タックルインプレ

【チニング釣行】ベイトフィネスタックルで挑戦!インプレも!

こんにちは!

天気予報では、週の後半は雨の予報で、水曜日は仕事の関係で釣りに出れない、ということで、仕込んだベイトフィネスタックル試すには今だ!と言うことでベイトフィネスタックルを抱えてチニングに出撃してきました。

チニング 新戦力はこちら!

持ち込んだタックルはこれ!

アブガルシア ソルティーステージKR-X ベイトフィネスカスタム】。
ソルティーステージKR-X ベイトフィネスカスタムは、かなりのラインナップを取り揃えているのですが、今回私が選択したモデルは、7.4フィートのソリッドティップモデルです。

■アブガルシア ソルティステージKR-X ベイトフィネスカスタムのHP 


リールは【シマノ コンクエスト101】です。バス釣りのクランキング用として長らく愛用しているリールですが、ソルト対応リールなので、今回のベイトフィネスタックルに組み込んでみました。

ラインは【東レ バウオ エクスレッド】の10lb。フロロカーボンラインです。師匠からも、落としのチニングは、感度も大事だが、足元のスリットに潜られるリスクが高いので、PEラインよりもフロロカーボンラインの方がいいよ、と言われていたので、素直にフロロカーボンラインを選択しました。
【東レ バウオ エクスレッド】は、今年に新発売されたラインで、ラインのポンド表示別にラインの特性が専用設計されています。
20151005_11
■東レ バウオ エクスレッドの検索はこちら

一見、バス釣り用のラインのイメージですが、当然ソルトシーンでも全く問題なく使えます。10lbは、バス釣りにおいてもベイトフィネスゲームの分類で、魚を掛けた後のガチンコ勝負にベストマッチなラインです。
 

これで、落とす、泳がす、サビく、の釣りで40アップのマチヌを狙います。

ベイトフィネスタックルで実釣開始

釣り始めは、ほぼド干潮のタイミング。ここから、上げ潮で活性の上がる魚を狙います。

これまで反応の良かった横に動かす釣り方で探って行きますが、どうも反応がありません。
小さいキビレの突っつきバイトばかりで、良型のガツンと持っていくバイトが遠い状況。

そんな中、ようやくグッと穂先を持っていく重いバイトが出ましたが、フッキングでスカを踏みます。
久々のフロロカーボンラインの通しのタックルでどうもタイミングをつかめません。

そして、またもモタッと重みが乗る反応があり、合わせると、上がってきたのはワタリガニ(^^;;

どうも歯車が合わない中、何とか1本とねばりましたが、後数回、シッカリバイトを逃して終了〜

まあ、こんな日もあるわ、と自分に言い聞かせて撤収しました。

結果は出なかったけど、インプレ

今回投入したソルティーステージKR-X ベイトフィネスカスタムですが、軽さは秀逸でした。7フィートあるとは思えない取り回しの良さで、1回の使用で惚れ込んでしまいました。
ただ、ロッドが軽過ぎるので、コンクエスト101とでは、ちょっとバランスが悪いと感じたくらいです。コンクエストでも、十分軽いんですけどね(^^;



竿の感想としては、ベイトフィネスカスタムと言うだけあって、全体的にややダルんとした感じ。
まぁ、このくらいでないと、6lbや8lbのラインなら切られてしまいますので、これがいい感じなんだろうと思います。
穂先はソリッドティップなのですが、ハッキリ言って、ライトゲームロッドのスピニングロッドである【ブルーカレント 77/TZ NANO】よりも細かったです(^^;;

今回はフロロカーボンラインを使ったので、最近使ってきた極細PEと比べると感度の鈍りは否めない感じですが、数メートルの落としの釣りでは十分な感度を持っていると思いました。感度の問題については、もう少し使ってみて、実際に魚を掛けてみないと何とも言えないとろこではありますが。

ただ、もっと敏感にバイトを感じて、掛けに行く釣りが好きな方なら、同じラインナップにもチューブラートップのモデルもあるので、そちらの方が相性がいいかも知れないと感じました。

また、ラインの強度の面では、障害物しだいですが、ベストマッチはフロロカーボンラインなら8lbかな、という気もしました。【東レ バウオ エクスレッド】なら、根擦れ強度もあるので、まず切られることはないかと思います。

後は、このセッティングで早くチヌ・キビレを掛けて入魂あるのみです。



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)