ハゼクランク

【ハゼング】ナイトゲームでハゼクランクにチャレンジ

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

昨日は夜のタイドがちょうど良さそうだったので、仕事帰りにちょこっとハゼングに出撃してみました。

ハゼングと言えばデイゲームのイメージなのですが、夜でも釣れるよ、との話しを小耳にはさんだので、デイゲームのチャンスがなかなか確保できない私的にはナイトで釣れるなら今後の引き出しが増える、との思いで調査に行ってみました。

さて、初ハゼングでのナイトゲーム、どうなることか??

初のハゼングで、ナイトゲーム

とりあえず、ハゼングは完全に始めてなので、聞いた話しや自分で調べた話しを頼りに準備をしてポイントに。

ポイントはデイゲームでは実績十分なポイントです。

そして、タックルは、ハゼングに使うのか?と思われそうですが【リップルフィッシャー リアルクレセント 65JH/TZ】に、【シマノ ソアレCI4+ C2000PGSS】で臨むことにしました。

ラインはメインラインをPE、リーダーは根掛り時のルアー回収率を考えて、フロロカーボンの4lbを選択しました。

リグは迷わず、クランキング。

シンカー+ワームのズル引きでも釣れそうですが、ここはクランクで手早く広く探ってみようと言うことで、クランク1本に絞り、入手したクランクベイトを使ってみました。

先頭バッターは【ファイブコア ジャストエース ハゼクラピー】のシルバークラウンカラーです。

夜なので、ゴールドチャート系があればと思ったのですが、調達できていませんでした (^^;

キャストして巻いてみると、バス時代を思い出させるブルブルとした良い手応えです。

ポイントの水深的には、浅いのはわかっていたのですが、キャスト後すぐにボトムに到達しているのがわかる感じです。

砂底ベースながら、ところどころシモリと砂利底があるのも、クランクを巻くと良く感知できます。

と、ルアーの使用感が確認できたまでは良かったのですが、肝心の魚からの反応がありません。

水際には大量のイナッコが居るのですが、メインターゲットの反応はナッシングです。

デイゲームで釣れるポイントでは、なかなか厳しい状況でした。

リールが壊れて強制終了

そんなこんなで、アチコチ歩きまわってチェックしたのですが、明確なハゼのバイトをキャッチすることはできませんでした。

師匠からは“砂地ベースのポイントでシモリが絡むような場所が良い”と教えてもらっていたので、そのような場所を重点的に攻めたのですが、あまりに反応が無いので

“夜はシモリか何かに寄り添って身を隠しているのかも?”

と思い、少しボトムの根が荒い場所へ移動してみることしました。

しかし、数投目にいきなり根掛り。

そこまでは、根掛っても、巻きを止めてクランクを浮かせたりすることで脱出に成功していたのですが、完全なるスタック状態。

そこで気付いたのですが、スプールが逆転しているのにドラグ音が鳴りません??

ラインだけが音もなくスルスルと出ていくだけ?

根掛りは回避できず、ルアーをロストし、ラインを回収してスプールを取り外してみると、ドラグ音を出す爪が引っかかるはずのパーツがグラグラになっています。

そして、手で触っていると、そのパーツがポロリ!!

ライトゲームで歴戦の戦友でしたが、シーバスやチヌなども掛けて酷使した為、壊れてしまったようです。。。

ここで強制終了となってしまいました~(涙)

後で調べてわかったこと

釣りを終えて帰宅後、“ハゼクランク ナイトゲーム”のキーワードで検索してみたところ、同じことを考えてトライされている方がいるようで、数名のブログに行き着きました。

そして、どのブログを見ても同じことが。

■ナイトゲームではほぼ反応しない。

■反応しても単発で、且つ、昼間のように追い喰いしてこない。

■たまにフルセサイズが釣れるが、狙って釣れる気がしない。

■小さいハゼは浅瀬で完全に寝ている。

■ハゼは夜は目が見えていないようだ。

と言うことで、釣れない訳ではないようですが、ナイトゲームのターゲットとしては成り立ちにくい魚であることがわかりました。

もう少し続けて調査するか?非常に悩ましいところです。
>

おまけ プチかとりを使ってみた感想

最後に、師匠から存在を教えてもらった小さい携帯蚊取り線香“プチかとり”を使ってみました。

風が強いと、煙が流されてしまうので効果のほどが微妙ですが、腰に付けて釣りをすれば蚊は寄ってきませんでした。

ただ、1巻きで約3時間と書かれていたのですが、実際、2時間程度の釣りでほぼ燃え尽きてしまいました。

風が強く当たると、やはり早く燃えてしまうようです。

確かに昨夜は北風が終始強く吹いていました。

なので、少し長く釣りをするつもりの時は、タックルボックスに予備を1つは忍ばせておいた方が良いと言うことがわかりました。

しかし、入れ替えが面倒に感じる方はベープなどの長時間使えるタイプがいいのかも知れませんが、電池などの気をつかわなくても良いというメリットはあるかと思います。

そして、何より良いと感じたのは、風情ですかね (^^

以上、ナイトハゼング釣行記でした。

 

<参考>タックルデータ

ロッド:リップルフィシャー リアルクレセント 65JH/TZ
リール:シマノ ソアレCI4+ C2000PGSS
ライン:PEライン 0.18号+フロロカーボンライン 4lb

■NABRA Chase Fishing TOP へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)