メバリング

【メバリング】雨上がりの釣行 オービー1.6inで 20cmアップ連発

こんにちは!

昨夜は雨上がりのメバリングに行ってきました。
風が強い予報でしたが、またまた天のお恵みか?一時的に風が弱く、何とか本命をゲットできました。

今季最大サイズで、上出来な釣行でした。


久々にメバルで「マジかぁ~~」

先にも書いた通り、この日は昼過ぎまでパラパラと雨が降り、夕方以降は季節風が8mと言う予報でした。

正直、出撃は止めておこうかと思っていたのですが、ちょっとだけでも様子を見ておこうと出撃することに。

会社を出ると、意外にも風が弱い??

内陸部と海辺では風量が違うことが多いのですが、この感じだと何とかなるのでは?と期待を膨らませてポイントへ。

ポイントに着くと、やはり風は非常に弱い状態でした。これは絶好のチャンス!とばかりに、そそくさと準備をしてポイントに向かいます。

タイドグラフ的にも、かなり潮位が高く、久々に高い潮位で釣りができることで更に期待は膨らみます。

まずはジグヘッドリグでチェックです。【サーティフォー 34 ドライバーヘッド】1.0gと、【サーティフォー 34 オービー1.6in】はなちらしカラーのセットでポイントを端からチェックします。

潮位が高いので、中層からチェックしてみたのですが反応はありません。
風も無いし、もっと上なのかな?と、レンジを少し上げてみることに。

すると、しばらくして、コツン!と超小さいバイトが!

フッキングすると魚が飛んでくるくらいの小ささでした。
水面を飛び出た後の着水でオートリリース・・・

しかし、この1匹でヒントを得ました。
狙いのレンジを一気に上げて狙ってみることに。

すると、答えはすぐに出ました。

リグをポイントに送り込んで、少し流れに乗せた後に誘った瞬間

ゴンっ!

と根掛かりのような鈍重な手応えが?

しかし、感覚的に根掛かりではなくバイトと感じでフッキングをすると、直後に一気にロッドを絞り込んで獲物が走りだしました。

ドラグがジィィィィィィと一気に出されます。

マジかぁぁぁ

冗談ではありません。ハンパない引きとトルクです。

獲物のダッシュに耐えつつ、冷静に考えます。

この引きは、強烈だけとチヌの引きではない・・・

【ブルーカレント 53/TZ】がまたもブチ曲がっています。
こないだのキビレとの格闘と言い、本当に活躍してくれています (^^

水面に何とか引き出せたので、そのまま躊躇せずに一気に引き抜き~~

そして、ライトに浮かび上がったのは、金魚と間違うほどの、コロンコロンのメバルでした。

ヒレもピンピンで、これは引くはずです。

フッキングは、ドライバーヘッドが上顎にザックリとフッキングしてくれていました。

顔が主って顔してますね (^^
 

しかし、改めて見直しても、ナイスコンディションですね。

こりゃ引くはずです。

ラインがよくもってくれたと、ほっと胸を撫で下ろしました。

堂々の20cmアップです。

主は奴だけではなかった!

しばし、喜び(勝利?)に浸りつつ、リグを結び直して再スタートします。

先ほどのポイントは魚を掛けてプレッシャーをかけたはずなので、少しだけ周囲をチェックしていきます。

釣れたレンジを中心にチェックしていきますが、この頃から風が強くなってきました。

さすがに天気予報が夜中まで8mの予報だったので、仕方ありません。

そこで、先ほど釣れたポイントを丁寧に攻めて終わりにしようと思い、改めてチェックを開始します。

すると、2投目。戻りのチェックで、コツッ!と反応が!

まさか?と思いつつフッキングすると、これまた一気に走ります。

本日2回目のマジかぁぁぁぁぁです。

引きからして、またしてもメバル。

ロッドで走りをいなしつつ、水面に浮いたタイミングで一気に抜きあげ!

今回もラインがもってくれて、ランディングに成功しました。

そして、先ほどの奴が主だと思っていたのですが、主のご兄弟がおられました。

こいつも、立派に20cmアップです。

狙い方云々と言う問題ではなく、居る場所をつきとめたことで得られた釣果、と言う感じでした。
ただ、ワームは少しだけ他のカラーも試しましたが、はなちらしが一番安定していますね。

前回のログにありますが、控え目だけどしっかりアピールのグローラメがいいのかな?

