釣り関連日記

【雑談】リールの故障と思っていたら・・・

こんにちは!

今回は、どうでもいい話しなのですが、こんなこともあるんだ、と言うお話しです。

先日のハゼング釣行で“リールが壊れた”と思っていたのですが、正確にはパーツが一部外れていただけでした。

まぁ、外れていただけと言いつつ、本来外れないはずのパーツなので、戻すのに四苦八苦しています。

外れていたパーツは、リールのスプール受け部に取り付けられている、ドラグ音を出す為の“ドラグ音出しラチェット”というパーツです。

下の図の「15」のパーツです。

20160722_1

スプールの内側に取り付けられている“スプールピン”がこのラチェットに当たって「チリチリ」とドラグ音を出す仕組みになっているのですが、普段、あまり意識していないですよね?

確かにスプールを外すと目に付くパーツなのですが、その役割まではあまり意識していませんでした。

この「15」のパーツは、「16」のスプール受けパーツに対して「17」の六角形のバネで固定されているのですが、このバネが外れて「15」のパーツが外れ、結果、ドラグ音が鳴らないようになっていたのでした。

ここまで構造がわかると、「もう一度、“ドラグ音出しラチェット”をセットし直せばいいのでは?」と簡単に思ってしまうのですが、実際にハメようとすると、非常に取り付けにくいのです。

“ドラグ音出しラチェット”を指で固定しながら、裏側から六角バネをはめる。
両手がふさがるので、誰かのお手伝いがないと無理って感じです。

とりあえず、対策としては、一度、メインシャフトに取り付けられているパーツを外して、スプール受けのパーツを取り出し、セットするしかないかと。

以上、どうでもいい話しですが、なぜこのパーツが外れたのか?不思議でなりません。

やはり酷使の結果でしょうか??

因みに、メインシャフトのパーツを外すには、セットスクリューという小さなビスを抜かないといけません。
このビスを抜く“スプールシャフト専用レンチ”は、ボールベアリングのアフターパーツを売っているヘッジホッグスタジオで、メインシャフトの後付けベアリングを買うと、セットで付いてきます。

私は、先般、ストラディックのスプール受け部用の後付けベアリングを買ったので、その時に入手済です。

ヘッジホッグスタジオ スプールシャフト1BBチューニングキット

■NABRA Chase Fishing TOP へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です