釣りTips

ワームのウェイト検証 暇なコトシリーズ第2弾

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

暇なコトシリーズ、第2弾です。

先般、頭出ししたワームのウェイト検証です。

リグの重さを考える時に、どうしてもシンカーやジグヘッドの重さに目が行きがちですが、実はワームもかなりのウェイトを持っています。

ただし、ワームの場合は素材の比重が軽いので、水中に入るとシンカー ほど重さは発揮せず、逆に水の抵抗を受けてフォール速度を殺す効果が強い、という事も忘れてはいけないかと思います。

では、実際に計測してみましょう。

TOPバッターは、師匠の肝いりワーム、ダミキジャパンのバンザイタロウ。

ハサミが大きくてアピールも大きい。けれど、素材はかなり柔らかい方で食い込みは抜群、という感じのワームです。

少しお尻はカットしてありますが、ワームだけで1.3gもあります。

次に、私にとっての実績ワーム、エコギア チヌ職人 バグアンツ2インチ。

こちらはガタイもいいので、結構重そう。塩もふんだんに入ってそうだし。

計測結果は、1.87g

お尻をカットしていてこのウェイトなので、フル本体では2g近いと思われます。フォール速度も速く、深い棚を探るのには向いていると思います。

最後は、ブロビスのクロウデットシュリンプ。

こちらはほとんど使いませんが、持っていたので比較参考として重量を計測してみます。

このワームも非常に柔らかい素材で、且つ、シルエットも小ぶりです。

小さいジグヘッドに向いていますね (^^

計測結果は、1.22g やはり軽いですね。
 

とまあ、わかった所で、何?というお話しですが、そこは暇なコトシリーズとしてご容赦ください。

次はフックでも測ってみようかな??

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)