その他日記

【釣り日記】久々の週末ファミリーフィッシング 惨敗編

こんにちは!

NABRA Chase Fishing GONTA です。

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

先週末は運動会Weekということで自分の釣りはお預けとなっていたのですが、何と子供の方から『釣りに行きたい!』との陸エストが!!

考えてみれば、上の子供が小さい頃は何かと時間にも余裕があったのでサビキ釣りなどのファミリーフィッシングにも行っていたのですが、子供も大きくなり、習い事などが土日にも入ってきたりして、ファミリーフィッシングから遠ざかっていました。

では、久々に行ってみようか?

時期的にはサビキで何かは釣れるはずの季節だし!

そう、釣れるハズ・・・

せっかくの週末の子供の期待を、こんな形で裏切ることになろうとは自分でも思っていませんでした。

そんな週末ファミリーフィッシングの釣行記。

お時間のある時にお付き合い頂ければ幸いです。

釣具屋で道具・エサの準備はバッチリ

釣行したのは日曜日の午後。

午前中は運動会ということで、お昼ご飯を食べてからののんびりしたタイミングでの出撃でした。

事前にチェックしていた地元の釣具屋さんや海釣り公園などの情報では、サビキは厳しいという情報が目立っていました。

しかし、その情報の大半は、メインターゲットのアジの回遊が少ない、というものが多く、イワシやサッパは釣れているような感じの情報が多かったので、『まぁ、行けば何とかなるだろう!』と安易に考えつつ釣具屋にエサを調達しに向かいました。

釣り自身は、もちろん数釣りが楽しめるハズのサビキ釣り。

某フィッシング〇ックスでアミエビを購入。

昨年くらいから気になっていた、チューブのような容器に入ったアミエビ。

シャンプーのパッケージのようになっていて、パッケージからエサを絞り出すことで手を汚さずにアミエビをサビキカごに入れることができるという優れもの。

いくら手を洗っても、アミエビの臭いってなかなか取れないので、デフォルトで手につきにくい構造は大いにありがたいところです。

サビキ仕掛けそのものは過去に買ったものがあったので、敢えて追加購入はせず。

しかし、今回は下の子供が釣りをする気満々なので、少し短くて扱い易い、リールとロッドがセットになった激安タックルを1タックル購入することにしました。

正直、安物買いの何とやらで、安いものを買うと一撃でダメになる。

数千円追加で払うだけで非常にマトモ度がアップするタックルが手に入るのはわかっているのですが、激安中国タックルの実力も改めて確認してみたくて、セットで3980円のものを買ってみました。

もちろん、ナイロンラインは巻いてある状態です。

最後に、アジが回ってきた時には高確率で大物をキャッチすることができる、アオイソメのエダスオプションも思い出して、アオイソメを300円分だけ買い、釣り場に移動することにしました。


想像以上の、人、人、人

運動会が終わってからの出撃で、真昼間に釣り場に着きました。

出向いた先は、阪神間では超メジャーフィールドの南芦屋浜ベランダです。

この釣り場、埋め立て地の周囲全体が釣り場になっており、非常に恵まれた立地にあります。

しかし、昨年の台風の影響を受けて、広大な釣り座を誇っていた南向きの一面(1km以上は余裕でありそうな広大なエリア)が立ち入り禁止の状態のままになっていました。

行政もいろんなところに歳出があったと思うので、仕方ないんだろうとは思いつつ、1年経っても修復されていないのってどうなん??と感じたのは私だけでしょうか?

話しを自分の釣りに戻しますが、さすがに真昼間は釣果も悪い情報が多かったので少しは釣り人が少ないかな?(朝いちで来た人はどんどん帰るはず)と思い、子供とのんびり釣りができると思っていたのですが・・・

完全に読みが甘かったですね。

釣りができるゾーンのベランダは一面釣り人だらけ~

入れるところ無いんじゃねーの?というくらい満員御礼の状態です。

とは言いつつ、子供とフラフラと歩きながら何とか竿を出せそうな場所を確保することができました。

サビキの準備をしつつ、周囲の釣況を見てみますが、どこもかしこも釣れてない(涙)

『今朝はサビキの釣果も上向いています』的な情報に踊らされてきてしまったのは、自分達だけでは無さそうです。

皆さん、足元狙いから、ちょい投げで飛ばしサビキで、それぞれ思い思いのアプローチをされています。

が、とにかく釣れてません。

タックルの準備をしようと、まずは買ってきたロッドからセットしようと振り出しロッドを引き出してみたところ、なんと・・・

いきなりティップのガイドが抜けました!!

