釣りTips

【スナップの選択】クイックとクロスロック インプレ・性能比較

こんちには!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

今回は、「どんなスナップを使っているか」「どんなスナップがおすすめか」ということを良く聞かれますので、ちょっとスナップについて性能比較と、使用感・インプレについて書いてみたいと思います。この悩み、私も含めて、ルアーフィッシングのアングラー にとっては結構共通した悩みではないかと思います。

まず、ルアーで使うスナップには大きく分けて、2種類のロック方法のスナップがあります。クイックタイプと、クロスロックタイプです。

クイックタイプはスナップの内側から外側へフック部をひっかける簡単な構造で、スナップの開閉が容易にできます。

なので、クイックタイプのスナップを使っておられる方の割合の方が多いのではないかと思いますが、フック部がひっかかっているだけの構造なので、不意の大型とのやり取りではフック部が伸びてしまうこともあります。

まぁ、そんなことは滅多にないのですが、予測していないタイミングで大型の魚を逃すのも残念なことですよね。

もうひとつのタイプである、クロスロックタイプは、構造上、開きにくい構造になっており、大物とのやり取りでは安心できるメリットがありますが、フックの先端が小さく折り返されたような状態になっているので、小型のルアーの小さなラインアイには通しにくい、というデメリットがあります。

この2タイプのスナップ、それぞれのデメリットは、利用する番手の変更で回避することもできるので、ある程度は好き嫌いの問題で選んでもいいと思っています。

私は、これまで、強度と使い勝手を求めて、いろいろと使ってきました。そんないくつかのスナップのインプレを交えつつ紹介してみたいと思います。

オーナー 耐力スナップ

【オーナー 耐力スナップ】、これは、シーバスをメインに始めた時に、釣具屋でふと目について、強度が優れているとの売り文句で使い始めたスナップです。

通常は、ワイヤーを曲げて終端処理をされているスナップですが、このスナップは特殊溶接加工がなされており、ワイヤーも細身で強度のある素材を利用しているので、とにかく軽いです。

また、形状記憶系のワイヤーなので、開閉を繰り返しても開きが悪くなったりしにくい、など、結構良いことばかりのスナップです。

が、最大のネックは、値段が少し高いということです。強いと言っても、所詮はスナップは消耗品。それを考えると、トータルでベストなスナップと言えるのか疑問が残るところで、もっと安くて強くて、使い易いスナップはないか?と思っていました。

バレーヒル クロススナップ

次に、関心を持ったのが、【バレーヒル クロスロックスナップ】です。

「強い」と言われる、クロスロックスナップ系で、どこでも手に入りやすくて、徳用パックがある製品、と言うことで選んだのが【バレーヒル クロスロックスナップ】です。

引っ張るほどに強度が増す?と言われる、最強のスナップと言うことでしたが、確かに充分満足できるスナップでした。

クロスロックタイプにしては、開閉も比較的楽にできて、もちろん強度は申し分なし。と言うことで、約2年にわたり信頼して使い続けてきましたが、大きなトラブルはありませんでした。先に言うと、現時点では、一番おすすめのスナップです。

オッズ マイティスナップ

この商品は、オッズさんから貰える機会があり入手したのですが、想像以上と言っては失礼ですが、ほんとうにかなり使い易くて、【バレーヒル クロスロックスナップ】と並行して利用していました。

一見、形状がクロスロックタイプに似ているのですが、クロスロックと言うほどワイヤーがクロスしていません。

その分、スナップの開閉はやり易く、ひっかける部分の先端が完全にフック形状になっているので、スナップが開いてしまう危険性も低く安心して使えました。

ただ、このスナップの難点は、あまり店舗に置いているのを見ないという点です。

ネットでは入手できますので、何か他の商品を買う時に一緒に買うのがいいかと思います。

この商品は販売価格は安いので、コスパはオススメです。実売価格で200円台は魅力ですね。

ダイワ D-スナップ ライトタイプ

次に、バチのシーズンに試してみて気に入った【ダイワ D-スナップ ライト】をインプレしてみます。

タイプはクイックタイプになります。

このスナップ、確かに軽くて使い易く、バチシーズン頃から愛用していたのですが、しばらく使ってみて弱点に気付きました。やはり、クイックタイプのスナップらしく、引っかかりが甘くなってきて、知らない間に開くようになっていました。

また、ワイヤーの強度が弱い為に、8月に70upを釣った時にぐんにゃりと曲げられてしまいました。

やはり、強度面では弱点有と言うことで、クロスロックスナップに戻そうか悩んだ時期でもあります。

ダイワ SW スナップ ハードタイプ

最後に、先日、気になって買ってみたスナップを紹介します。対象品は【ダイワ SW-スナップ ハードタイプ】です。

これは、【D-スナップ ライトタイプ】が気に入ったので前から気になっていたのですが、意外と店舗に置いておらず、入手できずに居ました。

しかし、先日、別のモノを探しに行った際に見つけて購入したのです。

この商品、ワイヤーも太軸設計で、ハードタイプという触れ込みに飛びついたのですが、買う前に意識していなかった点がありました。

なんと、本商品はクロスロックタイプだったのです。

タイプは問題ではないのですが、このスナップ、開くのがめちゃくちゃ難しいのです。

これは見た目だけではわかりません。

実際に自分でスナップを開こうとすると、ワイヤーが固いだけに、かなり指に力を入れないと開くことができません。

あまり、ネガティブな話しばかりしたくないので、インプレはこのくらいにしておきます。

徳用パックを買ってしまったので、しばらく使ってみて、良さと悪さをしっかり見極めたいと思います。

しかし、この開きにくさは、設計~製造過程で誰に気にならなかったのでしょうか?

 

以上、これまで使ってみたスナップのインプレでした。

今後も利便性や強度の面で改良された商品がいろいろ発売されていくと思いますので、積極的に新製品も使っていってみたいと思います。

■NABRA Chase Fishing TOP へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)