チニング

【アジング】のはずが、ライトタックルで思わぬ大物

こんにちは!

昨夜は、アジングがしたくて、「シーバスに浮気はしない」、と決めて出撃しました。しかし、そこで予想外のオオモノに出くわしました(^^;;

仕事を終えて釣り場に直行!ポイントに入ると、予報よりも風が弱い(^^)
これは、フロロで軽いので挑めるな〜と思い、【東レ ソルトライン アジングフロロ】2lbのスプールを装着し、【TICT アジスタ】の1.5gに【34 フィッシュライク】ときわぎん、を付けて釣り開始。

タックルは、【ヤマガブランクス ブルーカレント 66/TZ LTD】を投入。
完全にアジングモードです。

最初に準備しながら様子を見てみましたが、少なくとも表層には反応なしなので、ボトムを取ってから誘いを入れて、ステイでバイト待ち〜

すると、数投目に、モタッと押さえ込むようなバイトが?

すかさず合わせると、完全に根掛かり的な重さ(^^;;
やべ、根掛かりを合わてしまった、と思っていると、ぐぐぐ〜と走り出しました!

しかし、すごい重量感(^^;;
ロッドがバットから曲がります。
しかし、ドラグの調整が珍しく?バッチリで、走られながらも浮かせる事が出来ています。

引きの感じは、明らかに頭を振っているので、シーバスかチヌ。
振り幅と、底に突っ込む感じから、チヌっぽい。
何とか正体は確認したいと、慎重にやりとりします。
しかし、2lbライン、頑張ります〜
さすがは、東レ アジングフロロ(^^;;

何度か潜られたり、足元で抵抗を受けつつ、15分ほどの格闘の末に姿を見せたのは〜
やはり、キビレーヌ(^^)
しかも、デカい(^^;;
ライトで照らした先に浮かんできたのは、明らかに40台後半のキビレーヌ。

よしよしと思いつつ、ふと気がつくと、ネット持ってきてないし…
2lbで3mも持ち上がるはずが無いし〜

水面に横たわる魚体をライトで眺めつつ、せめて写真だけでも、と思ってる間に頭フリフリでフックオフ〜
ほとんど刺さって無かった感じですね。

 

しかし、ネットさえあれば完全にランディング出来てました。
恐るべし、フロロ2lbの強さ。

その後は、何ヶ所か確認して、アジはまだ入って来てない事を確認し、早めに撤収しました。
引きとやりとりだけは堪能できました〜

でも、何だか最近は、狙った本命と違う魚ばかりです。

これでいいのか?俺?(^^;;

写真は、イメージです(^^;;
これよりはデカかった、と思います〜
◾️タックルデータ
ロッド:ヤマガブランクス ブルーカレント 66/TZ リミテッド
リール:シマノ ソアレCI4 C2000PGSS
ライン:東レ ソルトライン アジングフロロ 2lb

■NABRA Chase Fishing TOP へ




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)