アジング

【アジング】のはずが、ロックフィッシュナイトに

こんにちは!

今日は書く事が多くて、ようやく釣行記に辿り着きました。
と、言うことで、昨日のアジング釣行記についてです。

ここ最近は、連日アジングメインの釣行なのですが、潮回りの影響か?普段の行いの影響か?時期的な問題も場所的な問題もないはずなのですが、少し前に比べてアジングの成績が伸びずに頭打ち状態です。



昨日は、ライトゲーム用のソアレCI4+ C2000PGSSも新しいエステルラインに巻き替えていたので、ラインの慣らしも兼ねて、やはりアジングに出撃しました。

最近の傾向で、日没後から数時間は北風が強く吹きます。昨日もお約束に漏れずの状態で、結構風が強く吹いていました。
エステルラインの【サーティフォー ピンキー】0.3号なので、横風には対応力が高いのですが、港湾部独特の岸壁で吹き上げる風が厄介です。
リグは【サーティフォー ザ豆】0.9gを使っていたのですが、リグが沈みにくく、ボトムを取るのに四苦八苦です。

何とか風向きを考えつつルアーを投入し、ボトムを捉えたタイミングでツッ!とバイトを感知。
この風の中でバイトを感知できただけでけでも上出来ですが、更にバイトまでキャッチです。

このチャンスを逃す訳にはいかないので、丁寧に探っていくと、少し大きくツンッ!と吸い込みを感知。
すかさずフッキングすると、フッキング成功です。
やはり、悪条件下では、エステルラインの低伸度の効果は大きいようですね。

サーティフォー オクトパス1.8inのだいだいカラーをしっかり咥えてアジが上がってきました。
何とかアジングのボーズ無し記録を更新できました。

続けてキャッチできるのか?と同じコースとレンジを狙うのですが、バイトが出ません。まさか、1匹しか居ない訳はないのですが、本当に、乗る乗らないの問題ではなくバイトが出ません。

残念な出来事ですが、最初のポイントでは、相手をしてくれるアジは1匹のみ。完全にホゲっている状態です。

そこで、思い切って場所を大きく移動。風向きを考えて釣り座を決め、ファーストフィッシュがボトムであったと言うヒントを元に、ひたすらボトムを狙います。
少し前に効果の高かったスロー巻きを試しても反応が無いので、ボトムステイの時間を長くとります。ステイと言っても、ラインが風や流れに押されて、先端のジグヘッドは動いているはずです。


極力、意図的には動かさないようにして、丁寧に辛抱強く探っていくと~

コンッ!

と明確なバイトを感知。
アジのバイトではないな~と思っていると、やはり、何かに貼り付いたようになって動かなくなりました。
根魚だな、と思い、ロッドのバットが曲がるくらいに、しっかり、しかしゆっくりと持ち上げると、根から引き剥がすことに成功しました。

根から離してしまえばこっちのもの。
さほど大きくも無さそうなので、ゆっくりと間合いを詰めて、水面まで浮いたところで一気に抜き上げ!
決して大きくはありませんが、ガッチリバイトのガシラでした。

ガシラが釣れる時は、潮の動きが緩慢な時が多いので、あまり良くないな~と思いつつ釣りを続けます。

エステルラインの0.3号でのルアーの飛距離や操作性を、もう少し検証しておこうと、風が少し弱くなってきたタイミングでジグヘッドを【サーティフォー ザ豆】0.7gにウェイトダウンしてみます。
「飛距離ダウンの影響はあまり受けないなぁ」と感じつつ、少し軽くなったジグヘッドでボトムを取りつつ、ラインと手元の感覚に集中して釣っていると

カツンッ!!

と、ものすごく明確なバイトが。反射的に合わせるとフッキングに成功したのですが、直後に一気に走られます。
アタリから根魚と感じていたので、ロッドを立てて主導権を渡さないように踏ん張ります。
ロッドもラインもしっかり踏ん張ってくれて、何とか初動では主導権を確保できました。

浮かせる途中も、結構な抵抗を見せるので、まあまあのサイズのようです。
走るので、デカタケノコメバルか?メバルか?アコウか?なんて考えていたのですが、上がってきたのは予想に反して、良型のガシラでした。

 

引きとやり取りは十分楽しめましたが、やはりガシラ。潮の動きが悪いのか?アジからの音信はありません。

その後も、動ける範囲で他のポイントもみたのですが、潮位も下がってきて、生命感と言えば、シーバスやタチウオがカタクチイワシらしきベイトを追いかけてボイルしているので、集中してライトゲームができません。
仕方ないので、ここで往生際良くストップフィッシングとしました。

この日は、とんだロックフィッシュデーになってしまいましたが、ここ最近の釣りを振り返ってみても、ライトゲームはジリ貧な感じです。
週末からは潮周りも変わってくるので、次の大きな潮の動きで、回遊魚の付き場が変わってくれることを祈っています。まあ、変わると言っても悪い方に変わる場合もありますので、後は、日頃の行いに注意します。

■タックルデータ
ロッド:ヤマガブランクス ブルーカレント 77/TZ NANO
リール:シマノ ソアレCI4+ C2000PGSS
ライン: サーティーフォー ピンキー 0.3号


■NABRA Chase Fishing TOP へ


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)