タックル関連情報

【新製品情報】シマノ 2021年NEWタックル 第2弾 ロッド編

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んで頂きありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

少し間が空いてしまいましたが、今回はロッド編を書いてみたいと思います。

しかし、話しは少し逸れますが、ダイワのルビアスも良いですね。

既に釣具屋の店頭では展示されており、触ることができたので触ってみました。

値段もかなりお高い?ですが、これまでのルビアスのイメージからかけ離れた感じで、予算次第では大いに購買スコープに入ってくる機種ではないか?と感じました。

また、シマノのベイトリールは既に予約販売が開始されており、具体的な実売価格を見ることができました。

SLX BFS は正直驚きのある価格で販売されていましたので、前回の記事に実売商品のリンクを貼っておきました。

ご関心のある方は、またチェックしてみてください。

今回はシマノのロッドについて、気になる機種についてピックアップしてみたいと思います。

では、お時間のある時にお付き合い頂ければ幸いです。

注目株の廉価版シーバスロッド

シマノのシーバスロッドと言えば、エクスセンスシリーズですが、それ以外でもシーバスを中心したゲームフィッシングロッドは多数リリースされています。

今回私が注目したのは、1万円台のシーバスロッド

廉価版の【ムーンショット MoonShot】です。

<出展:シマノ HP>

シーバスロッドと書きましたが、表現としてはショアキャスティングゲーム用のロッドなので、サーフからのヒラメ狙いや、堤防や磯などからの青物狙いまで視野に入ったロッドになります。

技術的には、ブランクスの強化構造として『ハイパワーX』が採用されており、軽さと強度のバランスが確保されています。

ラインナップも8フィート台から10フィートオーバーのミディアムヘビークラスまで揃っているので、まさにショアからのキャスティングゲームの範囲はクリアされているかと思います。

ライトクラスのS90Lであれば、バチパターンのシーバス狙いもハマりそうです。

価格については驚きの1万円台

定価で16,000円~19,000円なので、非常にお手頃です!

これからシーバスゲームを始めたい方には、入り易い価格帯ではないかと思いますし、ある程度経験されている方でも、そこまで気合を入れて拘るつもりが無い(気軽に遊べればよい)という方にもちょうど良いのではないでしょうか?

発売は、2021年2月とのことですので、近々店頭でも見ることができるかと思います。


廉価版ゾッディーンがモノコックに!

続いてバス用のロッドです。

シマノの廉価版ハイパフォーマンスロッドと言えば、【ゾディアス】ですね。

YouTuberのマスゲンさんも愛用しているロッドですが、そのコスパは誰しもが認めるところかと思います。

そんなゾッディーンこと、ゾディアスがカーボンモノコックグリップになっています。

アッパーミドルのポイズン・アドレナくらいから導入されたと記憶しているカーボンモノコックグリップですが、とうとうゾディアスにも採用されるようになりました。

<出展:シマノ HP>

軽さと感度を手に入れたゾディアスはまさに無敵の領域に進化したと言えるのではないでしょうか?

ワンピース以外にも、センターカット2ピースもほぼすべてのラインナップで揃っており、陸っぱりアングラーにも嬉しい限り。

電車や原付、自転車での移動には2ピースロッドの利便性は非常に大きいと思います。

また、スピニングタックルにおいては、ヴァンフォードとの組み合わせで最強の感度と操作性をを手に入れることができるようになったとも言えます。

価格については、定価でほぼ1万円台ですので、ヴァンフォードとの組み合わせで考えれば強烈なコスパタックルになることは間違いありませんね。

<出展:シマノ HP>

シマノのHPでも、いろいろなシチュエーションに合わせた適合タックルのガイダンスなど、非常に力の入った紹介がされています。

バスロッドの底辺を支える機種として、メーカー側の期待も見てとれますね

これまでも関心は持ちつつ、エクスプライドにとどまっていたのですが、今年はゾッディーン、買ってみたいと思います。

スコーピオンにもラインナップ追加

続いてスコーピオンシリーズです。

私も愛用させてもらっているスコーピオンですが、今年は汎用性に優れた『2番』シリーズに7フィートモデルが追加となっています。

これまで、7フィートぴったりのモデルは『3番』でした。

テキサスやジグ系の釣りにはこれでジャストなのですが、スピナーベイトやミノーなどを使うには少し硬いかな~という感じなのですが、ここに7フィートが追加。

陸っぱりで、1652Rでは少し飛距離が足りないというアングラーにはちょうど良いモデルになるのではないでしょうか?

ベイトフィネス的なスタイルにもある程度使えるのではないか?という気がします。

また、ビッグベイトなどをメインに使いたい方にマッチする『7番』クラスも追加。

琵琶湖などのヘビキャロなどでも使える気はしますが、他にもウィードドーム撃ちなどにも使えるかと思いますし、とにかくパワーゲームを展開したいアングラーにはちょうど良いロッドではないかと思います。

8フィートを超えてくると取り回しがしんどくなりますので、8フィート弱と言うのもちょうどいい感じですね。

これら追加機種については、2021年3月から販売開始ということです。

シマノ 2021年新製品 ロッド編 まとめ

と言うことで、シマノの2021年NEWロッドをピックアップしてみました。

スコーピオンのように追加ラインナップも注目ですし、ゾディアスやムーンショットのような刷新モデルも良いですね。

ここ最近の釣具を見ていると、ハイエンド系への展開と言うよりは、コスパの高いレンジの製品が強化されていることと、価格も据え置きや低下してきているのではないかと感じます。

やはり、釣具にもデフレの影響が出てきた=安くてコスパが無いと売れない、ということでしょうか。

ダイワのカルディアなどでも、新製品の方が安いという事象が発生しています。

各メーカーさんも世情を反映した製品展開の必要性を理解して頂けていることを感じます。

安くて良いものが使えるなら、それほど有難いことはありません。

これからも、新製品は注目しつつ、気になったものがあればこちらのブログにてピックアップしていきたいと思います。

 

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)