アジング

【アジング】2017年 Day-2 アジングのはずがメバリングに?

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

1月5日の寒の入りも過ぎて、完全に冷え込んできましたね。

天気が良くても気温が上がるという気配が感じられません。

いよいよ、冬も本番という感じです。

当然、湾奥の水深の無いエリアでは日々水温が下がっていっていると思われるのですが、年始の釣りでアジが釣れた感触が忘れられず、昨夜は“アジング”として出撃してきました。

目標は、前回同様に“アジ5匹”

アジング Day-1の感触からすると、真剣にじっくり狙えばもう少し数は釣れると踏んでいたのですが、結果は非常に厳しく大苦戦しました。

そのため、思いつく手を駆使してアジを探しました。

しかも、非常に残念なバラシもありでした。

では、新年3回目、アジング Day-2 いってみたいと思います。

大苦戦のスタート

昨夜は事前の天気予報から風は弱い見込みでした。

この良い方向の予報は裏切られるパターンが多いのですが、幸いにもこの日は予報通り。

何と、新年の釣りは3回とも全てほぼ凪の釣りです。
※普段の行いの賜物か?

そそくさと準備をしてポイントに入ります。

この日はアジングなので【サーティフォー アドバンスメント DFR-511】に【シマノ 16ヴァンキッシュ 1000PGS】、ラインはエステルラインの0.3号にリーダーは【東レ バウオ エクスレッド】の3lbをセットして臨みます。

リグは、先日に結果が出た【サーティフォー 34 タープル1.6in】の”はながすみ”を【サーティーフォー 34 ストリームヘッド】の0.5gでスタートです。

先日アジが居たポイントを信じて入ったのですが、全くのバイト無し。。。

何カ所かアジが居た場所を周りますがどこも反応無し。。。

やはり、恐れていたタイドのタイミングの悪さが結果として出てしまったのか?
ド干潮からの釣り開始だったので、どうなのかな?と懸念はしていたのですが、潮位が低過ぎて魚の位置が変わってしまっている感じです。

周囲のどこかには居ると思うのですが、完全に見失っています。

そこで、前回狙っていない場所へ大きく移動してアジを探してみます。

ここでもバイトはなかなか出ないので、この日は完全ボーズを覚悟し始めます。

やはり、ザクはザクなのか?・・・

と、ボトムの何かに軽くスタックしたリグを外した瞬間

コツッ??

一瞬バイトとわからなかったのですが、そのままグイグイとロッドが引き込まれます。

ロッドも結構曲がっていますが、とにかくドラグが出されます。

ここ最近のアジングでは考えらえない引き。

引きの重さからキビレかと思ったのですが、どうも首振り感が皆無。

定期的に目が覚めたように走り出し、回収したラインが何度も引き出されてしまいます。

早く上げて正体を見たいのですが、エステルの0.3号なので無理すると切れてしまいます。
焦りは禁物と、ひたすら巻いては出されてを繰り返します。

右に左に逃げるので、あしらうのが結構大変。

はじめは大きいタケノコメバルかと思っていたのですが、タケノコメバルでもここまで延々と走ることはあまり経験したことがないし、ましてやガシラではないはず?

結構長くやり取りをしたところで、ようやく魚体が見えてきました。

ちょうどこの電池を新品に交換したところの【ハピソン×サーティフォー インティレイ】で水面を照らすと、ギラギラと光っている?

サバか?それにしてもこの引きは??

更に浮かせてからも何度も走られつつ、ようやく魚が弱ってきて観念して浮いてきました。

改めてライトで魚を照らして確認すると~

ギョギョ!!

アジではないですか!

しかも、ここでは釣ったことのない、明らかに25cmを超えているグッドサイズです。

最悪なことに、この日はアジングメインだったのでランディングネットを持ってきていません。

持ち上げると切れそう~~

とビビリながら抜き上げようとしたのですが、そこで口切れ!!!!

Noooooooooo!!

苦労しつつ丁寧に浮かせてきた魚だったし、念願の良型アジだっただけにダメージ大。

その後、柳の下の二匹目のアジ?を狙ったのですが、バイトもなくて移動することに。

釣るまで帰らん!の姿勢

さて、このタイミングで干潮からの上げも効いてきた感じだったので、気分を変える為に場所を移動することに。

最初に入った場所がどうしても気になって、再度チェックしてみることに。

気分を変える為に、ワームを【マーズ MARS ストレンジャー30 GIGA】の”ホログラム”にチェンジして探ってます。

正確にはわかりませんが、30分以上はやったでしょうか?

その時に、何気なくボトムをスイミングさせていたリグに

ツツッ!!

待望のアジバイトです!

やはりアジはいる!

魚がいるのであれば、釣るか釣れないかは、ザク次第?いやいや釣り人次第です。

バイトが小さかったので、すぐにワームを【サーティフォー 34 タープル1.6in】の”はながすみ”にチェンジして同じコースをトレースしてみると~

クンッ!

すかさずフッキング

からの~

ジジィィィィ

気持ちいい~~

これがあるからアジングは止められません。

やっと食わせた1匹。

やはり、少しですがボトムから浮かせた方が良い感じでした。

引きは先ほどの魚とは比にならない弱々しさですが、バラさないように慎重に寄せてきて、無事にキャッチ!

粘って良かった!

非常に嬉しい1匹目のアジでした。

写真の魚の口元。

ジグヘッドの極小のラインアイだけが映っていますが、バッチリ丸呑みでした。

このパターンはある程度続く感じ!!

と同じイメージで狙い続けますが、そう簡単には後が続きません。

時期的につ次々とアジが供給される感じでもないので、釣る事で自分で自分の首を締めている感じがします(汗)

少ないバイトに集中して釣っていると~~

モンッ!!