サーティフォーのグローとラメの検証記事

しかし、メバルは見た目がかっこいいですね。
ヒレもピンと張って、めっちゃ怒っています。

全てのヒレがこれだけ大き
いので、引きが強くて当たり前ですね (^^

アジもまだ残っています

風がいよいよ強くなってきたので、帰りながら気になるポイントだけチェックして帰ることに。

明暗ポイントなので、中層~ボトムをチェックしていると、ボトム付近でツツツツっ!とバイトが。

乗りませんでしたが、これはアジのバイト?

戻ってきたジグヘッドをチェックすると、この有り様。

さすがに、ドライバーヘッドではアジはイージーには釣れませんね。でも、こないだは釣れたので、よほどフォールでタイミング良く吸い込ませてやらないとフックまで口の中に入らない感じです。

そこで、少し欲張りかとは思いましたが、少しだけアジを狙ってみることに。

【サーティフォー 34 ストリームヘッド】1.0gに【サーティフォー 34 フィッシュライク 1,5in】るりカラーをセットして、チェックしていきます。
先ほどは、ほぼボトムでバイトがあったので、徹底してボトムをチェックしますが、その後、アジのバイトは得られませんでした。

でも、アジが少しは残っているのも事実です。
風の弱い日に、丁寧にチェックしてみたいですね、

更にシーバスボイルまで

ここで完全に観念して撤収することに。
特に、この日はちょっと用事があり、早めに帰らなければならなかったこともあります。

しかし、こんな時に限って、予想外の異変が。

戻る道中で水面に激しくベイトフィッシュ反応が出ているところを発見しました。

しかも、見ているとボイルが出ています。

小さいライズがあったので、マイクロベイトをメバルが捕食しているかも知れない、と思い、急遽、プラグをリグって投入してみました。
早く帰りたいのですが、この状況を放置して帰ることはできません。

すると、数投目に、プルプル~とベイトがプラグに引っ掛かりました。
予想よりも結構大きなベイトに戸惑いつつ(イメージしていたベイトと違う)手元に取り込むと、なんとカタクチイワシでした。

 

ってことは、これは・・・

と思っていると、目の前で激しいボイルが。

やはり、シーバスでした。

タックルがあまりにも心もとないのですが、試しにベイトの多い場所へ投げ込んでみると、一撃でバイトしてきました。

しかし、あまりに不利なタックル・・・

一瞬でラインを切られてしまいました。

これ以上プラグを無駄死にさせるわけにはいきませんので、ここで本当にストップフィッシング。

時間があれば、タックルを替えて再チャレンジしたかったのですが (^^;;

マジかぁ~のメバリング まとめ

と言うわけで、結構、いろいろとあったメバリング釣行でしたが、とりあえず本命のグッドサイズのメバルが釣れてくれて感謝・感激の釣行でした。

久しぶりに連発で叫ばせていただきました。
シーバスのランカーを釣った時に匹敵する、素敵な興奮が味わえました。

ここ最近から状況が動いたのは、今回の暖かい雨の影響だと思います。
水温は下がればいい、と言う問題ではないってことがよくわかりました。

しかし、シーズンは始まったばかりです。
入口からこんないいサイズが釣れるとは思っていませんでしたが、今季は夢の尺メバル目指して邁進したいと思います。

サーティフォー 34 ドライバーヘッド フッキングがいいのは間違いありませんね。

サーティフォー 34 オービー1.6in   しつこいですが良く釣れます。

■タックルデータ
ロッド:ヤマガブランクス ブルーカレント 53/TZ
リール:シマノ ソアレCI4+ C2000PGSS
ライン:東レ ソルトライン メバリングフロロ 2.5lb

■NABRA Chase Fishing TOP へ




POSTED COMMENT

  1. やんまー より:

    出だし好調ですね!
    いまの時期の方が型がいいんですかね?
    ぼくもぼちぼち調査再開してみます!

  2. GONTA より:

    コメントありがとうございます。出だしが調子いいと、後が怖いですね。。。
    釣れるメバルの種類も変わっていくようですし、時期だけの問題ではないかも知れませんね。
    運が良かっただけです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)