釣りTips

【釣果アップ】視覚に訴えてバイト増産

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。
NABRA Chase Fishing GONTA です。

今回もまたまた面白いアイテムを見つけてしまい、且つ、是非とも紹介したいアイテムだったので記事にすることにしました。

類似の商品はこれまでもあったのですが、今回紹介する商品はジャッカルとシャチハタが共同で開発した製品になります。

ここまで書いても、何の商品なのか?わからないですよね?

では、そこは本文にてご確認ください。
お時間のある時にお付き合い頂ければ幸いです。

バイトマーカーを任意に演出

では、そのアイテムが何か?明かしていきます。

バス釣りなどでは昔からあるのですが、ワームなどを蛍光色のバイトマーカーを自分で仕込むアイテムがあります。

メジャーどころでは【SPIKEIT ディッピングローマーカー】

また、その液体にガーリックの匂いなどを付けて更にバイト誘発力を上げたりするものもあります。

黄色の蛍光色などは、ペン形式のモノもあるのですが、今回紹介するのはこのペン形式のマーカーになります。

製品名は【Artline®イレグイマーカー】

<引用:ルアーニュースR

”イレグイ”というキーワードだけで、釣り人側がイレグイです(^^

ハンコで有名なシャチハタとジャッカルがコラボして企画・製作しており、主にケイムラを含んだ塗料を使ったカラーラインナップになっています。

個人的には、カラーの油性マーカーを使ってメタルバイブレーションに色を付けたり、フックを赤針にしたりという加工を昔からしています。

この加工方法で簡単にグリキンなどのカラーリングができ、一見上手くいったように見えるのですが、致命的なのが、水に投入して使っていると、あっと言う間に塗装が剥がれてしまうのです。

剥がれる理由はよくわかりませんでしたが、海水などに晒すことで塗料が硬化したりして、ルアーを巻いている時の抵抗や着水の衝撃に耐えられずに剥離してしまっていた感じがします。

なので、すぐにこの加工方法は止めてしまいました。

今回の商品は、釣り具メーカーのジャッカルが一緒に製作しているので、前述のような欠点は克服されているかと思います。

実際、製品の紹介画像でも、メタルジグなどに塗った加工例が出ていたりしますので、プラスチックのプラグでも使えるし、金属のメタルジグなどに使っても大丈夫な耐久性は備えた製品だろうと思います。

また、ペン先も、油性マジックのようなフェルトペン先ではなく、筆ペンのようなペン先になっているので、細かく塗ることもできるし、広い面積を塗ることもできるようになっています。

<引用:ルアーニュースR>

ジャッカルと言えば、バス釣りから始まりつつ、今となってはソルトジャンルでもありとあらゆる人気ルアーを発売しているので、どちらかと言うと今回の製品はソルトシーンを意識しているかと思います。

では、次にカラーについてチェックしてみましょう。

ケイムラカラーを中心に充実のラインナップ

カラーラインアップについては、従来品とは比較にならないほど充実したカラーが揃っています。

全8色ありますが、その内、イエローとレッド以外は全てケイムラを含んだカラーになっています。

<引用:ルアーニュースR

先にも書いた通り、プラグなどのハードルアーにも使えますし、メタルジグにも使えます。

<引用:ルアーニュースR

勿論、ワームにも使えますので、アピールしたい度合いに応じて塗布する範囲を自由に変えることができるのがメリットかと思います。

<引用:ルアーニュースR

商品紹介動画では、ジャッカルにビッグバッカーなどのメタルバイブレーションに塗っているので、私が過去にトライした使い方にも対応していることが伺えます。

ルアーに塗ることを前提とした製品なので、簡単に剥がれ落ちることはないかと思います。

また、こちらのブログでは、過去にケイムラカラーのワームがアジやメバルに高い効果が見込まれることを記事にしていますが、このアイテムがあれば、ベースのワームにケイムラを期待しなくてもよいので、使うワームの選択肢が一気に広まります

ペンの方でいろんなカラーリングができるので、むしろベースはクリア系の方が何色にでも出来てしまうメリットがあるぐらいかもしれません。

また、フックへの塗装もできるようなので、カラーフックを自分で作ることもできそうです。

<引用:ルアーニュースR

アイデア次第でいろいろな使い方が出来るかと思います。

【Artlineバイトマーカー】まとめ

と言うことで、ルアーやワームを手軽にカラーチューン、ケイムラチューンできるアイテム【Artlineバイトマーカー】をご紹介してみました。

これまでの類似の製品でワームのテール部などをチャートカラーにするだけで、バイトが得られるようになったという話しも聞きますので、こちらの製品の戦闘力はかなり高いと思われます。

アジングワームを探す時も、私はケイムラを含んでいるカラーイチオシなのですが、実際の店舗では狙いのワームでケイムラカラーがゲットできず通販頼りになったりしていました。

実釣のシーンでは、いろいろな状況があるかと思いますが、アジでもメバルでも、ケイムラがバイトチャンスを増やしてくれるのは間違いありません。

ルアーのカラーは釣り人側が『釣れる気』になるかどうかの大事なファンクションだと思います。

この製品のおかげで気持ちよく釣りに集中できるようになるなら、非常にありがたい限りです。

しかし、ジャッカルさんはルアーメーカーとしていろんなカラーのワームを販売されていますが、クリア系ワームでケイムラチューン含めて対応できるとなると売れ筋のカラーが絞り込まれてしまうかもしれませんね。

まずは一度入手して実際の使い勝手など試してみたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)