チニング

サイズアップは至難の技 ブリーム釣行記

こんにちは!

遅ればぜながらですが、本日第2弾、昨日の釣行記です。
昨日もメインの目的は練習 (^^
釣れれば御の字。と言いつつ、釣りに出るからには釣る気満々です(笑)

こないだから、縦の動きの釣りと、横の動きの釣りをいろいろと試しているのですが、未だに決定的なヒントをつかむことなく、中途半端に釣れ続いています。が、間違いなく言えるのは、狙って釣れていない、と言うことです。

縦の釣りにはクロー系、横の釣りにはストレート系と言う考えから、まずは早くサーチして魚の活性を確認すべく、ガルプ サンドワーム2インチから釣りを開始します。

水面下、1.5m~2mラインを手早くチェックしていくと、数メートル移動した時に、プンッ!と比較的小さなアタリが、しかし、次の瞬間、ロッドは一気に舞い込みます。
ひじに竿尻を当てないと、手首だけではのされる勢い。
これは、ナイスサイズ行ったか?と思った次の瞬間、水面で首を振りながら跳ねる魚の姿が・・・
釣れて嬉しいのですが、シーバス様です (^^;
水面で数回跳ねさせると、オートリリースとなりました。

場所が荒れたので、少し離れたポイントに移動して、チェックを再開します。
タナは変えずに、探っていくと、ババタレっぽいバイトが頻発します。
しかし、送り込んでも食わないので、かなりのババタレと見えます。
バイトが合っても、食い込まないバイトは無視をして深追いせず、どんどん流していきます。すると、さびいて止めてフォールさせたワームに、ガツンっ!とバイトが。
久々にいいバイトです。

が、引きはほどほどサイズを物語ります。。。
ライトがないのですが、水面でサイズを確認して、抜きあげ~
計測するまでもないサイズ。
釣れてくれたことに感謝して、即リリース。


シェイプの長いワームは、バイトはあっても食い込まないので、ワームをインチホッグに変更します。

フィールド内での一級ポイントに差し掛かったタイミングで、何かに引っかかったような小さな違和感が?
軽く効きあわせを入れると、グ~~ンと走ります。
この引きはブリーム系確定!

今回はなかなかの引きなので、慎重にやり取りしてランディングはしましたが、「マジか~~」と叫びたくなるサイズでもなし・・・

35cmにも満たない、微妙なサイズです。
ぜも、魚体はきれい。
怒っているのでヒレもピンピンです。

バイトが浅いタナに集中しているので、レンジを絞って丁寧に探りますが、残念なことにシーバスのバイトが邪魔をします。

3本ほどシーバスを掛けたアタリで、久々に、ブリーム系のガジガジ来るバイトが。少し送り込んだり引っ張ったりして、じらしていると、一気に食ってきました。
しかし、この魚も、サイズはほどほどで、求めているサイズとは少し違う感じ。


最後に、もう少しだけボトム近くを探ってみようと、いったんボトムを取り、そこから少し浮かせて誘っていると、コンッ!と言う小さ目のバイトの後で、ロッドが持っていかれます。しかし、サイズはそこそこ。。。
更に言えば、色が違う (^^;

ここでガッチャンの登場です。
しかも、デカい。
メジャーで測ると、25cmを少し超えていました。

ちょうどキリがいいので、ここでストップフィッシング。
しかし、今の釣りもかなりコツがつかめてきましたが、このままではサイズアップは難しい感じです。
ちょっと、行先を変えてチャレンジしてみることを模索中です。

■タックルデータ
ロッド:アブガルシア ソルティステージ KR-X ベイトフィネス 742MLS
リール:テイルウォーク エラン マイクロチューン 73L
メインライン:東レ バウオ スーパーハードプレミアムPLUS 8lb

■NABRA Chase Fishing TOP  へ



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)