アジング

【大阪泉南アジング】Day-1 平成最後の爆風アジング

こんにちは!

いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。

NABRA Chase Fishing GONTA です。

少々ご無沙汰しております。

最近何かと忙しくてブログの更新をする時間がありませんでした。

年度末も忙しいですが、新年度が始まると、色々と新年度の準備が必要になるので忙しいですね。

そんな4月でしたが、平成も最後ということで、平成最後の釣行と言うことでナイトゲームに出撃することにしました。

メバリングも気になったのですが、ちょうど仕事でいつも釣りをしている場所よりも少し南の方へ行く用事があったので、アジの調査をしてみることにしました。

地元ではアジはまだもう少しと言う感じですが、少し南に行けばアジの情報もチラホラ発見したので、アジがいるか居ないか?の確認をしてみることにしました。

ダメ元の釣行でしたが、面白い結果を得ることができました。

では、平成最後の釣行記、いってみたいと思います。

予報通りの爆風スタート

さて、釣り場に着いたのは19時前くらい。

暗くなって直後くらいのタイミングです。

タイドグラフとしては小潮で、15時くらいが干潮なので、ゆっくりと潮が上げてきているくらいの状態なはず。

まずは、車を停めた周辺をチェックしてみますが、如何せん向かい風&爆風・・・

ジグヘッドは少し重めの1gをセットしましたが、それでもまともに飛ばないくらい・・・

反応も無いので、もう少し潮通しの良い場所まで移動することに。

ここも風はモロに向かい風ですが、水面をチェックしていると風で発生した波以外に、何やら時々ピチャリとライズのような反応が出ているように感じました。

風の当たり面なので、アミなどのプランクトンが押し寄せられて、それに魚が寄っているかも?と思い、表層をチェックしてみることに。

風でラインも流されるし、レンジコントロールのイメージがつけにくい中でしたが、数回キャストしているとロッドに生命感を感じました。

イナッコも跳ねていたので、これへのスレなのか?と思いつつ探っていくと~

ツツツツツ・・・ビビビ~~

何と、何かがヒットしました。

魚が何かはわかりませんが、かなり小さい感じ。

でも、確かな生命感です。

バレるなよ~~と思いつつ上がってきたのは、極小メバルでした。
IMG_9201

メバルは各地で釣れている感じだったので、やはりコヤツか~と思いつつ、何も釣れないよりは良いだろうと思って釣りを継続することに。

すると、キャスト毎にロッドに生命反応が感じ取れますが、なかなかフックアップしません。

しかし、数回に1回のペースで~

コンッ!
IMG_9203

少ししっかりしたバイトで~

グンッ!!

少しサイズアップです (^^;;
IMG_9204

と、数匹釣ったところで、これ以上チビメバルを釣っても仕方ないので、少し狙い目を風裏に変更。

夜半には雨が降り出す予報だったので、チェックするなら早めに全部チェックしておかないといけません。

風裏ポイントでは、アジを意識して少し深めをチェック。

すると、ホンダワラが引っかかってきます。

風裏のポイントは流れも少なく海藻がかなり生えている感じです。

そこで、海藻にスタックしない程度の海藻の面を引くイメージで釣っていくと~

コンッ!!

すぐにヒットしましたが、これも小さい~~
IMG_9206

上がってきたのは、やはりチビメバル。

ポイント全体的にチビメバルに占拠されている感じを受けつつ、最後に風の当たる面をもう一度だけチェックして帰ることにして移動しました。

予想外のサイズのアジを発見!!

改めて一番最初にメバルを釣ったポイントに移動して釣りを再開します。

風は相変わらずの強い向かい風~~

改めて表層を狙ってみると

ツツッ!!

と開始早々にバイトをキャッチしました。

メバルが表層にたくさんいるな、と思いつつ、何匹か釣ったら帰ろうと思っていると

ビビビビ~

ヒットです。

メバルだと思っているので、少々強引に引き寄せて抜き上げ!!

と!!

アジではありませんか!!

しかも、豆のレベルではなく、20cm弱クラスのまぁまぁのアジ。

この時期に、このサイズ??

もっと大きければ逆に納得なのですが、湾奥で秋頃に釣れるサイズが今釣れる??

フィッシュグリップも持ってきていないので、写真もまともに撮れません。

とりあえず、アジがいることがわかったのと、先ほどの頻発するバイトがアジなのかを確認する為にすぐにキャストを再開。

ジグヘッドが1gなのでスローには誘えないのですが、風が強いのである程度の飛距離を確保する為には1g以下のジグヘッドは使えません。

結構早く巻いての釣りとなりましたが、バイトに集中して釣っていると~

ビビンッ!!

ビビンッ!!

と立て続けにアジが釣れてくれました。

この日は持ち帰らないので、沢山釣ってもしかたないと思い、ここでストップアジングとしました。
IMG_9207

最後に、車の近くで軽く釣りをしてみると、すぐに反応が。

表層付近なので、アジか?と期待したのですが・・・

やはり、この子でした。

メバルはかなり広範囲にどこでも居る感じ。

これはこれで、来年のシーズンが楽しみだなと感じた釣果でした。

平成最後のアジング まとめ

と言うことで、あまり期待していなかった気楽な釣行でしたが、しっかり結果を見ることができました。

過去数年、この時期にアジがまともに釣れたことがなかっただけに、去年からの水温変化の影響なのかも知れませんね。

冬場に水温があまり下がらなかった??

確かに、メバリングでのアミパターンはほぼ無かったように感じます。

アミは湾奥では、厳冬期にいよいよベイトが少なくなってきた時の最後のベイト的なイメージなのですが、このアミパターンに出くわすことが少なかったということは、アミ以外にベイトが冬中供給されていたのかもしれません。

そんなこんなを改めて考えさせてくれる釣行でした。

しかし、理由はどうあれ、この時期に比較的近くでまともなサイズのアジが釣れたというのは良い実績です。

梅雨明けに向けて当歳魚の豆アジのタイミングも必ず来るとは思いますが、それを待たずにアジングが楽しめるかもしれません。

令和の幕開けは、メバリングとアジングで迷いそうです。

あ、もちろんバス釣りも選択肢の範囲ですが。

■東レインターナショナル ソルトライン スーパーライト ポリエステル
エステルラインの感度はやはり抜群でした。
しなやかで扱いやすいのも、ラインの進化ですね。

■サーティフォー 34 Providence FER-58
久々に使いましたが、やはり軽量リグのキャスタビリティと感度は抜群でした!

■NABRA Chase Fishing TOP へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)