メバリング

【メバリング】ワームで見つけた魚をプラグでまとめ釣り

こんにちは!

まだ、リアルクレセントの筆下ろしの記事も書きかけなのに、昨夜は更に面白い釣りができてしまったので、どっちを先にアップしようか悩みました。

が、より記憶の新しい記事をあげた方が、フレッシュな記事になりますので、昨夜の釣行記を先にアップする事にしました。

リアルクレセントのインプレは、また追って書き直してアップしたいと思います。

昨夜は、予想もしていなかったブラッギングナイトになりました~ 

風の予報に屈せず出撃して正解

天気予報では、結構季節風が強い予報だったので、釣行そのものを悩んでいたくらいなのですが、タイドのタイミング的にも気になっていたので、ダメ元で現地に行ってみる事にしました。

会社を出た時から、風が弱いなぁ、と感じていたのですが、おそらく海辺は風も強いだろうと、あまり期待せずに出撃しました。

すると、予想に反して風が弱い?
こんな事なら、もっと早く出撃していればよかったと後悔しつつ、ポイントに入ります。

この日のタックルは、【リップルフィッシャー リアルクレセント RC-65JH/TZ】にラインは【東レ メバリングフロロ 2lb】のセッティングです。風もそれなりにあるので、敢えてPEラインは避けてみました。

ワームはサーティーフォーのプロトワームを使用し、ジグヘッドは【サーティフォー 34 ドライバーヘッド】0.5gで、定石のポイントを探っていきます。

しかし、月も綺麗に出てしまっていて、ちょっと明るすぎる感じ。

月の影になるポイントを丁寧に丁寧に探っていきますが、メバルからのコンタクトはありません。

やはり、月の影響が出すぎていて、メバルは寄って無いのかな〜と思っていると、流しているリグに

ココンッ!

と魚信をキャッチ!

フッキングに成功はしたものの、軽い手応えで、すぐにポヨンと上がってきたのは、狙っている魚よりも更に黒い魚体。

時々相手をしてくれる、ムラソイでした。

これでポーズは逃れたものの、本命のメバルとの距離感が縮まった感じがせず、そのままガシリングに移行して楽しむか悩んでしまいました。

信じて狙えば、答えは返ってくる?

まだ、釣りを開始してそれほど時間も経っていないので、もう少しメバルを探してみようと、メバルのレンジを探って歩いていると、しばらく移動した先で、ポチョンとライズのような反応が出ている事に気付きました。

おや?メバルのライズか?
と思い、ライズが出ていた場所にリグをキャストし、表層を意識してリーリングしてみると、すぐに

ココン、グンッ!

と魚がヒットしました。

引きはそれほどでもないのですが、明らかにメバルです。

ある程の引きを楽しみつつ、抜き上げると、綺麗なプルーちゃんが上がってきました。

サーティーフォーのプロトワームも丸呑みで、表層でアミを捕食しているのか、食い気満々なやる気を感じさせてくれる1匹でした。

魚をすぐにリリースして、同じラインにリグを投入すると、またも一撃でヒット!

しかし、今度は引きがおかしい?

上がってきたのは、今度はチーバスでした。
しかし、そこからの攻め方に確信を持たせてくれる貴重な1匹でした。

答えは見えた!狙うは表層!

これで、メバルもチーバスも浮いたアミに付いていると確信。

すぐにプラグにチェンジして表層を狙います。

プラグは、【ラッキークラフト×ファイブコア FCTストリームドライブ45CB】クリアコットンキャンディのフローティングモデルです。クリアラメでも良かったのですが、月が綺麗に出ていたこともあり、透過性×カラーのアピールで攻めてみたいとの思いで、クリアコットンキャンディの選択となりました。

風に煽られるラインを先行させて流していくと、ガツンとバイト!

リアルクレセントを絞り込んで、いい引きをしてくれます。

20cmちょうどサイズの元気なブルーちゃんでした。

まだ、定期的に眼の前でライズが出ているので、すぐにプラグを投入すると〜

ガツン!

