タックルインプレ

噂のブリーデン 【ビースウェイ】 使ってみた!

こんにちは!!

今日は、昨日~今日に使ってみた、NEWタックルについてインプレを書いてみたいと思います。

まずは噂のビースウェイから!

お題は最近、巷で噂の「ブリーデン 13SWAY(ビースェイ)」

20150513_a

まず、ネーミングですが、13スウェイなのに、なぜビースウェイ?
「13」=「B」に見える、ってことですかね? (^^;

ビースウェイはどこも売り切れ、と聞いていたのですが、家の近くの魔界に行くと、フルカラーで並んでいます!

最近のルアーには珍しく?カラーラインナップが少ないのですが、デイゲームで効きそうなホログラム系や、ナイトゲームでも使えそうなグローやパールチャートも揃っているので、実際にはこのくらいで十分なのかも (^^

で、私はブルーイワシと、レッドチャートを購入してみました。

購入時から、スナップが付いているのですが、私は動きをもっと出したかったので、ワイドスナップに交換して使ってみました。

ラウンド系のD-SNAPも魅力的

ラウンド系のワイドスナップは、ダイワさんのD-SNAPを使っています。これ、非常に安いです。
お徳用の方を買えば、かなり単価がお安くなります~

小さくて、軽いので、バチ用の軽いルアーや、ジグヘッドでのワームゲームのダート釣行、その他軽いルアーには相性が良いと思います。
20150513

ビースウェイは、スナップアイの穴が小さいので、クロスロックタイプはかなり小ぶりなサイズを選ばないと入りませんのでご注意ください。

ビースウェイ 巻き抵抗感

さて、本題の使用感ですが、真ん中や後ろは、ある程度想像がつくので、このルアーの売りになっているフロントアイから試してみました。

商品説明や前評判通り、非常に巻抵抗感は軽いです。
激しくブルブルしておらず、手元にも非常に軽い抵抗感だけが伝わってくる感じです。
また、頻繁にダートしているであろう、イレギュラーな動きも感じとることができます。

そして、泳層ですが、ロッドを立てて普通の速度でリトリーブすると、ほぼ表層を泳いでくる感じです。

比較対象として、チビ冷音を投げて比べてみましたが、チビ冷音のフロントアイ使用でもボトムを拾ってしまうようなシャローでも、ほぼボトムに触れることはありませんでした。

釣行後にルアーを洗って見てみましたが、先端のヘッド部はほぼ無傷だったので、本当にボトムは拾っていないと思われます。
ボトムは蠣瀬なので、当たれば傷はおろか、ボロボロになるエリアですので (^^

調査中も、チヌのバイトが何度かありました。乗りませんでしたが、もう少し巻き速度を調整すれば、ヒットに持ち込めるのは間違いないかと思います。
とりあえず、ロスト回避と、使用感確認優先と言うことで、敢えて食わせの速度では使いませんでした。

ビースウェイ 飛距離!

パッケージ記載の自重は、10g
その他のメタルバイブ系よりは飛ばないんだろうと思って使ってみましたが、トラディション96に、メインラインPE0.8号、リーダーはフロロの20lbを使っていましたが、ほぼ15g前後の鉄板系のメタルバイブと遜色ない飛距離でした。

少し細身なボディ形状が、空気抵抗を減らしてくれているのかも知れません。
5gの違いは、普通は結構な差になるはずなのですが、本当に、それほど飛距離の低下を感じることはありませんでした。

なので、シャローでのデイゲームでも、これまで使ってきている鉄板系ルアーのラインナップに混ぜても、気にせず使える性能は持っているな~と感じました。

ビースウェイ 使用フック

今回、これが気になりました。標準で付いているフックが悪いとか、そういう話しではありませんが、標準のフックは、恐らく#12ですね。

フォールをメインにして使うか、アジングやメバリングでは全く問題ないかと思いますが、シーバスやチヌ狙いではちょっと心許ない感じでした。

シーバス狙いで使用するなら、せめて#10に交換するか、ライトアクションのロッドを使用する必要があるかと感じました。

ブリーデン ビースウェイ まとめ

と言うことで、見た目・形はミニマル/メタルマル系ですが、スナップは背中にセットするメタルバイブ系。
使い込んで行けば、面白い結果が得られる予感がします。

また、お値段も、800円前後というのが嬉しいですね (^^

■ダイワ D-Snap 安くてしっかりしているのが魅力です。


NABRA Chase Fishing TOPへ



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)