新商品情報

【新製品】BlueBlue ニンジャリ ついに発売

こんにちは!

さてさて、今回はネットを眺めていて見つけた気になるルアーのご紹介です。

こないだに続き、またまたBlueBlueのルアーですが、決してブルブル押しという訳ではありません。
フラットに見て、非常に気になるルアーなので取り上げてみたいと思います。

その名は“NINJARI(ニンジャリ)”

今回注目するルアーは、BlueBlueから初となるワーム系ルアー【BlueBlue NINJAI(ニンジャリ)】です。

因みに、「ニンジャリ」で検索すると、まだまだかなりの高確率できゃりーぱみゅぱみゅのニンジャリバンバンが出てきますので要注意です (^^

ルアーのタイプはワインド釣法用で、ロッドでアクションを加えることで激しく左右にダートします。

まずは動画にてその動きを見てください。

ワインド釣法で使うルアーで有名どころは【オンスタックルデザイン ZZヘッド】や【デコイ デルタマジック】あたりかと思いますが、ZZヘッドはスプリットリングを利用してトリプルフックを後付けするタイプであり、デルタマジックはジグヘッドなのでワームをシングルフックに縫い刺しするタイプです。

ZZヘッドだとフックはボディの下部だけになるし、後付けのアシストフックを付けたとしてもやはりボディの下部だけになる点は変わりません。

また、ウェイト設定が軽いのでロックフィッシュメインになるデルタマジックですが、基本形態はジグヘッドなのでフックは上向き。

3g以上の重めの設定に限っては、ZZヘッドのようにボディ下部にトリプルフックなどが装着できるアイが付いている点などは、少し今回紹介のニンジャリに近い発想が取り入れられているようにも感じますが。

これら既存のワインド系ルアーに対して、ニンジャリは上下に1本ずつ固定のシングルフック仕様になっています。

この形式が斬新。

上下にシングルフックが出ていて、更にそれぞれのフックが同じ長さではなく段差が付けられていることにより、フッキングの良さを確保しているようです。

基本は上向きのシングルフックが掛かり、その後に魚が暴れて下向きのフックが口の中に掛かることで、地獄掛かりの状態となりバレにくいという狙いになっているとか。

それと、そもそもフィッシュイーター(敢えてシーバスと言わない理由はこの後で)は一旦はルアーを口に入れるので、そこで違和感を感じて吐き出す時にも上下にフックがあるので口の中に引っかかり易いという性能を持っているようです。
20160927_1

シーバスに拘らないターゲット設定が素敵

動画を見て頂ければわかって頂けるかと思いますが、このルアーはシーバスルアーのイメージが強いBlueBlueの製品でありながら、決してシーバスをターゲットにしたルアーではありません。

ワインド系なのでタチウオは勿論釣れるようですが、その他、青物からロックフィッシュ、フラットフィッシュ、チヌ・キビレなど、ルアーで狙えると言われている魚はほぼ対象になる感じです。

表層で探るもよし、ボトム付近を探るもよし、ということですね。

実際、ライトゲームをやってみて痛感しているのですが、ワインド釣法で釣れる魚は非常に多いと思います。

そこに気付き、ワインド特化で製品を突き詰めたのが、このニンジャリということです。

製品化には、一度中断した期間も含めて3年かかったそうです。

是非、早く実釣で使ってみたいところです (^^

ヘッド部とワームは別売り

何かとセットで売られ気味なこの手の製品ですが、ニンジャリは最初からヘッドとワームが別売りです。

ヘッド部として、“レッド/グロー/クローム(銀)”の3色。

ワームはかなりのカラーラインナップになっています。
ワームでも“ブルーブルー”カラーは健在です。

シーバスだけなく、且つデイゲームだけでないカラーラインナップが素敵です。
20160927_5

また、ヘッド部のサイズについても3種類。

S=14g、M=21g、L=32g
全て、ワームを装着した時のウェイトとのことです。

狙うターゲットの違いや狙いのレンジの違いなどで使い分けるイメージです。

個人的には、もう少し軽い(5g~7g)も出して欲しいなぁ~と思います。

メバルを狙ってみたい (^^

以上、他魚種が狙える面白いルアー、【BlueBlue NINJARI(ニンジャリ)】についてでした

BlueBlue NINJARI(ニンジャリ)
 既にネットショップなどで購入可能ですね (^^

■NABRA Chase Fishing TOP へ


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)