タックル関連情報

【2024NEWアイテム】シマノ カルカッタコンクエストにマニアックなSP-Edition登場

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んで頂きありがとうございます。
NABRA Chase Fishing GONTA です。

さて、年末も迫り2023年も終わりに近づいています。

既に多くのメーカーから2024年の新製品リリースのニュースが飛び交っているところですが、新製品の中でも毎年特に目玉となるのが国産大手メーカー系のリールになります。

なぜかロッドよりもリールに注目が集まるのはなぜかな?という気もしますが、やはりロッド以上にリールは”機会モノ”であり、新しいテクノロジーが見た目や触った感じで体感しやすいというのが理由なのかなとも思います。

と言うことで、今回は2024年にリリースされる新しいリールをピックアップ。

ダイワのIMZのような”全く新しいリール”や、既存製品のフルリニューアルという話しではありませんが、なかなかマニアックなところを突いてくる製品になります。

では、お時間のある時にお付き合い頂ければ幸いです。

カルコンにシャロースプールモデルが登場

では、具体的に製品を見ていきたいと思います。

今回ピックアップするのは【シマノ 24カルカッタコンクエスト シャローエディション】になります。

<出展:シマノ公式HP>

製品の番手表示で見ると、今までのシマノのベイトリールでは見たことのない30番台のリールになります。

スプール径は、既存のカルカッタコンクエストの100番と同じ33mm径スプールとなっており、スプールの深さが浅溝化されています。

シャロースプール版ということで、当然、軽量ルアーのキャストを意識したリールな訳で、【シマノ 23カルカッタコンクエスト BFS】との関係が微妙かな?と感じますが、そこはシマノ的には明確に切り分けがされているようです。

【シマノ 23カルカッタコンクエスト BFS】は渓流や管理釣り場のトラウトゲーム、そしてソルトのライトゲームなども意識したリールですが、【シマノ 24カルカッタコンクエスト シャローエディション】はあくまでもバスフィッシングにおいて軽量ルアーや近距離戦を念頭に置いたリールと言うことです。

スプールについては”MGLスプールⅢ”を採用しているので、キャスト時のスプール回転の立ち上がりなどは間違いなく良いフィーリングになっているかと思います。

<出展:シマノ公式HP>

なので、【シマノ 23カルカッタコンクエスト BFS】はスプール径が29mm径と、アルデバランBFSと同じスプール径になっていますが、【シマノ 24カルカッタコンクエスト シャローエディション】は33mm径を採用しているということですね。

『ベイトフィネスが必要とされるシーンで使えるリールなのかな?』と思っていましたが”そういうリールではない”、ということを前提としてこのリールを見ないといけません。

なお、駆動部は当然ながら”マイクロモジュールギア”や”インフィニットドライブ”が採用されているので、巻き心地の面でも”間違いないリール”であることも明らかです。

ギア比はHGモデル(7.4:1)しか無いようなので、最大巻上長は77cmと決して早い方ではありません。

この点からも、ルアー回収効率が釣り易さを左右するベイトフィネスに使うと言うよりは、巻き物の釣りをターゲットにしているリールという感じです。

<出展:シマノ公式HP>

最後に触れておかないといけない点が見た目の部分かと思います。

コンクエストシリーズなので丸形リールである点は大きく変わりませんが、とうとうコンクエストシリーズに3色目が投入ということになります。

2017年に【初代カルカッタコンクエスト BFS】が登場した際、シルバーのボディに『これはコンクエストではない!』と言う評価もありました。

今回はつや消し系のマットブラックということで、シーバス用のエクスセンスなどと同じようなカラーになりました。

”コンクエストシリーズである”と言うことを忘れるなら、シンプルに”渋くていい”という評価があるかと思いますが、ゴールド→シルバー→マットブラックとなると、コンクエストの愛好者の評価は微妙かもしれませんね。

私個人としては、これはこれでアリではないか?と思ってみました。

シマノのシャロースプールエディションをチェック

ついでと言っては何ですが、シマノのシャローエディションリールを見ておきたいと思います。

多くのシマノのリールの中で、シャローエディションというモデルがあるのは意外なことにメタニウムだけになります。

<出展:シマノ公式HP>

それだけ、個々のリールはフィネスか?スタンダードか?パワーゲームか?にそれぞれの用途に特化されていると見るべきかと思いますが、一番のオールダウンダーとしての評価が高いメタニウムだけに、浅溝で軽量リグの使用に振ったモデルが追加でリリースされたと言うことかと思います。

ただ、シャロースプールについては過去からもニーズがあり、そのニーズは”夢屋”のオプションパーツとしてカバーされてきました

しかし、メタニウムについてはリール自身も10gの軽量化が図られており、究極のスタンダードモデルからテクニカルモデルに振ったモデルをリリースしており、それだけシャローエディションの潜在ニーズがあるということかと思っています。

カルカッタコンクエストにしても、シマノのベイトキャスティングリールの中で唯一の丸形スタンダード(お値段はハイエンドですが)としての立ち位置を確立しているだけに、少しニッチではありますが、軽量リグのキャスティングの快適性や、近距離戦におけるキャスト精度に絞ったニーズもあり、今回のリリースにつながったということかと思います。

シマノ 24カルカッタコンクスト シャローエディションまとめ

以上、簡単ではありますが、2024年に新たに投入される【シマノ 24カルカッタコンクエスト シャローエディション】について見てみました。

マットブラックの見た目はロッドとの相性も結構選ぶのかな?という気もしますが、複数のタックルを並べて使っている場合は選びやすいというメリットはあるかもしれません。

本文中で触れていませんでしたが、堅牢性がウリの丸形リールということで、リール重量は220gと既存のコンクエストシリーズと重量は同じです。

コンクエストBFSが200gを切っていることと比べると、やはり軽量タックルの優位性が高いフィネスな釣りには向いていないという見方もあるかもしれませんが、バスフィッシング用のロッドとの組み合わせを前提とするなら、バランス的にも問題は無いのかもしれません。

2024年はリアルにフィッシングショーが開催されるようですので、ショーの会場で実機を触ってみる楽しみがひとつ増えたと思っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)