アジング

【アジング】久々の高潮位でレンジ不明事件勃発

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んで頂きありがとうございます。
NABRA Chase Fishing GONTA です。

週末アジング調査ですが、ゴルフの筋肉痛と戦いながら、早朝出撃してきました。

少し寝過ごしての出撃で、超短時間の釣行となってしまいましたが、短時間な時に限ってレンジが見つかりにくいという状況にハマってしまいました。

では、大阪湾奥の状況報告兼ねての記事になります。

お時間のある時にお付き合い頂ければ幸いです。

釣り開始タイミングが満潮という難題

本当は日付が変わるくらいのタイミングから釣り開始の予定だったのですが、なんと寝過ごしてしまい、釣り場に着いたのは朝の4時くらい。

この日は満潮が朝の5時半くらいなので、まさに高潮位の状況でのスタートとなりました。

ここ最近、ド干潮タイミングでの出撃だっただけに景色がかなり違う感じです。

風はほぼありませんが、水深が1m以上は深そうなので、ジグヘッドは【がまかつ 宵姫 AJカスタム】の0.8gから開始します。

ワームは、釣具屋に寄った時に追加調達しておいた【一誠 issei 海太郎 バルキースパテラ 1.8in】のケイムラクリアラメ系カラーです。

このバルキースパテラは強烈ニンニク臭の集魚剤配合なので、急いで魚を探したい時に効果を発揮してくれます。

まずはボトムを意識して狙います。

水深があるのでカウントがかなり多くなり時間がかかり、時間が無いだけに余計に焦ります。

ただ、アジのレンジがわからないのでボトムから狙っていくと、しばらくしてバイトをキャッチ!

フックアップには成功したのですが、全く引かない??

でも魚の生命感はある?

上がってきたのはやはりのガシラちゃんでした。

気を取り直して引き続きボトムを狙っていきますが、アジのバイトが全くありません。

アジがいればバイトくらいは出そうなものですが、全くバイトが無いので、アジが居ないのか?レンジを外しているのか?

なまじっか水深があるので絞りきれずに迷いが先行します。

とにかく、アジのバイトを得ようようと移動を繰り返していき、数回の移動を繰り返したポイントでようやくヒントとなるバイトのキャッチに成功しました。

アジはかなり浮いていた

ヒントとなったのは、フォール中にたるんだラインでも伝わってくるくらいの明確なバイトでした。

カウント3くらいのタイミングだったので完全に見落としてしまうくらいのレンジですが、明確な生命感を感じたので、今度はラインを張り気味にしてリグを沈めていくと、かなり浅いレンジで~

ビビビッ!

とリグを突っつくバイトが!

少し誘い上げた後にフォールさせて食わせの間を作ると、更にバイトしてきましたが、フッキングするとすっぽ抜け。

こうなると、手っ取り早く獲物をゲットするには奥の手のワーム【サーティフォー 34 プランクトン】を出すしかありません。

ワームをチェンジして攻めなおすと、フォール中に

コッ!!

明確なバイトに反応してフッキングすると、バッチリフックアップ成功。

ようやくこの日のファーストアジをゲット。

サイズは残念ながらこれまでと変わらないサイズでした。

レンジがわかったところでここから連発モード突入。

しかし、数匹ゲットしたところでバイトが遠のきます。

アジが移動したのか?レンジが変わったのか?

試しにボトムを狙ってみると、コンッ!

フッキングしたロッドの曲がりが大き過ぎてアジではないのは明白・・・

上がってきたのはタケノコメバル。やはりボトムを狙うと今の時期はロックフィッシュ率が上がってきますね。

まあまあのサイズでしたが、今回の釣行前にメインラインを【東レ ソルトライン スーパーライト ポリエステル】の0.3号にスペックアップしておいたので全く問題ありませんでした。

どうもボトムでは無さそうなので、改めてレンジを上げていくと~

コツッ!

また気持ちの良い吸い込みバイトをキャッチしてフックアップ成功。

しっかり奥まで食い込んでくれていて、レンジが合っていることを物語ってくれています。

改めて『このレンジか!!』と息巻いて狙っていくと

カツカツ!!

鋭いバイト。これは合わせてはいけない・・・

ジィィィィィィィ

同じ中層で今度はサバ(涙)

※電動式なので写真ブレブレで済みません

サバの活性もあがってきたようで狙い分けが難しくなってきました。

アジだと思ってフッキングしたので上あごの良いところに掛かってくれているのはいいのですが、サバのせいでバイトに素直に反応できなくなってしまいました。

その後、何とか1匹中層でアジを追加するも・・・

フォールさせていたリグがいきなりひったくられてラインが一気に走っていきます。

これまでに無い強烈な引きで、一瞬シーバスかな?と思ったのですが、ロッドに伝わってくる小刻みな振動はサバ確定。

サイズ的には30cmアップにまで進行!!

ラインの強度の確認にはちょうど良かったものの、アジだけ狙って釣り分けることができる気がしなくなってきたので、この日は収穫が少ないですが、ここでストップフィッシングとしました。

週末の満潮釣行アジング まとめ

と言うことで、筋肉痛の体を押して出撃したアジングでしたが、レンジ探しに大苦戦を強いられた釣行となりました。

潮位が高い方が釣れる気がするのですが、魚の居場所が絞り込みにくくなり、逆に魚にたどり着くのが難しくなりますね。

軽いリグで中層の微妙なレンジを攻めるのは、ボトム攻めの何倍も難易度が高いですし、数を釣るのが難しくなります。

私が未熟なだけではありますが、やはりアジングは奥が深くて面白いです。

また、ここ最近使い込んできている【がまかつ 宵姫 AJカスタム】ですが、使えば使うほど使い易さが実感できます

フックもしっかりしているので、サバなどの大型魚が掛かったところで全く心配無し。

一見大きく見えるフックも吸い込みの邪魔をしない形状でショートシャンクなので、小型のアジでもビハインドなく使えます。

ジグヘッドのバランス的にも、リグ全体が頭下がりの姿勢を維持するので、フックアップ率も高いと感じます。

まぁ、完全な豆アジの場合は、豆アジ専用フックの方が間違いなく釣りやすいとは思いますが、このジグヘッドでも10cmくらいであれば十分フックアップに持ち込めます。

また、アジのサイズが上がらないのは、場所のポテンシャルの限界かもと感じています。

年によっては良いサイズのアジが入る実績もあるのですが、台風など何か大きな自然現象があった場合だったりするので、今年は難しいかな?

気温も下がってきて、今回の釣行からグローブはネオプレンの暖かいグローブに変更し、ボトムのウェアもダウンを履かないと寒さが染みるようになってきました。

秋深し、そろそろメバルのシーズンかな??

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)