ん?このバイトは?

フックアップには成功したのですが、この引きは・・・

やはり、上がってきたのはナイスミドル?なサイズのタケノコメバルでした。

柄が綺麗ですね、タケノコメバルは!

バイトは小さかったですが、丸呑みで喉の上のど真ん中に綺麗にフッキング。

これも、ストリームヘッドがアウトバーブが故のフッキングですね。

更に移動してデカタケチャン

アジのバイトが続かないので、再度場所を移動することに。

移動した先は完全に水が淀む場所で、最盛期だと絶対に狙わない場所なのですが、ブラックバスでも低水温期は水の動きの少ない場所を好んで集まるので、湾奥に残っている(残ってしまった?)アジにも同じことが起こっているかも?という考えです。

しかし、そう簡単に予測は当たらず、ノーバイト・・・

と思っていると~

カツッ!!

足元近くにきて、かなりハッキリとしたバイト。

アジのバイトではありませんが、引きは抜群。

かなり引いて楽しませてくれますが、障害物が多いのと、長く遊んで先ほどバラしたので、この魚はラインの強さを信じて一気に浮かせてブッコ抜き~~

ドンッ!

引いただけのことはあります。

なかなかのナイスサイズのタケノコメバル。

やはり20cmクラスになってくると、アジングタックルでのやり取りならめちゃくちゃ面白い!

狙った獲物以外の良型の魚が釣れるのもライトゲームの醍醐味ですね (^^

この日はメジャーを忘れて、車に積んでいたモノサシを持ち込んだのですが、透明のモノサシはサイズが極めてわかりにくいですね(^^;;

仕上げはアジに加えて、メバルも登場

その後はアジの反応は皆無だったので、アジが釣れたポイントに戻ることに。

タイド的にもようやく上がってきた感じで、雰囲気は悪くありません。

少し早く沈めて手返しを上げてみようと、ジグヘッドは【サーティフォー 34 ストリームヘッド】の0.8gにウェイトアップしてみます。

重くはしましたが、極力リグは浮かせておくイメージで狙っていくと~

ツツッ!!ジジッ!

準備が出来ていたのでフッキングはバッチリ!

バラさないようにだけ気をつけて~~

上がってきたのは、最初のアジよりも気持ち良いサイズのアジ。

それでも、16cmくらしかありませんでしたが (^^

アジングは、豆サイズを狙ったり、大きいサイズを狙ったり、遊び方のバリエーションが広いのも面白いですね。

更に更に、同じラインで狙ってバイトをキャッチ!

少し浮かせる作戦が大成功。

サイズは同じくらいでしたが、どの魚もバイトが深い。

食わせた感満載の3匹目。

この日の目標まで後2匹。

しかし、ここからが苦戦。

先にも書いた通り、アジが居ればバイトが出ますが、バイトが出ない。

居るアジを釣りきってしまったのか・・・?

疑心暗鬼になりますが、これで諦めては目標達成は果たせません。

結果的に無理だったとしても、出来る範囲まではやりきらないと次に繋がりません。

ということで、アジが散らばっている可能性を信じて、釣れたライン以外も攻めつつ、定期的に釣れたラインにもリグを通して様子をみます。

しかし、本当にバイトが無くなってしまいました。

諦めきれないので場所移動を考えていたところで、ボトムをトレースしてたリグがグンッ!と持っていかれました!!

フッキングも決まり、なかなかの引きなので良型のアジかと期待したのですが、どうもアジではなさそう。

タケノコメバルかぁ~と思って上げてみると~

なんと、メバル!!

しかも、まぁまぁサイズのメバルでした。

比較的浮いているはずのメバルがボトムで釣れる?

これは、シモリか何かがあるとしか考えられません。

そこで、再度同じラインを通してみると~

コツンッ!!ジジ!

何と、敢えて狙ったとは言え、驚きの連続バイト。

しかも、この引きはメバルっぽい~~

結構最後まで走る。

タケノコメバルではなさそう (^^

そして、やはり上がってきたのはメバル。

しかも、ナイスプロポーション!

意外なゲストではありましたが、嬉しい外道2連発でした。

結構満足度は上がったのですが、あくまでこの日の目標は“アジ5匹”

最後まで諦めずにアジを探しましたが、最後は根掛りでリーダーから切れてしまったので、ここでストップフィッシングとしました~

アジング 2017年 Day-2&メバリング? まとめ

ということで、アジング不成立ではなく、アジングもメバリングも成立した釣行でした。

ただ、目標については未達。
まぁ、毎回簡単にクリアできる目標は目標になりませんので、これはこれで良いかと。

また、最初の一時間で諦めてたら得られなかった結果です。

まさに、釣るまで帰らん!

の気合は釣りを成立させてくれますね。

そして、得られた結果は次につながります。

しかし、今回の結果からすると、いよいよアジングは厳しい感じ。

ゴロッと場所を変えるか?

メバリングに完全シフトするか?

これからの釣りとして、悩みが増えた釣行となりました。

<参考>タックルデータ

ロッド:サーティフォー 34 アドバンスメント DFR-511
リール:シマノ 16ヴァンキッシュ 1000PGS
サーティフォー 34 ゼログラ VerⅡ ダブルハンドル
ライン:エステルライン0.2号+東レ バウオ エクスレッド3lb

■サーティフォー ピンキー
号数表示をみるとちょっと抵抗があるかも知れませんが、実際には結構安心の強度です。
慣れてくれば結構扱い易いラインです。

■東レ バウオ エクスレッド
バス用のラインですが、根ズレ強度を考えてこのラインをチョイスしています。

■NABRA Chase Fishing TOP へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)