アジング

久々の【コラボアジング】 やはりオービー1.6in 反則カラー強し

こんにちは!

今回は、久々にライト師匠とのコラボアジングのお話しです。

オーシャンルーラーのテスターでもある師匠、レンジキープや波動AJIでしっかり釣られてました。
その釣り方を見ていて、改めてアジングでは間を演出する技術の必要性を認識しました。
私はと言えば、また、【サーティフォー オービー1.6in】に助けてもらいました (^^

コラボアジング 開始

週末で仕事も早めに終われて、早い時間から師匠と合流します。

毎週ミーティングでは話しをしているのですが、コラボアジングは久々です。

どこが良いか話しをしながら、ポイントに到着。そそくさと準備をしてポイントに向かいます。

風はとても弱く、アジングには絶好の日和です。
しかし、ファーストポイントは不発。
二人でやって、バイトもないので、アジは居ないと判断して、すぐに移動。

下げ真っ最中なので、潮通しの良いポイントを目指します。

途中で、少しだけ、溜まりになっているポイントをチェック。アジが入っていれば、高確率でアタるポイントなのですが、反応がありません。

ダメかな〜と、移動を考えていると、足元くらいで、コツっ!とバイトが?

あ、アタリました〜  と師匠に言った直後にツツッ!とヒット。
前アタリで心の準備が出来ていたので、フッキングも決まり、この日のファーストフィッシュをゲットです。

サイズはほどほどですが、アジがいる事は確認できたので、期待感を持って本命ポイントに移動します。

 

本命ポイントでコラボアジング 成立

本命ポイントでは、まずは沖の明暗の上層〜中層を探ります。
アジが浮いていれば反応はあると思っていたのですが、反応は無し。

そこで、思いっきり手前の、足元の明暗を探ってみます。
すると、数投目にツツッ!と反応が。

足元には居ることがわかったので、師匠にも伝えて、丁寧に探っていきます。
ボトムをとってから、少し誘い上げながら着底させつつ引いてくると〜

ツッ!と反応が!

フッキングすると、ロッドに生命感が宿ります。この魚もサイズはほどほどですが、このポイントでのヒントをくれる貴重な1本になりました。
足元の、少し深めのレンジにアジが居ることが確認できたからです。
しかも、やはり、この日も反応が得られたのはクリア系の「はなちらし」カラーでした。

師匠はソリッド系のカラーを使われていたようですが、クリア系で釣れた事を伝えて釣りを再開します。

続けて、明暗のエッジにリグを投入して、雑談をしつつフォールさせていると、ツツッ!っとバイトを感知。


フォール中だったので、食い込みも良く、フッキングもバッチリ。

沖向きの深めのレンジだったからか、少しだけですが、サイズアップです。

横では、師匠も小さいバイトに悩まされつつも、コンスタントにアジを掛けています。

私はザ豆。師匠はレンジキープ。ジグヘッドのフックのサイズもシャンクの長さも全く違います。
私的には、レンジキープで魚を掛ける自信はありません。密かに、流石だなぁと思いながら見ていました。

ちゃんと、フワフワの瞬間を作って、吸い込める間を作って食わせています。

ポロポロと釣れるので、こういう時はいろいろ試そう、と言うことで、【サーティフォー ストリートヘッド】0.8gに【サーティフォー メデューサ 2.8in】のきんカラーのセットにチェンジします。クリアボディにきんラメが効くかどうかです。

少し食い込みを良くする為に、ワームの頭部分を数ミリカットしてジグヘッドにセットします。
アジのサイズは、豆と言うほど小さくないので、これでも充分食い込むはすです。アジが居ればバイトが得られる確率が高いので、サーチベイトになるし、意識的に間を作って食い込ませる練習にもなります。

沖目にキャストして、ボトム付近を誘う意識で誘っていきますが、バイトは簡単には得られません。

しかし、数投目に足元の明暗にリグが近づいてきたタイミングで、誘いあげの後のフォール中に、ツツッ!とバイトが。結構大きいバイトだったので、余裕を持ってフッキングも成功。

今度は、結構な引きで、ドラグは出されるし、ロッドはいい感じで曲がってくれています。
いい走りで楽しませてくれましたが、フッキングがいいのか、バラさずにキャッチに成功。

口元を確認すると、【メデューサ 2.8in】をすっぽりと吸い込んでくれていました。
これは、指でリグを押し込んでも、なかなかここまで入ってくれませんよね (^^

手尺でざくっと図った感じでも、18cm前後くらいの、ここ最近では良いサイズのアジをゲットできました。

同じタイミングで、師匠も釣っていたのですが、この魚を境に、一気にバイトが無くなってしまいました。

師匠も同様のようで、そこそこ楽しめたので、ポイントを大きく変えることで意識が合い、移動することに。

車に戻る途中で、自分の中での鉄板ポイントをちょこちょこと撃っていくと、【サーティフォー ストリームヘッド】0.8gに、【サーティフォー オービー1.6in】はなちらしカラーでポロンとヒット。

個体数は少なさそうですが、居るべきところには、薄く広く居る感じでした。

しかし、最近は「反則カラー」と書かれているはなちらしカラーにすっかりお世話になっています。
水質が少しクリアに近くなってきているので、ピンクのラメが効いているのかも知れません。

いずれにしても、少し前まで鉄板カラーであった、ソリッド系カラーのだいだいは効きにくくなっており、クリア系カラーの反応が良くなっているのは間違いありません。

カラーの違いによる反応の違いがハッキリしており、面白いですね。

時間も時間だったので、移動先を最後のポイントにしようと、師匠と竿を出しますが、アジもロックフィッシュも反応無し~

私は、一度だけ、アジらしきバイトがあり、ワームがずらされたので、少し集中して狙ってみたのですが、正体不明の大きな魚がバイトしてフックオフしただけで、他は根掛かりばかり。
師匠も反応を得られないとのことなので、ここでストップフィッシングとしました。

週末のコラボアジング まとめ

今週はシーバスからアジングまで、幅広く遊ばせてもらいました。
おまけに、週の最後では、久々のコラボアジングも成立して、納得できる釣行でした。

師匠的には、久々の近場でのアジングだったようで、本命のアジを2桁ほど釣られて納得の様子でした。

基本は単独釣行の多い私ですが、このようなコラボ釣行は、自分が普段やっている釣りについて良い棚卸になるし、考え方やテクニックの勉強にもなるので、非常に有意義であると感じました。

また、勝手知ったるメンツで出撃すると、釣りをしている間は、必要以上に干渉し合わないので、自分のペースで釣りができるのも、嬉しいところです。

さて、来週はどんな釣りをするか、今から妄想タイムを楽しみたいと思います。

サーティフォー メデューサ 2.8in  大きなシルエットはサーチベイトとしても活躍してくれます。

■NABRA
Chase Fishing TOP へ




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)