中国タックルであることは理解はしていましたが、まさかいきなりティップが抜けるとは。

とりあえず、無理やりガイドを押し込んでサビキをセット。

かごにチューブ式のアミエビを入れて海に投入してみますが、魚の姿は全く見えず。

残りの2タックルにもサビキをセットして臨戦態勢を整えますが、海にはボラの姿しか見えません。

サッパくらいは簡単に釣れると思ったのですが、全くの無反応。

あまりに何も釣れないので、子供が退屈し始めてしまい、途中でオヤツを買いにいく羽目になってしまいました。

夕方の一瞬の時合でかろうじて・・・

さて、一旦、長男をお留守番に残しつつ近所のスーパーへ買い出しに。

飲み物やら、オヤツやらを買って釣り場に戻ったのが午後3時前くらい。

買い物に行っている間に何か変化はあったか?と長男に確認しましたが、周囲で魚が釣れた形跡は一切無し。

それにしても、北風が強まってきて東向きの釣り座では横風が強くて釣りが非常にやりにくい状況です。

そうこうしている間に、朝から組が一部帰られたので、少し風裏になる場所に空きが出ていて、そこへ移動。

釣りはし易くなりましたが海の状況は全く変化無く、平穏無事な時間が過ぎていきます。

気が付くと、時刻は4時を回っています。

なんだかんだで釣れないのに辛抱してくれた子供達もさすがに限界かな?

と思っていた矢先、隣で釣りをされていた家族のサビキにイワシらしき魚がヒットしました。

この期に及んで回遊か??と思いつつ、急いで網かごにアミエビを充填して掘り込みます。

更に、海を見ていると表層に近いレンジを何かの魚の群れが泳ぎ回っています!

これが隣でヒットした魚の正体か?

それまでボトムメインで狙っていたのですが、急いで表層に狙いを変えるも、群れはサビキを避けて泳ぐだけ・・・

アミエビを巻く量が少ないので、魚を一か所に引き留めておけない上に、サビキを見切られている感じです。

小型回遊魚と言えども侮れません。

そうこうしている間に、隣のファミリーがまた釣ります。

焦る俺!

しかも、我が家が使っていたチューブ式のアミエビが底をついてしまい、巻き餌をできずにサビキだけを垂らさないといけない羽目に~

こんなことなら、もっと置いておくんだった~

いつもアミエビが残ってしまって勿体ないので、この日は釣れていない時間帯も頑張って餌を巻いていたのですが、これまた裏目に出てしまいました。

しかし!このタイミングで何と、長男のサビキに魚がヒット!

とにかくブチ抜け!と指示して、バラさずに無事に上がってきたのは、ウルメイワシ君でした。

アジでもなく、カタクチイワシでもなく、サバでもなく、なぜウルメイワシ??

まぁ、釣果情報でウルメイワシが釣れているのは知っていたのですが、我が家に釣れるとは。

しかし、全くの丸ボーズよりは良しと思うしかないですね。

子供はひとしきり釣れた魚を触って遊んでいるので、そんな子供を横目に頑張りましたが時合は一瞬で終了。

周囲でも釣れたのは隣のファミリーだけ・・・

これだけの人数でアミエビを巻いても魚を呼び寄せられないんですね~

あまり遅くまで粘ると子供の晩御飯に差し掛かってしまうので、この日はダメな日!と割り切って釣り場を後にしました。

週末ファミリーフィシング まとめ

と言うことで、想像を絶する厳しい釣りを強いられてしまった久々のファミリーフィッシングでした。

一番楽しみにしていたのは下の子だっただけに、釣らしてあげられなくて残念。

すぐに今週リベンジに連れていってあげようかと思っていたのですが、今週は台風19号の襲来で釣りどころの話しではありません。

また、季節が進んで昼間でもある程度コンスタントに釣れるようになってからリベンジしたいと思います。 それと、帰ってから安物タックルを軽く水で洗ったのですが、以前に買った激安ロッドは、ガイドのフット部の金属が錆びていました(汗)

普段自分が使っているタックルでは、水洗いなどしなくても(リールは少しメンテしますが)錆など出たことがなかったのですが、本当に鉄を使っていることを再認識させられました。

なので、今回は軽く錆を落としてオイルを塗布して錆除け対策を施して保管しました。

最後に、安いタックル繋がりですが、タケ師匠が面白いリールの情報を送ってくれました。

天下のダイワさんから格安リールがリリースされています。

その名も【ダイワ 19MR750】

なんと、4ボールベアリング+1ロールベアリングで、自重が165g!!

とにかくコンパクトで軽い!!

しかも、定価が5,500円!!

ハンドルは45mmのマシンカットハンドル

これはファミリーフィッシング用に買いかもしれません!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)