チニング

【チニング】チヌムシそして、バンザイ太郎 それぞれ活躍〜

こんにちは!

昨日は日中は強風でしたね。台風の影響と言うには少し早い気もしますが、とにかく風が強いので出撃は見送ろうかと思いつつ仕事を終わらせました。
仕事の終わった時間も遅いし、まっすぐ帰る予定だったのですが、会社を出ると風はさほどでもありません?これなら十分釣りができるかも?と言うことで足は自然とポイントへ~

落としのチニング調査 開始

現地に着いてみると、やはり風は収まっています。ならば、少しでも試してみるか、と言うことで、そそくさと準備をしてポイントへ。


この日も先発は、【ジャッカル ちびチヌムシ】。赤色クリア系のベンケイガニ?です。
表層~中層を探るも、なかなか反応はありません。しかし、辛抱強く、丁寧に探っていきます。
このタックルにもすっかり慣れてきて、今となっては、穂先が指のような感覚で、ちょっとしたゴミや、岸壁へのスタックも敏感に感じ取れます。

すると、フォールをさせた瞬間に、スタック系とは違う違和感が。しかし、バイトと認識できるレベルとはほど遠い小さい違和感。
ここは確信を持って、ガッツリ合わせに行くと、バッチリフッキング。
一瞬、穂先が海面めがけて突き刺さりますが、手応え的にはほどほどな感じ。浮いてきた魚を見て、引き以上に大きく見えたのですが、残念なことに手元の感覚が正しかったようです。

上がってきたのは、40cmにちょっと足りない綺麗なキビレちゃん。

ちびチヌムシをしっかり咥えてくれていました (^^

実績のバンザイ太郎 登番

その後、小さい魚のバイトが数回あったのですが、どうも反応が良くありません。本当はバイブレーションを試したかったのですが、忘れてきていたので、気分を入れ替える為にも、ルアーをチェンジ。
実績の【ダミキジャパン バンザイ太郎】です。

師匠と話をしていた時にも、感じ取れていないバイトが結構あるのではないか?という話題を口にしていたので、より丁寧に、少しステイさせて細かくシェイクするなど、工夫を加えていきます。

すると、限りなくボトムに近いところまで落としていったワームに、押さえ込むような違和感が。
このようなバイトは大型の場合が多いので、慎重に、且つ大胆にしっかりと合わせを入れて障害物から引き離します。

初動が大事。
これも、師匠の口癖です (^^

少し深かったので、いい感じで走ります。しかし、手元に感じる引きは、小さくもないけど、そこそこという感じ。
慎重にやり取りをしつつ浮かせて、空気を吸わせて仕上げにかかりますが、ライトに浮かび上がった魚体は結構いいサイズ?
期待を込めてネットに収め、引き上げて計測したのですが、やはり手元の感触が合っていました(涙)

これでも十分な魚ですが、ちょっとだけ残念なサイズでした。 

チニング釣行 まとm

結局、悪戦苦闘も虚しく、時間も経ってしまったので、仕方なくストップフィッシング。
【ジャッカル ちびチヌムシ】は、小型の魚体のバイトが多いように感じます。
やはり、ここ一番の大型個体へのアピール力は【ダミキジャパン バンザイ太郎】の方が優っている感じを受けました。腕の浮力は伊達ではありませんね (^^

台風も近づいてきているので、次の釣行がどうなるかですが、次は少し違った攻めか、違ったポイントに挑戦してみたいと思います。

バイブレーション??
いやいや、他にも試してみたいルアーがいくつかありますので。

■タックルデータ
ロッド:アブガルシア ソルティステージ KR-X ベイトフィネス 742MLS
リール:テイルウォーク エラン マイクロチューン 73L
メインライン:東レ バウオ スーパーハードプレミアムPLUS 8lb 

■NABRA Chase Fishing  TOP  へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)