タックルインプレ

【シーバスデイゲーム】 銀粉の効果や、如何に?

こんにちは!

最近、すっかり鉄板離れしている私ですが、先般にモアザン・ソルトバイブの3Dダートで釣った時の記事に、釣り友さんが「銀粉は更に強いよ」と悪魔のささやきをいただきました(笑)
断然強いと断言されるのです (^^;

それならば、試してみない手はありません。
さっそく、ソルトバイブの銀粉カラーを見つけて調達してみました。


実際には、銀粉なら無条件に強いと言う訳ではないかと思うのですが、ある程度水質が良くて、ルアーのフラッシングがしっかり魚に届く状態であれば、この銀粉の鈍い輝きはスレたシーバスにはいい感じにアピールしてくれそうです。

今後は赤潮対策のカラーも重要ですが (^^;

モアザン・ソルトバイブも、できれば、もう少し銀粉シリーズのカラーバリエーションが欲しいところではありますが、このカラーも、ブルーのようなグリーンのような?いい感じに適用範囲の広そうなカラーですので、何はともあれ一度試してみようかと思います。


使用にあたっては、恒例のPEリングチューン。
最近では、慣れてきて、1個(2フック)の装着に、約1分。
そろそろ釣り場でも交換できるレベルになってきました~

PEリングのメリットは、バレにくさだけではないと気付いてきました。それは、また次の機会に、実証結果としてアップしてみたいと思います。


PEリングのサイズも、ほぼ思うサイズにコントロールできるようになってきました。
この夏のシーズンは、PEリングの耐久テストも兼ねてフィールドに出たいと思っています~ (^^

短期的な強度調査については、ほぼ完了。
実戦投入レベルでは、PEの5号で充分ですが、ある程度のラインの張りによる使い勝手などを踏まえると、6号も悪くないという感じです。

バチ抜けのシーバスには、3号でも充分かと感じています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です