メバリング

【メバリング-Day43】 久々の記録更新 しかし、目標まで後一声!

こんにちは!

昨日はGWの中にある残念な平日。

世の中では10連休なんて羨ましい話も聞こえる中、年度最初の月次を放置出来ない私は、残念な出勤日でした。

そんな残念な平日には、ストレス解消に出撃するしかありません!

という事で、メバリングDAY43に出かけてみました。

頑張ればいい事もあるもんですね(^^)
結果は、後一声が残念なところではありますが、久々の記録更新となりました。

新しいラインでメバルを狙う!

この日は、少し前に釣り友さんから頂いたラパラの今年の新製品、ラピノバ0.18号に巻き替えての出撃でした。


約2ヶ月ほど、リアルクレセント65JH/TZに合わせるPEラインとして、ラビズム-Xの0.09号を使ってみていたのですが、前回も含めてここ最近切られることが何度かあったので、エキスパートモデルは私にはまだ早いと諦めて巻き替えたのでした。

ポイントに入ると、天気予報では風は弱いはずだったのですが、予想に反して結構風が強く吹いていました。

そこで、まず最初はプラグからという事で、調達したての【オルガリップレス43-GP】をリグって投入。
この日はこれが投げたかったという要素も大きいのが本音でした。

重心移動があるので良く飛びます。
ラインとの相性も良さそうで、ストレス無く飛んでくれます。

気持ち良くキャストを繰り返しますが、風表のベイトが溜まっていそうな場所では反応が出ません。

ここで諦めてはいけないと、前回の気持ち良いバイトをイメージしつつ約1時間ほどひたすら気になるエリアで投げまくります。
しかし、表層でのライズなども確認できないので、目線を少し変えてショートレンジで狙えるポイントでウィンドドリフトで探っていきます。
要は巻かない釣りにシフトです。

何ヶ所か流している間に、ココッ!と明らかに魚のバイトが得られた場所がありました。

メバルかどうかわかりませんが、何かが居ることが確認できました。

ジグ単で攻め直すと~激バイト!

この時点でバイトは1度のみ(汗)

雰囲気は悪くないのですが、どうも渋いようです。

先ほどバイトがあったエリアは一度はそのまま通り過ぎ、リグを【ヤリエ アジメバアーミー】の0.2gにチェンジしてアタリがあったエリアに戻ることに。

ワームは、欠品の調達を完了させた【サーティフォー 34 オービー1.6in】の”はなちらし”です。

風もちょうど弱くなってきていたので軽いリグでも何とかリグの存在を確認できる状態です。

ポイントに戻り、ジグ単を軽くキャストし、スローにスローに探って探っていくと~


一瞬何かが触れたか?と感じた次の瞬間、ロッドを落としそうになるほどの激バイト!

ジィィィィィィィィィ





ロッドが一気に海面めがけて突き刺さると同時に、ドラグが悲鳴を上げてラインが出されます。

最初の走りがあまりに重く強烈だったので、これはチヌじゃないか?と思いました。

ストラクチャーを回避するようにロッド操作して、ファーストラインでラインが切られることは何とか避けることができました。

しかし、スキがあればまたストラクチャーの方へ逃げ込もうと抵抗します。

この日はラインが少し太いということで、気持ちドラグは強めに設定していたので、それが奏功して魚の走りを最小限に止められた感じです。

少しずつ移動しながら魚との間合いを確認し、同時にランディングネッドの準備をします。

息はハァハァですが、自分でも意外なほど冷静に対処できていました。

ライトを照らすと、茶色い魚体が水面でノタノタと泳いでいます。

メバルか?アコウじゃないのか?と半信半疑でネットに魚を滑り込ませます。

そしてネットに収まった魚をライトで照らすと、これまでも明らかに見たことのないサイズのメバルがそこに横たわっていました。

しばし脱力。



 

そして、足元の良いところへ魚をネットに入れたまま移動します。

一度、落ち着く為にショートタイムのオフを取り、ネットから魚を取り出して眺めます。

これはマジでデカイ。

間違いなく自己記録は更新しているサイズです。

これで尺があるのか?無いのか?

恐る恐るメジャーを当てると~~

NOoooooo・・・


30cmは明らかに無い・・・(泣)

もっとギリギリ30cmくらいかと思ったのですが、泣き尺にさえ届いていません。
やはり尺の壁は厚かったです(涙)

しかし、これでも明らかに自己更新サイズのメバル。

Take師匠曰く、尺よりも28cmくらいの魚が一番引くらしい、とのことだったので、この日のあの引きが最強の引きだったのか?

ラインを巻き替えずに臨んでいたらと思うと、冷や汗ものでした。

これまで何度か切られていたのも、シーバスではなくこのクラスのメバルだったのかも・・・

なんて妄想を楽しみつつ、写真に収めて海にお帰りいただきました。


次は尺を超えて私に釣られてください!!

惰性でもう一匹追加し撤収~

気分的には、この日の釣りは終わった感じです。

早々に片付けて撤収しても良かったのですが、こういうサイズの魚が居る時には、他にも良いサイズが居るかもしれないと思い、帰りながら気になるポイントをチェックしていきます。

すると、風裏になっているエリアで、気のせいかライズが出ているような?という感じだったので、ライズが出てたと思われるエリアへジグ単をキャスト。

スローに巻いてくると、ゴゴンッ!とヒット。


シーバスではない引きですが、それなりに強い引き。

しかし、瞬殺で浮いてきたのでそのまま抜き上げると~

18cmくらいのナイスコンディションのメバルでした。

この魚は、心なしか背中が青いような??

とりあえず、狙ったポイントで気持ち良く追加できたので、いつもよりはかなり早い撤収タイミングでしたが、ここで帰路にくつことにしました。

メバル記録更新釣行 まとめ

改めて考えると、先にも書いたように、これまでもチャンスを逃していたのかも知れないとも思うのですが、出会っていたとしても獲れていないのが実力ですね。

この日の魚も、もっと細いラインでは獲れていなかったような気がします。

ラインを頂いた釣り友さんにも感謝。

そして、私の為に?引き出しを開け続けて頂いている師匠にも感謝です。

更には、信頼して使い続け、そして結果をもたらしてくれた【サーティフォー 34 オービー1.6in】の”はなちらし”にも感謝です。

今回は泣き尺にさえ届かないサイズではありましたが、これで夢の尺がまだ夢として残ってくれたような気もします。でも、その距離は徐々に、でも確実に詰まっていっているような気もします。

近い将来、更に大きなメバルを釣ってみたい。
そんな気持ちになったこの日の釣行でした。



<参考>タックルデータ

ロッド:リップルフィシャー リアルクレセント 65JH/TZ
リール:シマノ ソアレCI4+ C2000PGSS
ライン:ラパラ ラピノバ 0.18号+東レ バウオ エクスレッド5lb

ヒットルアー
サーティフォー 34 オービー1.6in
“はなちらし”

ヤリエ アジメバアーミー 0.2g

↓読んで頂いて、気が向いた方はワンクリックお願いします。更新の励みになります!


■NABRA Chase Fishing TOP へ





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)