アジング

【新製品情報】アジング用新ジグヘッド 樹脂ヘッド

こんにちは!

今回はサーティフォーさんから今後リリースされる予定のアイテムについて紹介してみたいと思います。

その名も【サーティフォー 34 樹脂ヘッド】

少し前からサークル34のサイトにて制作中の情報が出ていたのですが、いよいよ製品化に向けてラストスパートに入ってきているようです。

どのような製品かと言うと、ジグヘッドの鉛のヘッド部を樹脂でくるんでいるという製品です。
20170822_1
<引用:サーティフォー

特徴としては、比重の軽い樹脂で体積を増してあるので、体積の大きさの割にウェイトは軽い状態になっており、同じ重さであっても鉛だけのジグヘッドよりもスローに沈むという性能を持ちます。

アジングなどではフォール時間を稼いで、見せる時間が長く取れることでバイトチャンスを増幅させるという特徴を持つジグヘッドになります。

樹脂性のジグヘッドとしては、過去にバス釣りで村上さんがハンハンジグのプラスチックヘッドの製品を出されていたのを見たことがありますが、それはヘッド部が樹脂のみの製品でワームを付けなければ水の浮くような製品でした。

それと比べると、今回の【樹脂ヘッド】はコアに鉛を入れているので、類似の製品は他にあまり無いのではないかと思います。

開発当初のモックとして上がっていた画像では、ダイヤモンドヘッドやストリームヘッドがベースになっていたのですが、会員サイトで紹介されている画像は既存のサーティフォーさんのジグヘッドとは違う形になっているようです。
20170822_2
<引用:サーティフォー

ヘッド形状はストリームヘッドに近い感じ。

更に気になるのはフック計上で、ストリームヘッドのフック形状とはかなり違っていて、ダイヤモンドヘッドの軸が短くなったタイプに近いように見えます。

フックポイントが外側を向いた形状である点は共通ですが、ストリームヘッドとは明らかに違うフック形状です。

また、画像から見た印象では、フックワイヤーがかなり太軸になっているように感じます。

ストリームヘッドやザ豆は非常に細い軸のワイヤーで作られているのですが、それと比べると非常に太いワイヤーを使っているようです。

最終製品版がどうなるかはわかりませんが、どんな狙いがあって太軸仕様にしているのかも気になるところです。

メバリングなども意識しているのかな?

また、その他の特徴としてジグヘッドのスイミング特性が挙げられます。

フリーフォールをさせると、通常のジグヘッドよりもスローにフォールするだけなのですが、テンションフォールをすると、何と水平方向にスライドするように動くそうで、水面下30cmレンジをスローに水平に誘うことも可能とのことです。

最後に上げる特徴としては、体積が大きくなることによりジグヘッドが受ける水の抵抗が大きくなり、ジグヘッドの操作感が上がるというメリットがあります。

軽いジグヘッドでの釣りは、とかくノー感じになりがち。

しかし、【樹脂ヘッド】であれば、自重として軽いジグヘッドを使用しても、通常の同ウェイトのジグヘッドよりも確実に存在を感じとり易くなり、結果として潮の動きなども感知しつつアジを探せるようになると言うことです。

アジングは何だかんだ言っても縦の誘いの釣りなので、縦の動きで見せる時間を長く取れると言うのは非常に意義のあることだと思います。

ジグ単の釣りの場合、少しでも遠くに投げようと思えばジグヘッドのウェイトを上げるしかなく、ウェイトを上げるとどうしてもリグの沈下速度が速くなり、丁寧に誘うことが難しくなります。

この【樹脂ヘッド】がリリースされれば、従来はやり辛かったり、フロートやSキャリーなどのオプションパーツを利用して対応しないとできなかった釣りが、ジグ単にて実現できるようになります。

発売時期は未定ですが、今年中にはリリースされるのではないかと期待しています。

サーティフォー 34 ストリームヘッド
樹脂ヘッドも楽しみですが、ストリームヘッドもまだまだ現役。
水の動きをキャッチしたいなら、是非使ってみて欲しいジグヘッドです。
ウェイトも、今年から?1.8gまでラインナップが増えています。

プロックス(PROX) モバイルトラウト 8 PLUS 1
タケ師匠が使っていたのですが、ソルトのライトゲームでもかなり重宝しそうなロッドでした。
お値段も手頃で、ひとつ持っておきたいロッドです。

■NABRA Chase Fishing TOP へ


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)