メバリング

【メバリング】2017年 Day-34 雨中の修行

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

今日から4月ですね。

1年の1/4は終わってしまいました。

こないだ年末だったと思っていたのに、時間の経つのは早いものです。

さて、今回は先週末の釣行記です。

金曜日の夜は雨模様でしたが、何とか年度末の処理も片付け、天気予報では雨は夜中には止む予報だったので、それを信じて出撃してきました。

しか~~し、お約束通り予報は外れて雨は止んでくれず、最初から最後まで小雨の中で釣りをする羽目となってしまいました。

でも、まぁ、いいんです。

今はベイトタックルに慣れるという目的もあるので、出撃する事に意義がある。

それに、表層では無い釣りでメバルも釣れたので、それなりの出撃の成果はあったかな、と思います。

そして、この釣りは日曜日のナイトゲームの肥やしになるのですが・・・(^^

では、雨中の修行釣行記いってみたいと思います。

雨に降られて右往左往

会社を出たのは、まさに日付が変わる直前くらい。

雨は限りなく小雨になっていたので、現地に着く頃には上がってくれるかも?と期待をしつつポイントに向かいます。

しかし、ポイントに着いても雨は止んでおらず、レインウェアを着るかどうか悩むところ。

パンツの方は普段からレインウェアのパンツを履いているので、上着はダウンジャケットだけにしてレインウェアを着ずにポイントに入ります。

この日は満潮の時間が遅かったので、まだまだ潮位は高い状態。

下げの潮の動きを期待して行ってみたファーストポイントはまさかの先行者が。

こんな雨の日でも釣りに来る、釣りの好きな人がいるもんだ?と思いつつ、その場所は諦めて別の場所へ移動することに。

雨が止んでくれないかな~と思いつつも、止まない雨。

移動した先で、とりあえず表層系のルアーを試すも、反応無し。

ライズも出ないので、こちらのやる気スイッチにも火が入りません・・・

プラグで反応が無いことから、固定フロートにリグをチェンジし、ワームの釣りにシフトします。

しばらくフロートで表層をチェックしましたが反応が無いので、試しに沈めてみようと、【オーシャンルーラー アクティブフロートLC】にガン玉のBを入れてスローに沈めてみます。

すると、数投目にモゾッ!と違和感が。

アワセを入れるほど明確なバイトでは無くてアワセ切れず。

再度、同じコースとレンジをイメージしてルアーを通すと〜〜

コンッ!

今度はフッキングに成功。

ビビビッ!と引きはメバルっぽいのですが、引きは弱い。

上がってきたのは可愛いメバル。

15cmないくらいのサイズでした。

とりあえず、1匹釣れてくれて一安心。

この1匹で魚が沈んでいるのかと思って、広範囲に1m前後のレンジを探ったのですが後が続かず。

何とも中途半端な感じ。

そこで、念のため昨年にこの時期釣れた狙い方を試してみることに。

リグをジグ単にチェンジして探っていきますが、風が微妙に強くて狙い辛い。

しかし、探っているリグがゴミか何かが引っかかったような違和感を感じて、軽く引っ張ると

ググンッ!

と生命感がロッドに伝わってきました。

あ、魚や!

と思って合わせたものの、あえなくフックオフ。

やってもた〜!

慌てて再度リグを投入するも反応無し。

完全に油断していました。

しかし、ここに居るのなら、今後の展開もありそうだと思いつつ、この日のメバリングは終了することにしました。

最後は癒しのボトムロック

さて、ここからは帰り道の駄賃稼ぎです。

リグをボトムワインドの仕掛けにチェンジして、良型のボトムロックに遊んでもらおうとサーチを開始します。

ベイトタックルにも慣れてきて、キャスト精度も飛距離もそこそこ確保できるようになってきたので、【デコイ デルタマジック】の1.8gに、【オンスタックルデザイン マナティ38】の”ファントムピンク”で探っていくと、ストラクチャーギリギリに落として止めていたリグに

コンッ!

気持ち良いアタリで、フッキングにも成功しましたが、これまた何とも頼りない引き…

上がってきたのは可愛いタケノコメバル。

しかし、ここ最近はガシラが全然釣れません。

狙っているところがズレているのか?

とりあえず、この1匹で締めができたので、この日の修行は終了することにしました。

まとめ

と言うことで、一般的には”やめときゃいいのに”的な条件の釣行となりましたが、冒頭書いた通り、この日の釣りは日曜日のナイトゲームへとつながるのでした。

ベイトタックルも、この日で3日目ですが、だいたいどのくらいのウェイトのルアーならどう使えば良いかはわかってきました。

バス釣り時代はもっとライトウェイトのリグに苦戦した記憶がありますが、やはりそこはタックルの進化と言う話しがポイントになるかと思います。

実質ベースで4gあれば、十分な飛距離は確保できます。

問題はやはり軽量リグかと思います。

1gを切るウェイトのジグ単などは、ワームをセットしてもかなり軽いので、投げるにはしっかりセッティングを出すことと細心の注意を払わないとバックラッシュしかねません。

ここは、もう1ランク低いフロロカーボンラインや、極細PEラインも視野に入れて試してみたいと思います。

その為には、替えスプールの調達が必須になってきました。パーツ取り寄せかな?

最後に、この日のメバリングでは結果が出せなかった釣りを日曜日に試してみて面白い結果が得られました。

何事も決めつけずに、過去の引き出しをしっかり整理して試してみることが大事だなと痛感しました。

この釣行記は、追ってアップしたいと思います (^^

<参考>タックルデータ

ロッド:ヤマガブランクス ブルーカレント63 ベイトモデル
リール:シマノ 17カルカッタコンクエスト BFS HG
ライン:東レ バウオ®️エクスレッド4lb

■ヤマガブランクス ブルーカレント BeitModel

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) ブルーカレント 63 ベイトモデル
価格:24300円(税込、送料無料) (2017/3/29時点)

■シマノ 17カルカッタコンクエストBFS

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

≪’17年2月新商品!≫ シマノ カルカッタ コンクエスト BFS HG (左)
価格:43740円(税込、送料別) (2017/3/30時点)

■シマノ 16アルデバラン BFS

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】シマノ ’16アルデバラン BFS XG LEFT(左ハンドル)
価格:32292円(税込、送料無料) (2017/4/3時点)

■NABRA Chase Fishing TOP へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)