリングオープナーではなかなか上手く掴めない!って経験されてませんか?

ストームのプラグなどはラパラ系列の流れを汲んで?スプリットリングが大きいのですが、国内メーカーさんのプラグはどれも小さい。

ルアーが小さいだけに、スプリットリングを大きくすると、一気にパランスや浮力が変わってしまうので、安易にリングを大きくも出来ない。

今までは、スミスさんから出ている、クリップタイプのリングオープナーを使っていたのですが、クリップタイプなだけにグリップ力が弱くて、リングを挟んで回すにもリングがズレる。

家で交換している分にはまだ良いのですが、釣り場で交換するとなると上手くリングが掴めなくてイライラ〜

そんなイライラから解放してくれるアイテムを見つけました。

たまたま、INXレーベルのホームページを見ていて、【Fin-ch フィンチ スプリットリングオープナー】と言う製品を発見。

WEBサイトに掲載されていた画像から、先端のカギ状の爪の部分がとても小さく、且つ、プライヤーの先端の部分も非常に細いので、リングを回す作業もやり易そう。

と言うことで、モノは試しと買って見ました。

まずは、一緒に購入したプラグ【ジップベイツ リッジスリム60SS】のラインアイの所に付いているスプリットリングを外して見たのですが、掴み方を注意しなくても、サクッとリングの重なっている部分に先端部のカギ状の爪が入ってくれます。

ちょっとピンボケで済みませんが、ちょうど良い感じでリングの開口部を確保できています。

まぁ、このスプリットリングは大きい方なので簡単に掴めても驚きはさほど無し。

で、日頃悪戦苦闘している【タックルハウス オルガリップレス43】のフック交換に挑戦。

このリングは本当に小さいのですが、挟みたい部分が簡単に掴めてしまいました。

挟んだ状態で発生するリングの隙間も絶妙で、すんなりとフックの着脱が出来てしまいました。

因みに、オルガリップレスはキャストを続けていると、フロントのフックがヘッド部に引っかかる事象が頻発します。

これは釣りをしている時には結構なストレス。

なので、私はフロントフックの番手を少し落として#18に交換しています。

#18のフック、探してみると意外と販売されていません。

そもそも、この番手までのフックがラインナップされていないものが多いです。

私は、【オーナー カルティバ スティンガートリプル ST-36RD】を愛用しています。

赤バリは、釣り人側のテンションを挙げてくれます (^^

最後に、この【Fin-ch フィンチ スプリットリングオープナー】ですが、残念ながら楽天等の一般ネットショップでは扱っているところが見当たりません。

関心のある方は、以下のリンクにてINX.LabelさんのHPを確認してみてください。

無料で会員登録ができ、WEBショップから購入が可能です。

他にも、気になるプラグなども販売されています!

INX.Label Fin-ch スプリットリングオープナー

■NABRA Chase Fishing TOP へ

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)