アジング

【アジング】2016年 Day-35 ライト大会の調査釣行

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

金曜日は週末のSAFC ライトゲーム大会の下見を兼ねてアジングメインで出撃してきました。

12月の大会はライトゲームと決めていたのですが、アジングがイケるなら1年の最後はライトゲームの王道のアジングでも、と思っての下見です。

しかし、湾奥の季節は確実に進んでいました。

では、久々のランガン釣行、行ってみたいと思います。

1ヶ所目は河川絡みのポイントへ

まずは、秋に釣れていて最近行ってなかったポイントへ。

最近、河川絡みのポイントが釣れているという情報を参考にしての調査です。

ポイントに入ったのは満潮直後のタイミング。

大潮でかなり潮位が高いので、しっかりボトムまで探れるように【サーティフォー 34 ストリームヘッド】の0.8gで開始します。

ワームは、サーチワームの鉄板、【マーズ MARS ストレンジャー30 GIGA】です。

天気予報では風が結構吹く予報だったのですが、ポイントは風裏でもないのにほぼ風無し。

ラインもバッチリ目視できるので、フォール中のバイトも意識しながらボトムまで落としていきますが、期待に反して反応無し。

少しずつ狙い目をずらして探っていきますが、全く反応無し。

潮の動きの表も裏も、丁寧に探ってみますがダメです。

水温の低価で水の動きが大き過ぎる場所が良くないのか?と、少し奥まった場所をチェックしてみます。

すると、数投目にツツッ!とバイトが。

アジがいることは確認できたので、小さいバイトに集中していると、少ししっかりしたバイトが出たのですかさずフッキング。

【サーティフォー 34 アドバンスメント DFR-511】なので、アジのバイトキャッチはバッチリです。

上がってきたのは、17cm程度のアジ。

1ヶ所目はアジが居ることは確認できましたが、その後もバイトが少ないことから、この場所は大会開催場所には適さないと判断して移動することに

2ヶ所目は完全不発も、3ヶ所目ではアジを確認

そして向かった2ヶ所目。

アジングでは有名ポイントで、釣り人のキャパも大きいことから選択してみたのですが、一番狙っていた場所の常夜灯が消えています。

しかし、そこの街灯が消えているなら、周囲の明暗部にアジが集まっているかも?と思い、周囲を軽くチェックしてみましたが、全く反応が無いことから、時間をかけても意味が無いと判断して次の場所へ移動することに。

向かった3ヶ所目。

誰もポイントには居なくて、完全に外したか?と思ったのですが、開始2投目、ボトムまで着いたリグを軽く持ち上げて探ったところで

コツンッ!とバイトが。

1回だけnバイトでしたが、かなりしっかりして重いバイトだったので一発でフッキングに成功。

なかなかの引きで上がってきたのは、20cmくらいのナイスなアジでした。

この場所はイケるかも!

と期待して続けたのですが、その後は全く反応無し。

しかも、着いた時には一人も居なかったポイントに、次から次へどタチウオ狙いの人が入ってきました。

その数、いきなり5名ほど。

タチウオ狙いの方とはバッティングしないので、近くに入ってもらうのは良いのですが、これだけタチウオ狙いの人が入るということは、アジが入ってこないかも?という不安が。

不安が的中したのか?元々数が入っていなかったのか?

その後、アジのバイトを得られることもなく、時間も時間になってきたので、最後に気になっている場所へ移動することに。

4ヶ所目で季節はロックフィッシュであることを痛感

そして向かった4ヶ所目。

時間がそれなりに経過してしまったので、潮位がかなり落ちてきています。

急いで狙いのポイントへ入りますが、アジの反応は無し。

ここもアジングは終わったか~

と、最後にせっかくなので、ロックフィッシュを狙ってみることに。

潮位がかなり下がっているので、メバルは期待が薄いのですが、風が弱いので丁寧に探ってきます。

しかし、、、予想通り反応は無し。

そこで、せめてガシラかタケノコメバルが相手をしてくれないか?とレンジを落としていくと~~

コッ!!

やはり、彼ら(彼女ら?)は期待を裏切りません。

グイグイと元気に引いて楽しませてくれたのは、20cm無いくらいのガシラでした。

リグに使った【サーティフォー 34 オクトバス1.8in】の“わさび”は丸呑み。

ガシラにも点発光の蓄光ラメは効果があるようです。

この1匹で諦めがつき、この日はストップフィッシングにすることにしました。

アジング Day-35 まとめ

と言うことで、成立したようなしていないようなアジング釣行でしたが、これで湾奥のアジングに見切りを付けることができました。

探せばまだアジが釣れる場所はあるかと思いますが、季節にあった狙いものを狙うのがライトゲームの真髄?

SAFCのライトゲーム大会も、メインターゲットはロックフィッシュにすることで心が決まりました。

因みに、ガシラは今の時期から3月頃までダラダラと産卵期が続きます。

メバルはちょうど産卵期の真っ最中というところでしょうか?

ここからは癒しのガッチャンや、かわいいメバル狙いにシフトしていきたいとおもいます。

ヒットルアー
サーティフォー 34 オクトパス 1.8in
これと言った特徴がある訳ではありませんが、安定した釣果が魅力です。
願わくば、クリア系のケイムラカラーを出して欲しいですね。

サーティフォー34 ドライバーヘッド
ロックフィッシュのフッキングの良さとバラシにくさが魅力のジグヘッドです。
因みに2gと3gのモデルはフックが太軸で大物対応です。

■NABRA Chase Fishing TOP へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)