ジィィィィ~
と更にパワーアップした引きでロッドが絞り込まれます。

今度は結構良いサイズな手応えだったので、慎重に寄せてきて、最後はネットで掬おうか迷いましたが、躊躇が命取りになると判断してえいや~~と抜き上げ。

まあ、2lbのフロロカーボンラインの強度を考えると、それほど躊躇する話しでもないのですが、それなりに引きが強かっただけに迷ってしまいました。

ままよ!と重さを感じつつ抜き上げると、確かに、これまでより一回り大きなメバルちゃん。

22cmと、それほど大きい訳ではないのですが、師匠が言っていた通り、メバルは20cmを超えてくると、1cm刻みで引きが倍増していきますね。

これも、メバリングの醍醐味のひとつだと思います。

プラッギングゲーム 完全成立

条件的にプラグでの表層狙いが成立したことを確信したので、そこからは、定期的に発生するライズを探しては狙い撃ちするスタイルで数を稼いでいきます。

プラグはやはり距離が出るので、広く早く探れるのがメリットですね。

手返しが良いので、数が出るシーンでは大活躍してくれます。

とりあえず、【ラッキークラフト×ファイブコア FCTストリームドライブ45CB】クリアコットンキャンディで反応が出続けるので、ひたすら撃ち続け、コンスタントにヒットに持ち込める状況が続きます。

少し反応が鈍ると、ステイさせたり、ステイ後にちょっと誘いを入れてあげることで、またバイトを引き出すことができます。

ターゲットが沢山いる時は、いろいろ試せるので、非常に勉強になるし、今後につながる確認がいろいろできてとても面白い釣りができますね。

ラッキークラフト×ファイブコア FCTストリームドライブ45CB】クリアコットンキャンディで、いよいよ反応が薄くなってきたのですが、まだ時々ライズが出ているので、カラーを変えるのではなく、プラグn種類を変えてみます。

またメバルを掛けたことのない【タックルハウス シュアーズ オルガリップレス43】にチェンジしてみます。このルアーもスローフローティングなので、スローに表層を狙うのには効果があるはず。

すると、リセットに成功したのか?また反応が少しフレッシュになりヒットが続きます。

同じルアーでは、やはり魚がスレるんですね。完全にハマっていたルアーでも、投げ続けるとダメになるということも良く実感できました。

アミパターンは風向きも要注意?

しかし、ここまで調子が良かったところから急激に反応がなくなります。

確かに潮位は落ちてきていましたが、それだけの理由ではないようないきなりの反応消滅?

ふと気が付くと、先ほどまで波立っていた目の前が鏡のように。
そうです、いきなり風向きが変わったのです。

それまで、釣りに影響が無い範囲で吹いていた風だったので、あまり意識していなかったのですが、風向きが変わったことで、ベイトの溜まりが変わったのか??

正確な理由はわかりませんが、感覚的には風向きの影響だった気がします。

今後、このような自然環境の変化も経験として確立し、自分の中での引き出しに出来ていければいいなと思っています。

プラグでメバリング まとめ

と言うことで、表層を意識して攻めることで、久々にプラッギングで面白い釣りができた夜でした。

毎回思いますが、釣りに出かければ多かれ少なかれ、釣れても釣れなくても、何らかの勉強になる情報は得られているような気がします。

今回も、これまでずっとワーミングメインだったので、プラグを持ち込んでいなければ成立しなかった話しですが、過去の経験から、プラグの方がワームよりも反応させることができる経験があったので、必ず主要なメバリング用のプラグはバッグに入れてあります。

プラグで釣れる魚は、ワームで釣れる魚とちょっと違った意味合いがあるので、サイズを問わず釣れただけでも嬉しいのですが、釣れて嬉しいだけでなく、なぜプラグがハマったのか?をちゃんと自分の中で消化することが一番大事だと思っています。

ワームよりもプラグで釣りをすると、スレるのが早いと言われますが、私としては、逆にサイズが良い魚はプラグのアピールで最初に食わせることができる、とも考えています。

沢山釣れるのは、それはそれで楽しいのですが、選んで良いサイズを釣る、というスタンスで考えた時に、今後もプラグは自分の強い味方になってくれると思っています。

この日は良く釣れたので、帰宅後、ちょっとだけ祝杯を上げました~ (^^

<参考>タックルデータ

ロッド:リップルフィッシャー リアルクレセント RC-65JH/TZ
リール:シマノ ソアレCI4+ C2000PGSS
ライン:東レ メバリングフロロ 2lb
ルアー:サーティフォー ドライバーヘッド+プロトワーム
     ラッキークラフト×ファイブコア ストリームドライブ45CB

ラッキークラフト×ファイブコア FCTストリームドライブ45CB
表層をスローに狙う釣りに活躍してくれますね

タックルハウス ショアーズ オルガリップレス43
新しいプラグですが、予想通り結果を出してくれました。

東レ メバリングフロロ
細くて強いフロロラインの定番になること間違い無しです

サーティフォー 34 ドライバーヘッド
メバルの反転食いのフッキングは間違いありませんね。

■NABRA Chase Fishing TOP へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)