メバリング

【メバリング】2017年 Day-41 本命バラしまくり フックチェックは大事

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

週末が諸事情により釣りに行けないので、昨夜は今週最後のメバリングに行ってきました。

前日の良いイメージを引きづって、この日も結果が出るか?

では、釣行記いってみたいと思います〜

天気予報では風が弱いハズだったのですが、現地に着くとかなりの風…

なかなか思う通りに釣りはさせてもらえません。

まずはプラグの釣りを確認すべくポイントに入りますが、何ヶ所か入り直すもどこもザブザブで釣りにくい状況。

そこで仕方なく風裏になるジグ単ポイントに入ることに。

しかし、潮位も低く、バイトも出ずでしばらくは我慢の釣りを強いられます。

何ヶ所か気になるポイントを回りつつ、少し潮位も上がってきたタイミングで、ようやくバイトが出始めます。

数日前の雨の影響か?かなり濁っていたので【サーティフォー 34 タープル1.6in】の”はながすみ”で探っていると〜

コツッ!

反射的にフッキングすると、ロッドに重みが乗ります。

よし、ようやく掛かったと思うも、すぐにテンションが無くなり、痛恨のバラし。

この状況でバラしは、ポイントも潰しますし最悪の失敗。

予想通り、そこでのバイトは無くなり、仕方なく別の場所に入り直します。

すると、そこでもまたバイトが!

ルアーをゆっくりと横の動きで通していると〜

コツッ!

ビビビ〜

フッキング後にすぐ元気に走るのはレギュラーサイズの特徴ですが、まずは本命ゲットだと慎重にやり取りを始めるも、またもすぐにテンションが…

マジかいな?

と凹みつつ、再度場所移動。

するとそこでもまたヒット!

今度こそはと思うも、すぐにテンションが無くなり、またまたバラし!

ワームをチェックし、何でやねん?と何気なくフックをチェックすると、あり得ないほどフックポイントが鈍っていました。

使っていたのは、かなりの期間使い回していたジグヘッド。

知らずの間に何かに引っかかったタイミングで針先が潰れていたようです。

完全なる初歩的なミス。

言っていく先の無い自分のミスです。

急いでフックを交換して探り直して行くも、目ぼしいポイントはことごとく潰した後…

明らかに時合いに入っていた感じだったのに、その後は探っても探ってもバイト無し。

時間も時間なので、この日は本命を諦め、最後にボトムロックに相手をしてもらうべく、リグをチェンジすることに。

【デコイ デルタマジック】の3.5gに、【オンスタックルデザイン マナティ38】の王道コンビで探っていくと〜

ワインドさせてステイした後、サイド誘おうと動かした瞬間に

コッ!

ボトムロック特有のバイトが!

フッキングすると、しっかりと乗ってくれました。

グリグリとトルクのある引きで、緩めのドラグがチリチリと音を立てて引き出されますが、そこはゴリ巻きで浮かせます。

上がってきたのは、まぁまぁサイズのタケノコメバル。

心優しいボトムロックに遊んでもらえたので、この日はここでストップフィッシングとしました。

しかし、本命の3バラシは本当に残念。

しかし、しかし、自分のミスだし、どうしようもありませんね。

釣りにおいては、ラインとフックが1番大事だと日頃考えて釣りをしていたのに、知らずの間に初心を忘れて痛い目にあってしまいました。

何事も基本が大事と思い知らされたナイトゲームでした。

しかし、大物が掛かった時のミスに繋がらないように神様が戒めてくれたと、ポジティブに解釈します。

また、フックはチューンの話しも記者にしたいと思いますが、針は大事と改めて痛感しました。

■TWO by TWO 漁港ヘッド
フックはしっかりしているので良型メバルにも安心して使えます。

■サーティフォー 34 タープル1.6in

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

34 タープル Tadpole1.6 【メール便OK】
価格:486円(税込、送料別) (2017/4/21時点)

 

■NABRA Chase Fishing TOP へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)