メバリング

【メバリング】Day-8 強風下でゴールドワン検証

こんにちは!


金曜日の夜は【APIA×Megabass GOLD ONE 37】の使用感を試すべく出撃する事に。


しかし、またもやお約束の風…


釣りに出ない日に限って風が弱く、釣りに出ようと決めている日には風が強い…


まぁ、風が強い日でも5gあるゴールドワンなら試せるだろうと前向きに考えて出てみたのですが、なかなか厳しかったですね。


では、釣行記&インプレ、いってみたいと思います〜

アジングで楽しむはずが?

ポイントに入ると、やはり激風。

タイドのタイミング的にもほぼド干潮。

そこで、まずはアジでも狙ってみようかと、アジングセッティングで開始してみます。

この日はハードプラグを試すことが目的なので、ロッドは【リップルフィッシャー リアルクレセント 65JH/TZ】。
ただし、ラインは巻き直してきたところのエステルラインの0.3号に5lbの【東レ バウオ エクスレッド】をリーダーにセットします。

ジグヘッドは風対策で【サーティフォー 34 ストリームヘッド】の1.0gを使用し、【マーズ MARS ストレンジャー30 GIGA 】の”瀬戸内チャート”を使用します。

とりあえず風向きを考えつつ、ボトムを丁寧に探っていくと、たま~にツツッ!とバイトが!

しかし、吸い込みが渋い~~

アジのサイズも落ちているようで、全くフッキングできません。

そんな中、前触れなく

コツッ!!

結構しっかりしたバイト。

フッキングするとロッドに生命感が伝わりました。

最初の一瞬だけ引きましたが、その後は・・・

でも、かなり重さはあります。

先日にこんな展開でメバルが釣れたので、一瞬期待もありましたが、上げてきてからの締め込みもなく、ほぼガシラ決定~

こないだのラインシステムよりも少し強めなので、抜きあげても良かったのですが、ラインが切れると魚にもかわいそうなので、丁寧にネッティング!


上がってきたのは23cmほどのガシラくん。

釣り上げてからの方が暴れて手こずらせてくれました (^^;;

アジのアタリはあれど乗りません。


場所を変えて、バイトがある場所では集中して攻めていくのですが、なかなかフッキングに至りません。


居るのに釣れない。


なかなか屈辱的な釣りで、止めるに止められなくなってしまいました。


ワームがズレて、あと一歩まで行くのですが、フックに到達しない。


しかし、とうとう小さなバイトを捉えてフッキングに成功!


貴重な1匹。バラさないように慎重に上げてきて、水面で躊躇しないように一気に抜き上げると〜〜


あれ〜〜〜〜


色が違う〜〜


此の期に及んで、なんと極小のタケノコメバル…


アジングはここまで、という事で、メバリングにシフトする事にしました。

ゴールドワンを試してみる


風は相変わらず強く、軽いジグヘッドはとても使えなさそうなので、予定通りゴールドワンにてメバリング、ロックフィッシュゲームを開始します。


風の当たりが弱いところは浅いレンジを、風が当たってジャブジャブのところは少し深めで探っていきます。

期待の浅いレンジは反応無し。

少しレンジを入れていくと~

ココココ、ココココ・・・

はい、キビレが反応してきます。

軽くダートさせてからのただ引きで、かなりの確率でバイトが出ます。

しかし、乗らないこと、乗らないこと。

一度だけカウンター的にフッキングできたかに思えたのですが、すぐにフックオフ。

結局、時間切れで終了することになりました。

APIA×Megabass GOLD ONE 37】ですが、ただ引きでの反応はこの日はわかりませんでした。
何せ、風が強すぎました。

ただ、ダートさせた後に、ロッドで数十センチほどサビいた感じは、かすかな振動がロッドにちゃんと伝わってきていたので、次回はもっと狙い目が広いポイントで試してみたいと思います。

そして、今回確認したダートですが、軽くシャクればそれほど大きな手応えは返ってこないのですが、しっかり大きくシャクるとしっかりしたダート感が返ってきます。

活性の低い魚には、移動距離を小さくして誘うなど、同じダートでも、緩急を付けることで誘い方を変えることができそうです。

しかし、気になったのはフッキング。
フックが1つしか付いていないので、ダートさせている時のアタックバイトが弾かれる感じはありました。

アタックしてきて丸呑みバイトの時はいいのかも知れませんし、メバルやガシラなどのように吸い込んでバイトする魚だと問題ないのかも?

今度、ガシラの聖地?にプチ遠征に行きますので、その時に試してみたい感じです。

最後に、少し遠投も試してみましたが、飛びますね。

しかも、遠投してダートさせながら引いてきてもフックがラインを拾うことはありませんでした。
ダートの大敵であるエビりですが、ちゃんと調整はされているようです。

激風下のライトゲーム&GOLD ONE インプレ

という事で、やはり厳しい結果となってしまった釣行でしたが、何と言ってもアジが拾えなかったことが最大の反省ポイントでした。

長いワームに拘って釣ったことが原因だとは思いたくありません。
実際豆アジでも釣れていますので、やはり食わせ方が下手ですね。

最近の釣行を通して、どんどんアジが抜けていっている感は否めませんが、まだ周囲にアジが残っているポイントもありそうなので、12月いっぱいまでアジングは捨てずに狙っていきたいと思います。

そして、メバル。

師匠はそれなりにバイトを得つつ、釣っている!!

狙い目、狙い方etc・・・

こちらはこちらで、更なる引き出しの搜索に乗り出さないといけません。

年内、何かと忙しくなり、釣行回数も限られてくるところですが、毎回テーマをしっかり設定して検証していきたいと思います。

<参考>タックルデータ

ロッド:リップルフィシャー リアルクレセント 65JH/TZ
リール:シマノ 16ヴァンキッシュ 1000PGS
ライン:エステルライン 0.3号+東レ バウオ エクスレッド 5lb

ヒットルアー
マーズ MARS ストレンジャー30 GIGA  “ホログラム”

APIA×Megabass GOLD ONE 37

■NABRA Chase Fishing TOP へ


POSTED COMMENT

  1. GONTA より:

    金丸さんね (^^;;
    ロッドのパワーは問題ないと思うのですが相手がチヌ・キビレなら別問題ですね。
    チヌ・キビレを狙って捕るつもりなら、ベイトタックルでアタックするのもありかも知れませんね~
    私的には、あのプラグでメバルと言わずとも、ガシラなどのロックフィッシュが釣ってみたいです~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)